レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年11月28日

モータースポーツ&電動レーシングカート 体育館の中でローラーブレード!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


数週間前にアナウンスがあった、近所の市営体育館によるローラーブレード(インラインスケート)利用開放。

本日、その様子を初めて見学に行ってきました。

ちょっと寝坊してしまったもので・・・(笑、実際に滑走する時間はありませんでしたが、大勢の親子連れが体育館いっぱいを使って滑走していました。

そもそも、体育館が「あの」ローラーブレードの滑走を許可する・・・。

ちょっとビックリしました。

体育館を利用して、ラジコンイベント、電動ポケバイや電動レーシングカートを楽しめないか・・・?と思ってはいましたが、「常識的に無理」かな・・・と思っていましたから。

私の固定観念では、ローラーブレードのホイール、ブレーキとも、体育館の床には過大なストレスが掛かると決め付けていました。

しかし、その「私の常識」を5年も前から裏切って実施されていたのが、この体育館でのローラーブレード開放でした。

whiteboad.JPG

我が家から歩いても行ける横浜の某市営体育館。玄関を入ると、ホワイトボードに大きく「インラインスケート」の利用時間が表示されています。

おお、ほんとうにやってる!

front.JPG

フロント・・・というのか、受付があります。良く聞くと、自前のローラーブレードでは滑走できないとのこと。

なるほど、やはり少なくとも「専用の車輪」を使っているってことか・・・。

利用したい人は必ず500円の費用が掛かるシステムになっていました。

その中にローラーブレード、プロテクター、ヘルメットのレンタル料も含まれています。

gym.JPG

おお、やってるやってる。

写真は体育館の左半分。写真の右側にもこれと同等かそれ以上の空間が広がっていて、全面を滑走可能なコースとして開放していました。

充分広いです。

周回できるオーバルコースと、オーバルの中央を横切れるスペースが設けられていました。北海道で市などが冬季間オープンする「スピードスケートのリンク」と同じようなレイアウトです。

慣れている大人や子供は、かなりのスピードで滑走していました。20km/hくらいは出るのかなぁ?

overview.JPG

これがレンタルされていたローラーブレードです。他にも幾つか種類がありました。

大人向けにはあまり数多く用意していないようで、ちょっと残念。

スタッフの方に色々伺ってきましたが、元々はローラーブレードを使ったホッケーを子供達に教えたい・・・という方が、このイベントの大元を作ったとの事。

実施に当たり、当初は色々な問題もあったようですが、月一回の定期開放、子供向けスクールを既に5年ほど続けているそうです。

体育館のメンテナンスもそれほど気にしたことは無いそうで、イベント直後に床のチェック、ブレーキ痕をクリーニングする程度のケアで済んでいるとのこと。

逆に言えば、ローラーブレードは止める時に踵のブレーキを利用することも多く、この樹脂(ゴム)が床に融着したものを剥がすのが手間だと言っていました。

spec.JPG

写真のローラーブレードはブレーキが付いていない方。100kgの人が履いても大丈夫なんですねぇ。

ということは、これだけ面圧の高いホイールでも体育館の床に与えるストレスはまだ弱いということになりそうです。

wheelsize.JPG

ホイールは82mmのものまで利用できるようです。実際に使われているホイールは?というと・・・。

wheelmaker.JPG

こんな透明な、柔らかいホイールでした。

ちなみに、ローラーブレードの世界では、ホイールと言わず「ウィール」と呼ぶんですね。

そうそう、ローラーブレードって言うと広義になるらしく、インラインスケートと呼ぶ方が良いということも知りました

wheelspec.JPG

ウィールのスペックを見て見ました。

 ・ウィール径  78mm

 ・ウィール硬度 80A(ウレタン素材か?)

比較的柔らかいウィール硬度なのだそうです。

あまり柔らかすぎても転がり抵抗が増えますしね。

逆に言えば、この程度の柔らかさで十分というのは大きな収穫です。


電動で動く乗り物の場合は・・・どうだろう?

スタッフさんと話してみましたが、ブレーキロックや横滑りによる床へのストレスは在り得るかも知れない・・・とのコメント。

ローラーブレードで「横滑り」なんてまず頻度は少ないですしね。

ただ、全く否定した物ではないような印象を持って頂けたようです。

体育館側とも「目的、価値、リスク」をクリアに話して行ければ、そして、やる意味があるのなら、決して実現不能では無さそうです。

ローラーブレード利用に体育館を開放しているのは、「横浜ではここだけ」だとも聞きました。

10年位前に訪れた時にはガラガラの体育館・・・という印象だったのですが、今日行ってスケジュール表を見たところ2ヶ月先まで予約ビッシリでした。

色々なことにチャレンジしている市営体育館なら、人も集まるって事なんですね。

今日は非常に良い見学になりました。

長々と対応してくださったスタッフさんにも感謝します。

来月は朝一番で行って、乗ってみようっと!

じつは生まれて一度も乗ったことが無いので(笑。面白そう!


posted by papacchi at 19:07| Comment(0) | 6.サーキット構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。