レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年10月11日

モータースポーツ&電動レーシングカート e39水漏れ(雨漏り) 2

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


さて、内張りの外し方です。


まず、ネジを外してみましょう。



e39_2.JPG


内側ドアノブの中央に丸いブッシュが嵌っているのがわかりますね?


下の方に切り欠きがあるので、先端の細いドライバーなどで「そぉっと」引き抜きます。


強く引っ掛けると変形して格好悪くなっちゃいますから、注意しましょう。


ブッシュを外すとネジが出て来ます。




e39_3.JPG


このネジは+ドライバーで簡単に外れます。


先ほどのブッシュと、ネジを外したら、無くさないように保管しましょう。


さて、内張りを外します。


丈夫なマイナスドライバーと雑巾などを用意すると綺麗に剥がせるでしょう。


内張りの裏にマイナスドライバーを差込み、スライドさせて行って、何かがぶつかって動かなくなるところを探します。



e39_4.JPG


ここで、ドライバーを手前、あるいは向こうに強めに倒すと「パキッ」と音がして、内張りが浮き上がってきます。


何がパキッと音を立てているのでしょう?犯人はこれです。



e39_5.JPG


非常に良くできた樹脂性ブッシュです。


安心して、全ての樹脂性ブッシュを外していきましょう。


内張り上部の窓辺りはまだ外せませんから、それ以外の部分だけ全部外してください。


次に、ドア内側の取っ手(ドアを閉じる時に手をかけて引っ張る部分です)を「かなり力強く」一気に引っ張ってください。


片手は窓を支えていないとドアが閉じるだけなので、お忘れなく(笑。


すると、「ボン」と音を立てながら、さらに内張りが浮き上がってきます。


そう、内張りの中央部分にもブッシュが付いているんです。



e39_6.JPG


中央に見える黒い四角い樹脂部品が雌のブッシュ。


内張りの裏に固定されています。


設計ミスだと思うのですが・・・、写真に写っているグレーのL型金具に下の方から軽く摩擦ではまっているだけです。


すぐ外れて、転がって行ってしまうので、無くさないように注意しましょう。


どういうセンスで設計してんだろ。



e39_7.JPG


内張りを剥がした後のドア内部です。



ちょっと見難いでしょうが、垂れ下がっているドアノブの左側に小さく光っている金属片が、先ほどの黒い四角い樹脂製「雌ブッシュ」にはまるバネブッシュです。


簡単な構造で付いているので、安心して内張りを引っ張って良い事が判って頂けました?


 


 

posted by papacchi at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | #.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107903764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。