レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年11月24日

モータースポーツ&電動レーシングカート フレームのCAD化

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ここのところ、週末はレーシングカートのフレームを採寸しながらCADデータ化しています。

シンプルな構造ながら、実際に細かく寸法を測って設計図面として整理していくと、「よく考えて作ってある」ということがしみじみと判ってきます。

特に印象的だったのはメインフレーム内に「水」が進入しないように構成されている点。

当たり前のようですが、全く気にもしていなかったため、実際に図面化している最中に凄い物を発見したような気になりました。

またサスペンションとして機能する部分がどこなのか、最近流行のスタビライザーがそのフレームそのものに対してどの程度の効果を期待できるのか・・・。

非常に良く理解できますね。

もちろん3次元、6自由度のGが掛かっている状態でのフレームの挙動は計算では予測し難いものがありますが、僅かな部品を多機能に多重利用している点は明らか。

正直、実走行を元にしたトライ&エラーを繰り返す中で、一つの形をピックアップしているとしか思えません。

それほど部品数が少なく、その一つ一つに多くの仕事をさせるように出来ているんです。

フォーミュラー・カーにいずれは携わって行きたい・・・そう思っていますが、このレーシングカートは、ドライビングだけでなく、エンジニアリング的にも優れた教科書であり、またハイテクの塊とも言える気がします。

日本ではヤマハがフレーム供給から撤退。

実質的に、海外製品しか生き残っていません。

しかも、かつてピークを迎えた頃に比べて、海外製品すらもメーカーの半数が既に撤退しています。

ある意味で、これはチャンスかな・・・と、私は思っています。

今考えているのは、新フレーム、それもEV向け(電動レーシングカート向け)に限らず、折りたたみ機能を備えた新フレームを「海外発」としてリリースし、日本へは逆輸入の形で持ち込むというビジネスモデルです。

海外がヨーロッパになるのか、アメリカ大陸になるのか、アジア圏になるのか・・・、まだ漠然としかイメージしていませんが、日本でやっても仕方が無い・・・そんな気持ちが正直なところ。

かつて、トニー・カートがそうであったように、新フレームもレースで鍛えられないだろうか・・・と妙な夢を持ち始めています。

レーシングマシンを折りたたみ・・・というのも強い違和感を持たれると思います。

私自身もそう思っていますから。

でも、レーシングカートの「レーシングカートらしさ」をさらに進化させたい。

そう思って、データー化ももう一息のところまで漕ぎ着けました。

急がないと12月になってしまう。

そんな気持ちで、毎日少しずつですが「前進中」です。


posted by papacchi at 20:36| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。