レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年01月07日

モータースポーツ&電動レーシングカート 仕組みを作る視点

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ



ビジネスを構築するからには「仕組み」を作り上げよう。

常にそういう意識を持っているつもりなのですが、気が付くと、ある課題をクリアするためのプレイヤーとして振舞っている時間の方が多いのです。

そして、時間が経てば経つほど「仕組みを作る」ことを忘れ、見失い、プレイヤーとして行き場を失って壁に突き当たったまま退却あるいは失敗しています。

ここのところ夢中になって進めていた全てのアクションも、やはりプレイヤーとして小さな「モノ」を作り上げることばかり考えていました。

もっともっと、外から、外から。

こういった意識が持続できないんです。

なんでも自分で解決して、成功を勝ち取っていく・・・。

気が付くと、そんなイメージが頭の中に充満しています。

そしてその解決すべき課題が、どんどん小さなものになっている。

仕組みではなく、仕組みの中で動く「あるひとつのパーツ」を作り上げることに夢中になっているわけです。

アイデアグッズも電動レーシングカートも「仕組み」ではありません。

他の誰かが作り上げた土俵=「仕組み」の上で比較評価されることを目的としたパーツになっています。

まだまだ近視眼的な見方しか出来ていないんですね。

ボトムアップ的に派生していく「仕組み」があるのかもしれませんが、今は、少なくともそういうものを意識して取り組んではいません。

ビジネストレーニングだと言っていたのに、図面を描くことに夢中になっていました。

本末転倒です。

もちろん「仕組み」を意識して、その「仕組み」実現のために必要という判断で進めているなら良いのですが、私の場合はそうではなくなっている。

冷静さを失い、客観視することが出来なくなっていました。

今更ながら、あらためて「仕組み作り」の視点で再構築しようとしています。

結果的に、今やっていることは無駄に終わるかもしれません。

その場合は、「仕組み」作りと、今やっていることとはきっぱり区別して、「仕組み作り」をメインストリーム、いま取り組んでいるプレイヤーとしての作業はサブストリームとして、続けていこうと思っています。

曖昧な表現ばかりになっていますが、もう1つ「やるべきこと」がハッキリしたということです。

年始早々かなり凹む現実直視の機会と、不安・期待感が混在したnextstageを再考する機会を得ました。

残念ながら、私一人でこの機会に辿り着いたわけではありません。

新たに一人、大きな刺激を与えてくれた人間が登場したということです。

ただ、年始早々に新たにもう1つ良い後押しを得たと思います。

現状のサブストリームは今まで通り続けます。自分が納得する結果を出すまで。

と同時に、あらためてメインストリームを再開しようと思います。

今日の文章はあまりに抽象的過ぎ。

あとで見返したとき、自分で何のことか思い出せないかも知れません。

でも、今書けるのはこの程度であるのも事実。

そして、今の混沌とした心境そのものを書いているつもりです。



posted by papacchi at 20:37| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。