レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年03月01日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(1)

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ここのところアイデアグッズの話題に触れることが多いのですが、具体的に何をしているかを書くことが出来ません。

 大したことをしているわけではありませんが、性質上なかなかね(笑。

 ただ、機会があればそのプロセスを客観視してみたいな・・・とも思っていまして。

 今回良いネタがあったので、公開しながら試作プロセスを進めてみようと思います。

 以下、メモ書き感覚で始めて行きますが、ご容赦ください。


 さて、ZIP機能付きの袋を使う時感じている不満の解消というニーズがある。

 食品などの気密機能付き袋と言うのかな。

 ここで言うZIPとは、ジップロックの袋の口の気密シール構造と同等のもののこと。

 この袋を、切り口を利用して開封する。

 切り口の内側にはZIPが備わっていて、必要量の品物を取り出したら、ZIPを閉じて保管する商品・・・がこの不満の対象だ。

 次にこの品物を袋から取り出そうとすると、ZIPを開いて袋の口をあけるのだが、実は、ZIPと袋の切り口まで平均5mm前後しか残らない商品が一般的だ。

 顧客はこの5mmの掴みしろを両手で摘んでZIPを開封するのだが、この作業が意外と一発で完了しないという不満が上げられているのだ。

 実際に私の奥様にも聞いてみたが、「そうなのよ!」と敏感に反応した。

 そこで、この不満を解消するアイデアを捻出してみようと考え始めた。

(つづく)




posted by papacchi at 23:31| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。