レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年10月18日

モータースポーツ&電動レーシングカート マンションの裏にサーキット

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ああ・・・、日付が変わってしまった。
でも、寝るまでは今日だ!
さて、今日は色々やったような結果が出ていないような一日だった。
近所にオープンしたMINI−Z専用ラジコンサーキットを視察してきた。
予想通りの集客力で、あのままの売り上げだと月に26万程度か・・・。賃貸相場が50万程度だったので、あの建物のオーナーさんなのかもしれない。でなければ、趣味だとしても持ち出しが多すぎる。
レーシングカートのサーキットに比べて、集客力は期待できたとしても、回転率は悪いと感じた。しかも実際には集客力も大幅に少ない。
ウェブカメラも設置しているので暇があれば店の様子を見ているが、走行台数、走行車両が余り変化しないので、お客さんも既にリピーターばかりのような気がする。
さっそく車両を買ってしばらく通ってみようか・・・などと悪い虫が騒ぎ始めたが、今年だけでアフィリエイト収入40万近くをそっくり使い切っている。これだけあれば、カートのフレームを買って、EVカートの玩具みたいなものを簡易的に試すことも出来たよなぁと反省している。ということで、3万円程度とは言え無駄には出来ず、「他に先にするべきことはいっぱいあるでしょ?」と自分を納得させていました。


ここ数日、神奈川県内、および近郊の土地相場を調査している。
絶対値として決して安くは無いが、やはり市街化調整区域は相対的に大幅に安い。
第二種特定工作物として、あるいは面積を小さくしてそれにも非該当の物件として、レンタルカートサーキットを開設するのも視野に入れてみたくなってきた。
この場合のビジネスモデルは、サーキット運営からのキャッシュ50%、サーキット運営ノウハウの蓄積とそれを用いたコンサルティング10%、行政、学校(特に大学)などへの積極開放によるパブリッシング戦略と技術取得40%をイメージしている。
サーキット運営で得られるキャッシュも、賃貸人に全額帰属させてもいいと思っている。
サーキットを幾つも開設する。そういう実績を積むことを優先しながら、結果的に自分のサーキットを持つとともに、横浜、北海道にEVレーシングカートを普及させられればいいのだ。
そして、そこからビジネス的にもエンジニアリング的にもステップアップして行き、本格的なEVフォーミュラへとまた歩み続ければいい。
EVは車両としてもインフラとしても、「やっぱこれだね!」というビジョンがまだまだ見えていない。
多用な車両の混在もありえるが、車検制度を考慮に入れると、あるいは自動車修理技術を考慮に入れると、それほど多用なシステムを許容し続けるのも限度がある。


EVカートの音について、YOUTUBEを利用して映像を見まくって見ました。
欧米は凄いね。日本も頑張ってるけど、欧米はバカが多い♪これ、褒めてるんだよ。
チャレンジ、冒険、クレイジー。日本人が一番消極的なところ。だから、欧米の動画は凄く勉強になった。
日本ではHEVに音を出すシステムを付加するよう義務付ける提案が成されたそうだけど、日本人、何処行っちゃうの?って気がします。
自転車にも同じように音を出すシステムを載せるんですか?直管マフラーを公認するような発想はやめようよ。
EVは静かなようでうるさい。
これまでと質の違う音が出る。これは、慣れないと不快に感じる人も多いはず。
結局、静か過ぎても不安で嫌だと言う人だっているしね。
音、臭い、振動、見た目のスピード、個人差があると思う。
その中で、基準となる実績を一つ、一つ作り上げていくしかないんだと感じている。
4方にマンションが建つど真ん中の土地にレンタルカート上を作る。
本当に出来ないことなのかな?
もちろん、そんな土地を購入する予算の方が現実的なハードルにはなりますが。
エンジン式のレンタルカートが自宅マンションの裏で一日走り続けている光景を想像してみてます。
たしかに違和感は否めないけど、サーキット以外であっても、何か立ってしまえば邪魔なんだよね。
だったら、視野を妨げないだけサーキットの方が有利って言う考え方もある。
音も静か、洗濯物に臭いも移らない、見た目にもカラフルで、結構集まっている人たちの笑顔が爽やかで、・・・。そういうサーキットで、子供達にも安価なスクールが解放されていて、大人たちにも魅力的なイベントが行われたりして。
ありえない光景ではないかなって。
もちろん、屋内型にしたっていいけどね。空港の飛行機を格納するハンガーのような屋内サーキット。ジムや、スーパーマーケットを1階、あるいは2階に設けても良い。設備費が掛かりすぎそうだけど。
アイデアは色々あると思う。
「出てけ!」コールが飛び交うことを前提に、あえてオープンして問題点を収集するのもお互いの勉強になるかもしれない。

さて、そんなことを考えながら、他にも今日はちょこちょことやってましたよ。

さ、明日も楽しまなくっちゃ。考えてるだけじゃダメなんだから!


posted by papacchi at 00:54| Comment(0) | 6.サーキット構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。