レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年04月07日

モータースポーツ&電動レーシングカート スケジュール意識への執着心 自分との約束


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


締め切りに対する意識が弱い。

自分の自由になることが、結果的に、締め切りに対する自由度まで高めている。

月1件の新アイデア提案という目標を掲げている中で、現在までに3件/7ヶ月の状況。

主だった作業時間は平日帰宅後と、週末。

意外とたっぷりあるはずなのだが、実質どれだけ集中できているかというと2割にも満たないのではないだろうか?

具体的に作業内容が明確になれば、図面を書いたり、実験したり、プレゼン資料にまとめたりすることはそれほど時間が掛かるものではない。

ぼんやりと考えている…というよりも、考えなきゃなぁ…と思っている時間の方が多い。

月末までに少なくとも一社へ提案するなら、多く見積もっても試作完成まで20日以内。

残りで企業探しと売り込み(資料作製時間含む)を行わなければならない。

その意識が希薄だ。

ちょっと休むか…、今日は疲れてるし…、そういう言い訳を自分に言い出しているところが最近目立つ。

自分しか居ないという事実、自分が実行しなければ一歩すら進まない事実、本当に起業したいという気持ちが憧れに成りかかっている事実、そういうものから目を逸らそうとしている危惧がある。

PORSCHE計画だって、締め切りを明確にしていない。

このままでは思いだけで、既に今の時点で、結果的に無理だったかぁ…で済まそうとしているとしか思えない。

今日から作業内容に締切日を設けることにした。

もちろん全てが思い通りに完了するとは思わない。

だが、今まで以上にモチベーションを高めなければ全て「憧れ」で終わってしまう。

そんなのは嫌だ。

その危惧感だけは、まだ腹の底に残っていてくれた。

だから、もう一つ自分に厳しくすることにした。

やれるさ、きっと。

続けることに夢中になろう。




posted by papacchi at 19:49| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。