レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年01月10日

モータースポーツ&電動レーシングカート Baboo kart BOLTER F-10

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


朝起きると全身が宙に浮いた感触・・・。

風邪か?脳に異常か・・・?

不安を感じながらも雑用を済ませつつ、続けてE39で出かけて家族全員で買出しを済ませ帰宅。

少し食べ過ぎの昼食を済ませると、いよいよ今日の課題。

昨年末に一度訪問し、「部品試作工場を紹介してあげる」と言って貰っていたバイクショップへ電動レーシングカートの設計資料を持って訪問。

教えてもらった工場は、驚くことに勤務先のすぐ近所の工場。

そんなところに・・・!

この工場へは帰宅してからすぐに電話をして、月曜以降の打ち合わせの約束を取り付けた。

それよりも今日はもう一つ面白い話を得た。

訪問したバイクショップが取引しているオイルメーカー「ニューテック」が後ろ盾している・・・らしい、(株)セーフアミューズのレーシングカートを紹介された。

「昨日ニューテックの営業さんが来て置いてったんだけどね・・・。うちでも扱うことになったから。」

手渡された資料を見ると「中国製」のレーシングカート BOLTER F-10。

『やられた!』

同じことを考えているメーカーがあったんです。それもほぼ近い時期に。

しかもJAF、否FIAホモロゲを最初っから無視。

オリジナル・イベントとして立ち上げつつある様子。

いずれは統合など、世界的なベース車両に発展させる意図も感じ取れます。

定価はコンプリートで25万円。

コンペティティブなレーシングカートの1/3の価格で全て揃ってしまう。

これ、モーターメーカーさんの事業スタイルを参考に、やってみたいと思っていたプランです。

しかも(株)セーフアミューズのサイトを見ると、その他装備もホームセンターなどで揃えちゃえ!というノリ。

協賛してくれるサーキットも既に2コースあり、今月末にはイベントも予定されている。

レンタルカートではなく、従来のレーシングカートとも違う、ニッチなポジションでファン層拡大を狙っている。

僕の狙っているマーケットに極めて近いところへぶつけてきている・・・と、ちょっと嬉しくなってしまいました。

バイクショップさんは、「マフラーをノーマルにすれば、街に近いところでも走らせられるんじゃない?って冗談で話してたんですけどね・・・。」と言う。

「モーターにしちゃえばインドアでもOKになっちゃいますよ。」と、私が考えていたコンセプトを簡単に紹介すると、かなり興味を持ってくれた様子。

まだまだ、ホビーEVの可能性を広げる余地は充分あると感じました。

私にはまだ BOLTER F-10 では役不足と言うか、物足りないのですが、おかげで話をしているうちに面白いことも考え始めていました。

昨日までの不安と、今朝からの体調不良。

一歩玄関を出て、外の空気を吸いながら新しいドアをちょっと叩くと、面白い話がわんさか溢れ出てくる。

自宅に戻ってきたら、随分とリフレッシュしていました。

やっぱり、一歩足を踏み出し続けるって大切ですね。

さて、明日もやることいっぱいだ♪


posted by papacchi at 01:00| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。