レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年02月03日

モータースポーツ&電動レーシングカート 発散しかかっているので全く違うことを…

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


現在、こともあろうかモーツァルトとベートーベンを聞きまくっています。

それもレコードで。

「小説」第3弾の一部にクラッシック曲を盛り込みたいと思い立ったのですが、良い曲が思いつかなくって。

バイオリンを活かした曲で比較的知られている、あるいは初めて聞いてもすぐに引き込まれそうな曲。

気が付いたらピアノやシンフォニーを聴き始めてしまい・・・(笑。

WEBで調べていて我が家に無い曲を発見、ただ今試聴できそうなサイトも探しています。

ストーリーは第一弾、第二弾と同様にレーシングカートから始まる少年・少女のお話。

僕のお話はあまり明るく笑えるストーリーでは無いので・・・。

第一弾は文学賞でちょっとだけ賞に引っかかったんですけどね。

よくもまあ引っかかってくれたものだと思います。

第二弾では電動レーシングカートのお話も出て来ます。

ただ、主役は大人たちですが。

「カペタ」のような魅力的なストーリーが提供できると、モータースポーツやレーシングカートに対する認知向上に貢献できるんですけどねぇ(笑。

毎日数ページ程度ですがネタ帳に書き続けていて、またもや長編になってしまいそうな気配。

もっとシンプルかつインパクトのある話にしたいと構想していたのですが、まとまりに欠けます。

まあ、自分の分身として主人公達に活躍してもらうのは楽しいもの。

本当は絵も描きたいんだけど時間が許さないしね。

それにしてもベートーベンのピアノ・ソナタはどれも良いなぁ。


電動レーシングカートは見積もり回答がまだ出ていませんが、一部試作対応できないという回答も得ていて、とりあえず今週末に資料を回収しに行こうと思っています。

本当にモノ作りの国「日本」なのか?

単にアレンジャーが豊富な国なんじゃないの?

徹底的に簡単構造にしたっていうのにガッカリです。

まあ他を当たり続けますけどね。

試作が容易に出来る環境が無ければ、これからの日本なんて何処にチャンスを見出せるって言うの?などと、ちょっと高ビーな視点で見ちゃいましたが、これも勉強。

コツコツやりまっす!

それにしても体調不良がもう一つ改善してくれない。

頑張れ、僕!



posted by papacchi at 23:17| Comment(0) | #.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。