レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年04月01日

モータースポーツ&電動レーシングカート 昭和初期のエンジニア

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


アイデアにつまり、特許調査をしてみました。

数時間程度ですので、使えるものは見つかりませんでしたが。

ただ、偏った発想から少し引き戻してもらうことは出来た気がします。

特許を調べていて、今検討しているアイデアのカテゴリーは驚くほど古くから、さまざまなアイデアが提案されることを再確認させられました。

もっとしっかり調べれば、どんピシャなアイデアもあるのかもしれません。

調べた中で最も古いアイデアは昭和2年の特許。

明細書のフォーマットもまったく異なっていますし、言い回しどころか文字も難解。

驚くことに、出願人は米国人。

文書は古めかしいものでしたし、アイデアも、まあ、使えるものとは違いましたが、説明図は見事です。

今のイラストとまったく遜色のない斜視図。

判り易い図面という意味では、今より質が高いかもしれません。

しばしば思い知らされますが、昔の人は本当にレベルの高い仕事をして居たんだなぁ。

今はツールが溢れんばかりに世の中に転がっていますが、ツールの恩恵を仕事に反映できているのか?という部分では、凹むくらい自信を奪われそうです。

もっともっと質の高い仕事を、アイデアの実現に向けて注ぎ込んで行きたいものです。

ここ数日、アイデアグッズの実験、サーバー構築、等々、並行作業が重なって、少しでも手を抜けないか…と思っていましたが、手を抜くのではなく、合理的に進める。

そういう意識に変えないとね。

質が高まれば、実用化への道が開ける可能性も高まるでしょうしね。

プロ意識をもっと強く持たなきゃ!と考え直させられました。

深呼吸して、作業再開です!




posted by papacchi at 21:17| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。