レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年03月03日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(3)ZIP付き袋の改良

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 まず、袋を使用するシーンは、いつも手元に後付シールがある場面ばかりとは限らない。

 また、後付シールを袋に添付しておいたとしても、それを貼り付ける作業は面倒極まりない。

 やはり、最初から袋に装備しておいてくれるのが望ましい。

 メーカーはなぜこの機能を付加しないか?

 材料費や製造の手間によってコストが高くつくからか?

 シール性に影響を与えてしまうからか?

 ニーズが無いと踏んでいるのか?

 ここらあたりを説明でき、かつ、現実的に実施可能でなければ誰も受け入れるとは思えない。

 製造方法としては、ZIP装着工程で同時に実施することは可能だと考える。

 ただし、この場合のプル部(タブ)は袋全幅に到達する冗長なサイズになりそうだ。

 それなら、ZIPの構造を変えてしまう方法もある。

 ZIPから少し剛性の高いタブを突出させる方法だ。

 両面で数mm位置を変えておけば、袋からの突出量は2〜3mmでも充分ではないだろうか?

 これは試作してみる価値はあるか?

 いや、原理確認にはなるだろうが、実施形態としては面白みに欠ける。

 とりあえず候補として上げておくとして、もう少し考えてみよう。

(つづく)




posted by papacchi at 18:55| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。