レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年10月26日

モータースポーツ&電動レーシングカート 発散気味かな?

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ここのところアイデアグッズ第2弾に特化し続けたために、宿題、ペンディング事項が山積み。

 とりあえずアイデアグッズ第3弾に取り掛かってみたけれど、これがかなりの曲者だということも判ってしまった。

 このアイデアグッズ第3弾はアイデアグッズ第1弾と同じ日用品向けの考案なのだが、そもそも業界のスタンダードというものが無い。

 基本的な原理は世界中が大昔から使い続けていて、ほとんど大きな変化を見せていないのだけれど、各パーツがメーカーごとにバラバラ。

 そのうち2つのパーツを何とか使い良くしたいと思って考え始めたわけだけれど、どのメーカー製品を買っても、オールマイティに使えるようにすることが至難の業だということが判って来てしまった。

 「焦るな!突破せよ!」

 しかし、撤退すべき時を見誤っては、この日用品業界でやって行くつもりが無ければ厳しい状況になるかもしれない。

 僕はモータースポーツ・ビジネスをするつもりなのだ。

 ビジネスのケーススタディをするために、資金の持ち出しをせずにやれるアイデアグッズに手を付けた。

 ものには程度というモノがある。

 ・・・そう思いながら、このまま引き下がるのも悔しくて仕方なく、毎日の集中時間の配分を変える事にした。

 100%理想形にはならないかもしれないが、再び産みの苦しみを味わってみようと思う。

 今日はもう一つ頭を悩ませている課題がある。

 レーシングカートのEV化にそのまま使えそうなシステムを、東京モーターショーで見つけたのは先日お話したばかり。

 これを使って僕がビジネスとするところは何処なのだろうか?という課題だ。

 駅近レンタルカートのサーキット開設をいきなり始めるには、あまりに条件が揃っていない。

 かと言って、EVカート開発に資金を投入することすら、現状ではかなり難しい。

 そもそもカートそのものが高すぎる。

 エンジン不要と言いたいところだが、EVとの比較をするにはどちらのセッティングでも走れるようにしておきたい。

 それに走る場所。いきなりサーキットでテストするのはあまりに迷惑な話だ。

 貸切にするとしてもそんな資金も今は用意できない。

 折りたたみレーシングカートの図面を持ち込んで「試作してみないか?」という提案をするにも、ビジネスモデルがまだ混沌としている。「こんなことして儲かるんですか?」を切り崩すにはもう少し検討すべき事柄が残っている。

 とりあえず、使わなくなった部品などを集めてカートを作るところから始めてみようかとは思っている。

 ただ、アセンブリするだけでは意味が無い。

 なけなしの資金を無駄にもしたくない。

 モーターシステムは新品を購入したいから、他を徹底的に安価にしなくては。

 それにしてもマシン開発が僕のミッションなのか?いや、モーターシステムも、カートそのものも基本的には既に世の中にあるものなのだ。

 せいぜい折りたたみレーシングカートを作れば僕のオリジナルと言えるだろうが、それを楽しむ環境づくりが整わなければ何の役にも立たない。

 何をどの順番に進めて行けばいいのか?

 たった半日考えただけで冷や汗が出てきた。

 「焦るな!突破せよ!」

 まさに今その真価が問われている。

 年内に何らかの形を見る。

 この目標に、いきなりEVレーシングカートで実現できたらこれほど素晴らしいことは無いのだ!


posted by papacchi at 22:49| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。