レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年01月21日

モータースポーツ&電動レーシングカート 現場に行ってない!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 昨晩WEBチェックしていたところ、比較的近所のレーシングカート・ショップさんで「レポーター募集」をしているのに気付きました。

 最近のサーキットの状況を定期的にウォッチし始めないといけないな・・・と思っていたところでしたので、とりあえず「興味あります!」とメールしてみました。

 もう、ここのところ勢いだけで活動している気がしますね(笑。

 こんな感じでとにかく種を蒔く作業を毎日進めています。

 ダメモト。

 「レポーター」に成れるかどうかは知りません。

 でも、何かリアクションがあれば儲けものですからね。

 それはともかく、先にも書いたように、最近の現場(サーキット)を肌で感じる必要はあります。

 レンタルカートも、随分進化していることは昨年末に実感しました。

 スプリントも相当速いだろうと思います。

 それ以上に見てみたい現場が幾つかあります。

 仮設コースを作って、地域で開催されている「エコ」ラン・イベントです。

 1Lのガソリン、ソーラーバッテリーなどのエコランは有名ですね。

 でも、それ以外にも驚くようなエコラン・イベントが催されています。

 例えば「ゴム動力」エコラン。

 これはすごいと思いますね。

 そして、参加者の熱気。

 昨年末にはレッドブル主催の「ボックスカートレース」も開催されました。

 正直、私もエントリーしようと思っていたくらいです(笑。

 作る、乗る、仲間が増える、を思いっきりエンジョイできる車の楽しみ方かもしれません。

 電動レーシングカートも、サーキットでスポーツ走行、レースに使用するだけのハードウェアとして見ているだけでは、まだまだ可能性を引き出した事にはならないか?なと思っています。

 もっともっと応用範囲を広げて、あまり特別な工作力が無くても手頃な改造を多くのユーザーさんが楽しめるものに出来るのではないか?と思っています。

 現場にみなぎるエネルギーはもの凄いものですよね。

 それを感じれば、もっともっと多くの刺激やインスピレーションを得られるだろうと思っています。



posted by papacchi at 20:33| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。