レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年12月04日

モータースポーツ&電動レーシングカート ポケバイ感覚♪超小型電動レーシングカート

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


先日、体育館をインラインスケートに開放しているのを見学しましたが、その時に、現在検討中の電動レーシングカートより、もっと手軽で、もっと遊ぶシーンに広がりを持たせられる「電動4輪」車両を提供できないかと思いました。

まだまだ自動4輪車両をオモチャとして、スポーツアイテムとして楽しむ風土は、日本には広がっていないと感じています。

もちろん広がる必要性があるかどうかについては明快な答えなどないのですが。

ただ、現在普及しているレーシングカートよりも、もっともっと、手軽でスポーツ性のある「電動4輪」は、今後検討する価値がありそうだと思っています。

4輪車両の面白さはペダルを踏むだけで動くのに、レベルアップしていけばどんどん体力が要求されるところ。

そして、転倒を意識せず、摩擦限界前後のマシンの挙動を楽しめること。

そんな面白さを残したまま「座布団サイズ」の電動レーシングカートを考えてみようと思っています。

簡単なセットアップで子供でも大人でも手軽に扱え、ちょっとした場所、ちょっとした時間で楽しめる。

既にイメージが一つ、漠然としながらも、頭の中に描かれています。

もちろん、現在進行中の電動レーシングカート試作でも苦心しているわけです。

座布団サイズにダウンサイズしようという訳ですから、さらに困難なハードルが立ちはだかることになるでしょう。

ただし、世の中には使えそうなアイテムも随分増えてきています。

近いうちに1台試作してみるつもりです。

現在試作設計中の電動レーシングカートよりパワーを小さくすることで、お手軽お試しバージョンの試作なら可能じゃないか?と考えています。


さて、その現在試作設計中の電動レーシングカートですが、残るはモーターシステム周りの情報収集だけ。

今週末に以前からお願いしていたスケッチ作業、電装系の実装条件等の情報を収集できれば、いよいよ試作するための工場との交渉に移れると思っています。

何とか年再試走の実現に向けて、引き続き粘り強く作業を進めます。


それと、横浜近郊で、私と一緒に電動レーシングカート等の試作をやってみたいという方がいらっしゃいましたら、是非声を掛けて頂きたいと思っています。

もちろん工作ができる工場さんなどが手を上げて頂けたら大喜びです。

本サイトトップページの「[お願い]テスト走行できる土地等の情報を教えてください。」フォームにコメントを入れてくだされば連絡が取れます。

お待ちしています。



posted by papacchi at 23:10| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。