レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年11月20日

モータースポーツ&電動レーシングカート バッテリーの指標 その他

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


HEV、EVを比較、評価する際に良く使われるキーワードを2つ紹介。


<エネルギー密度>

エネルギー密度とは、電池重量あるいは容積当たりの「電力容量」をいう。

簡単に言うと、どれだけエネルギーを溜めておけるかという指標。

単位はWh/Kgで表す。

エネルギー密度は温度、放電率、新品度によって異なる。

電気自動車では、重量当たりの容量で示すことが多く、一充電の走行距離で決める。


<パワー密度>

 パワー密度とは、電池の重量あるいは容積当たりに「取り出すことができる最大の電力量」を呼んでいる。

簡単に言うと、瞬間的に取り出せる最大電力はどれくらいかという指標。

ここでは重量当たりで示すことが多く、単位はW/Kg である。

パワー密度は温度、放電深度、放電の持続時間、新品度などにより変化する。

電気自動車の高性能化のためには、パワー密度は高く、内部抵抗は低く、単位電気伝導度は大きいほどよい。


パッと見たときに区別しにくい2つのコトバだけど、これからのクルマ(電気で走るクルマ)を語る上で欠かせなくなる指標です。

少しずつ慣れておきましょう。



posted by papacchi at 20:00| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。