レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2009年10月14日

モータースポーツ&電動レーシングカート マーケティング開始

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


レーシングカートに対する「ニーズ」を、様々な立場を想定して思いつくままに羅列中。

とはいえ、なかなか他人に成り切るのも難しいもので、つい自分の感覚、要望、希望でニーズが偏ってしまう。

もっと突拍子もないニーズを・・・と、全く関係の無いフィールドから持ち込んでみたりしている。

これらのニーズ・キーワードを似通った性質(これも私の主観に依存してしまうが)で括りながらグルーピングして、どんな潜在的なニーズが見出せるか分析してみようと思う。

まだネタ帳3ページ程度なので、1週間ほど思いつくまま書き溜めてみてからグルーピングしてみるつもり。

何か面白い結果が見出せると良いのだけれど。

アイデアグッズ第一弾のメーカー提案に対する回答は今日は無かった。まあ、気長に待つしかない。

実はこの日用品に関しては、他に2点ほど不満点、改良希望点がある。

1点については具体的なアイデアがあるが、もう一点については非常に難しいと思われる。

これが解決できると、この日用品メーカーにとってプラスになるかマイナスになるかも判らない。

ただ、ユーザーにとってはプラス・メリットにはなる。

実は、この点を実際に会ってディスカッションする時に聞き出してみたい。

技術提案という形で商品開発に短期的に参画させてもらう機会が得られたら非常に勉強になるのだが・・・。

レーシングカートのサーキット検討、EVorサイレントエンジン式レーシングカート本体の検討もまだまだ入り口でうろうろしている状態だ。

自営の常設サーキットになるのか、レンタルスペースでの常設サーキットになるのか、はたまたキャラバン方式になるのか?

腹積もりが決められない点で少々焦ってしまう。

いずれにしても、自己資本で今すぐどうにかできるわけではないので、協力者を募っていくしかないとは覚悟している。

そのためにも、まだまだ詰めの甘い計画を早期に熟成させて行かなければ。

年内に、最低一回は何らかの提案を試みる決意で望む。


posted by papacchi at 22:12| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。