レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年06月29日

モータースポーツ&電動レーシングカート 電動レーシングカート開発予算をアフィリエイトで得る

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 軽い発想で電動レーシングカートの開発に着手しているように見えるでしょう。

 確かに最初は「ほんの軽い気持ち」でアフィリエイトに着手したことは確かです。

 「稼げる!」、「元手ゼロ!」なんて、随分とウェブサイトやメディアで目にしますからね。

 確かに、お店を用意したり機材を用意するなんて大掛かりな準備が要らないのは魅力だと思いましたね。

 すぐにブログを書き始めて、アフィリエイト広告をベタベタ貼ってみたりしました。

 1ヶ月で判りました。そんな甘いもんじゃないって。

 即座に考えを改め、関係書籍を大量に買い込み、読みまくると当時に実験サイトを何件も立ち上げました。

 ブログですから実験サイトが何件も(20件くらいだったかな)あると書き込むことなんか不可能になってしまいます。

 ただ、各ブログごとに実験テーマを設定して、何をしたらどう反応が現れるか・・・なんて評価をしてみましたね。

 モノによっては自分でVBなどを使って自動投稿なども試してみたりしました。

 そこから得られた結論。アフィリエイトもビジネス。取り組み方でチャンスは広がる、ということ。

 まだまだ大して稼げていませんが、広告費や開発用の機材購入に充てられる程度には進歩してきたと思います。

 そういう意味で、いきなり負債を抱えるようなビジネスモデルではないという点は取り組みやすい、初心者起業家向きの登竜門だと言えそうです。

 現在も電動レーシングカートや専用コースの計画と並行してアフィリエイト・ビジネスの収益向上に毎日時間を割いています。

 以前も触れたように、モータースポーツはたくさんお金が必要です。

 ジュニアやアマチュア、さらにはプロでも、練習やステップアップ、そしてプロとして世界に羽ばたくチャンスを広げるためには、お金も稼げる技術が欠かせません。

 レースで早く走れるだけでは駄目です。

 だから、活動費を稼ぎ出すための方法論としてアフィリエイトを活かす−ひいてはネットビジネスを活かす方法を構築し、皆さんにも伝授していきたいと、私自身もアフィリエイト、ネットビジネスを活用して「お金を稼ぎ出す」活動を実践しています。

 まだまだこの点については、私自身が「これ」といった事を伝授できるレベルには無いと思っています。

 ただ、必ず結果は付いて来る!そう信じて休むことなくチャレンジを進めています。

 リアルビジネスを始めることはやぶさかではありません。ただ、時間的制約や初期投資を考慮した時、誰もがリアルビジネスを気軽に始められるものではないことは確かです。

 まして、レーシングドライバーとしてもスキルアップしなければならない、まさに2足のわらじを履いた生き方をするのです。

 合理的かつ効率的な方法を選ぶとしたら、インターネットの持つ可能性を引き出すことに注力するのもベストアンサーのひとつだと言えそうです。

 私も家族を養うサラリーマンの1人。自分が新たに始めたいことに家族をやすやすと巻き込むわけには行きませんからね。

 もちろん、私自身もレーシングドライバーとして活動しようと思っています。だから、3足、4足のわらじを履いているようなものです。

 でもやりますよ。

 できると信じているから。

 そして、F1でチャンピオンシップを手に入れるドライバーをぜひこの手で発掘し、サポートしていきます!

 それもEV−F1で!





posted by papacchi at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101831994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。