レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年06月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート 漏電、ショートと正常動作の区別

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 モーターを使うEV、電動レーシングカートでは正常運転時の「0km/h」発進時に最大の電流が発生します。

 これはPMモーターの特性で決まっています。

 最大トルクを発生する=モーター軸が0rpmの(回転できない)時

 ということです。

 このとき、最大の電流が必要であり、バッテリーにその電流を放出させようとするわけです。

 バッテリーから見たとき、最大トルクで求められている電流なのか?漏電・ショートで異常放出されている電流なのかは、モーターに流せる最大電流を超えたかどうかで判断すれば良いわけです。

 簡単な方法としては漏電ブレーカーを電流リミッターとして使用する方法があるでしょう。

 ただし、機械式接点方式と車両振動のマッチングは誤動作を生む可能性も秘めていますから、充分に評価して取り扱う必要があります。

 私としては、バッテリー個々に自己診断して出力カットするようなインテリジェント・コネクターを考えたいと思っています。これは、バッテリーの放電電流を最大限に引き出せる自由度を残す一方で、それ以上の出力要求には自発的に拒絶するものです。

 そしてコネクターと呼んでいるのはバッテリーパックの上部に蓋状にワンタッチで被せて使うことを想定しているためです。

 これは一般的な鉛バッテリーの上部電極が突出して装備されていることに対する保護の役割と、ユーザーの配線ミスを防止する目的も含めています。

 もちろん、その蓋の中に自己診断回路を持たせるわけです。

 今後、鉛バッテリーではなくリチウムイオンバッテリー化するようになると、こういった処置はより必須となります。

 また充電方法も視野に入れる必要があります。

 バッテリー個々を取り外して充電するのか?オンボード(車両に搭載したまま)充電するのか、短時間でバッテリー個々にムラ無く充電できるようにするため、などを考慮・対策する必要が出て来ます。

 そのためにも、この蓋式のコネクター「インテリジェント・コネクター」を柔軟性のあるインターフェースとして活用することが出来るのではないかと考えています。




posted by papacchi at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。