レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年12月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート FF

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


初めてドリフト出来る様になった時、乗っていたのはFFのセダンだった。

ある意味でアシスト機能付きのドリフトだったと思う。

ロックさせながらブレーキングすると同時に、ヒール&トゥでシフトダウン。

少し高めのスピードでブレーキペダルから足を離すと同時にステアリングをスッと切り込む。

そこからはハードなエンジンブレーキと暫しの待ち時間によって、車のリアがフロントを追い越そうと旋回を始める。

ブレーキ操作技術などまだまだ甘い時期だったから、この方法はオーバーステアを意識的に誘発するのには随分と役に立った。

FFならではの操作性が随分と多くの挙動を教えてくれたと思う。

しかし、それ以上に簡単にドリフトするクルマがレーシングカートだった。

初めて乗ったカートで、いきなり2コーナーから勝手にドリフトし続けるステア特性に面白さを覚えたのは今でも記憶に新しい。

ただ、それで楽しかったのも数周。

タイムボードに自分のタイムが表示されていることに気付くと、このドリフト状態がどれだけ邪魔な挙動かということを嫌というほど痛感させられた。

コーナーの立ち上がりで少しでもスライドを発生させてしまうと、そのラップのタイムは全てご破算。

コントロールする楽しさは、ドリフトさせることから、ドリフトさせないことに、対象が変わって行った。

クルマの駆動方式とドライビングの目的によって、すべきことは変わる。

タイムアップしたいという目的には、制動力はブレーキングと加速にのみ使いたくなってくる。


最近、2輪駆動の電動バイクが身近なところで開発されている。

フロントタイヤも駆動力を発生するのだ。

リリースも迫っている。

私は2輪のことは良く判らない。

が、その動特性をインプレッションする日を楽しみに待っている。

もしかしたら、また新しい発見が出来るのではないかという期待を込めて。


クルマの駆動方式だが、私はFF>4WD>MD>FRの順に好きだ。

今はファミリーカーとしてFRのE39を愛用しているのだが・・・。

この順序はアクセルコントロールでどんどん「踏み込んで行ける」順と言って良い。

タイムアップとは必ずしも相関があるわけではないが、コーナーの入り口からアクセルをどんどん踏んでいけるのは単純に楽しい。

EVは駆動輪を自由に変更できる可能性が高い。

タイヤ交換する感覚で、電動レーシングカートの駆動特性を変更できたら非常に面白いと思っている。

密かに構想、アイデアを練っているところだ。



posted by papacchi at 22:02| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。