レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年10月13日

モータースポーツ&電動レーシングカート お楽しみをたくさん残してくれた日本グランプリ

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


またまた日が変わる・・・汗。

今日の日本グランプリ。

満足です。面白かった。

クビサに勝って貰いたいと思ったけれど、アロンソ久々の金星です。

ブリアトーレ監督下でルノーで走り続けるのがアロンソには向いてそうな気がします。

これでまだまだシーズンが楽しめそう。

しかし、ルノーが急速に伸びてきています。

来年、このままの勢いを維持できれば混戦が続いてますます楽しみですが。

ホンダは2〜3ヵ年計画に軌道修正したんですね・・・。

エンジン開発能力のレベルダウンが感じられるのが不安です。

コツコツ続けているトヨタの成果が僅かずつ結果に結びついているのは報われていると思いますが、今のままではF1に革命を起こせるメーカーではないので、何か大きな冒険に出て欲しいと思っていますけどね。

まず結果。そう考えているのは認めるところ。いつかは大化けして欲しいです。

それにしても、ハミルトンは残念。

自滅型のマッサ、ライコネン、アロンソと同類になってしまいました。

今年チャンピオンを取れなくても不思議では無くなってしまいましたね。

クビサが面白いところに居るのが唯一の楽しみ。

富士を掴み切れず、ほとんどのドライバーがブレーキングでブロックするという、雑なライン取りをしていたのは正直残念でした。

苦肉の策であったのは理解しますが、F1ドライバーとしてのスキルが少し下がっていないか?という不安を感じました。

ロズベルグくらいのレベルでまだ苦労しているならまだしも・・・です。彼は、コーナー侵入で何度も躊躇していましたね。3つ先のコーナーまでの組み立てがとうとう作れなかったのが原因でしょう。

今日のベストプレイヤーはBMWのピットクルー。

ライコネン7.4秒のピット作業に対し、クビサ7.0秒のピット作業を先に完遂して、0.2秒のプレゼントをしたのはお見事。まあ、たまたまだったのかもしれませんが。

あれがなければ、クビサの2位は無かった気がします。

まあ、ゴールまで何が起きるか分からないのが勝負事。

楽しいレースを堪能させてくれたことに、一ファンとして全エントラントに感謝したいと思います。


最後に全体的な感想として、前戦のシンガポール・グランプリを見てしまったせいか、やはり富士の古さは否めなくなってしまいました。

ファイナルセクションを歪にして、グランプリコースに耐えるようにした努力は認めますが、新しいコンセプトのサーキットが欲しくなりましたね。

F1に負担を強いるサーキット。

もちろんエンターテイメントとしても魅力あるサーキット。

飛行場に降り立ったらすぐ目の前がサーキット。

緑化公園化されたリゾートホテル群の合間を抜ける市街地コース様式のクローズドサーキット。

アップ・ダウンを利用した峠道の要素と、華やかなホームストレッチのコンビネーション。

普段は特性の異なる別のサーキットをグランプリ開催時にドッキングして使うイメージ。

サファリパークと、リゾートホテル前の誘導路の組み合わせみたいなサーキットかな(笑。

新千歳空港界隈をおススメしたいところです。

さて、仕事の続きしなくちゃ!



posted by papacchi at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | #.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。