レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年10月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート 計画設計

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今日は少しのんびり起き出して、アイデアグッズ第2弾の計画図面を見直してみました。

一昨日、あまりにあっけなくハードルをクリアしてしまったことに、逆に過大な不安を抱えたのはお話した通り。

計画図面を見ているうちに「あれ?」っと冷や汗を感じましたが、「疑いの目」で見すぎていたために正しい部分を見誤っただけでした。

結局、金曜にまとまった計画図面は「本当に」自分で望んだ初期条件を全て満たしていました。

すぐに部品の図面化をしようと思ったのですが、折角なのでウィークポイントになりそうなところが無いかじっくり見直して手直しを実施。

製造ノウハウが無い部分については複数の構造案を作り、専門家と相談してみようと判断しました。

素人目には不可能だけど、可能な製造技術があるなら、一番シンプルで信頼性を高められる構造を選びたいから。

自分でも色んな商品を使っていて一番不満に思うのは「壊れちゃう」こと。ステーショナリーくらい、5年、10年はビクともせずにいて欲しい。

忙しいとき、時間が無いときに壊れて焦るような思いはしたくないです。

「さすがに寿命だよな・・・」

そう思えるまでは、要求する機能を満たしてもらいたいです。

だから、僕自身が作るものもそういうモノであって欲しいと思っています。

今日は時間切れでしたが、出来上がった計画図をもとに部品図、企画案をまとめて、試作工場を幾つか当たってみようと思います。

試作予算や今後の製品化に向けたサポートをしてもらえるようなチャンスを探ってみたい。

そんな、図々しいことを考えています。


さて、昨日の東京モーターショーで知った電動カートのシステムに使える部品のメーカーの件。

アイデアグッズ第3弾の計画図作成も控えていますが、並行して折りたたみレーシング・カートの計画図面も取りまとめてみようと思っています。

これを持参して、メーカーさんを訪問してみようと。

開発の最先端と是非話してみたいと思っています。

また、可能であればレンタルカートに搭載してテストデータ取得もやってみたい。

年内に何処までやれるか判りませんが、実用に欠けている電動レンタルカートのスペックは何処だ?というポイントまでは実地検証で得たい。

さて、一山超えて、また小さな一山に挑戦します。

アイデアグッズ第1弾も、アイデアグッズ第3弾の結果を持参して会社訪問したいので大急ぎです。

今週末までにはケリをつけるぞ!



posted by papacchi at 21:58| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。