レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年03月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート 無性に誰かと話したい!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 最近幾つか並行して、なおかつ、比較的密度が高い検討、試作を続けている気がします。

 一人きりでの作業なので、手元の作業と頭の中の思考がどんどん乖離したり、集中したりと、めまぐるしい感じが強いです。

 で、クルマで攻め込んでいる時とはちょっと違うんですが、独特のアドレナリンが大量分泌されているというか、無性に話がしたくなるんです。

 アイデアに関する、ハードなディスカッションって言うんですかね。

 人間は会話をする時にもの凄く頭を使うと聞いたことがあります。

 それと関係があるのかは判らないんですが、相当頭を使っている試作作業だと思っているにも拘らず、まだ頭を使い足りない!という衝動に駆られてしまう。

 もっと何か吐き出しきれるくらい、頭を使いたくなるんですね。

 相手がどんな問いを投げかけてくるか予想も付かないような状況に追い込まれて、その場で自分のロジックを展開する。

 そういう緊迫した状況に飢えているというイメージです。

 試作、試作と、自分で試して、自分だけでジャッジ。

 それはそれで良いんですが、もっとドラスティックな発想というか、極論が欲しくなると、誰かと話したくなるんです。

 誰かと話すとその場で良いアイデアが出るわけではないです。

 ただ、そこで頭の中を一度ごっちゃ混ぜにかき回せる感触が得られるんです。

 ある種のリフレッシュ方法なのかもしれません。

 緊迫した「動」の会話から、再び一人きりの「静」の時間へ戻ったときに、新鮮な脳内コンディションでリスタート出来る・・・、そんな感触があるんです。

 もちろん、その道の専門家と話せれば、悩んでいる部分に関して相談に乗ってもらえるかも知れませんね。

 でもそこまでは求めません。

 とにかく、今時分がやっていることを論理的に理解して、痛いところを付いてくるような相手と密度の高いディスカッションをしたい。

 そんな気分です。

 まあ、ちょっとした人恋しさの一つなのかも(笑。

 そのためにも、早くある程度形に纏め上げて、また外へ持ち歩いて見てもらうステップまで到達したいと思います。

 あー、発散したい!




posted by papacchi at 22:49| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。