レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年06月22日

モータースポーツ&電動レーシングカート レーシング・メンタル

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ポジティブな方向性と、パワフルなイメージ。


 この二つの要素が掛け算となってメンタリティの効果を高く引き出すことが出来ます。


 ここで言うイメージは想像力のこと。未体験なこともあたかも経験済みの様にリアルに想像できるほど、パワフルと言える。


 そして、失敗したことも成功したかのように「記憶を刷りかえる」ことが出来なければならない。


 なぜ失敗したのだろう・・・。


 そんなことを考えてはいけないってことです。


 こうしたからこの失敗が起きたんだ!なるほど!次は別の方法にチャレンジしてみよう!


 こう考えて欲しいんです。


 小さくてもいい。成功体験を積み重ねることは、途方もなく大きな自信につながっていく。


 自信過剰になりなさいと言っているわけではありません。実際に成功したことは事実として受け入れられる。そして、失敗したことも「気付き」として成功している。だから、これも成功体験として積み重ねていく。


 そしてこれらの成功体験を補助として、よりリアリティのあるイメージを創り出せる「頭」を作っていく。


 それも、「3年後にフォーミュラ・チームに自己推薦したときに、文句なく採用してもらう!」という「本心からなりたい夢」への具体的なベクトルに向けて。


 そのために、毎年、着実にステップアップする。


 毎年ステップアップするのだから、そのカテゴリでトップを取る。


 トップを取るのだから、去年までの各コースのべストラップを安定して出せるようにする。


 各コースのベストラップを出したドライバーのデータを集めまくるとともに、自分との違いをデータを元にハッキリさせる(区間タイムもあるに越した事は無いが、それよりビデオで比較しよう!イメージで比較するのが自分にフィードバックしやすい)。


 セッティング情報も集めまくる。


 どちらも、コミュニケーションが大切だ。そうなら、自分が多くの人の中に溶け込んで気軽に話せる性格に変えていく。


 本心から「3年後にフォーミュラ・チームに自己推薦したときに、文句なく採用してもらう!」と夢見ているなら、「自分には出来ない」なんて理由を考えている暇はないってことです。


 気が付いたら、なりたい自分になっている。


 だから、「楽しんで」、「夢中になって」、進み続ける。


 そして、今チャレンジしていることをクリアしたら次に何をするか、常に決めておく。


 一瞬でも立ち止まったら、それまでの勢いはあっという間に止まってしまう。


 


 野球のメンタルトレーナーとして著名な高畑 好秀さんの『打たれ強い自分をつくる方法』を紹介しておきます。


 立ち読みでも読みきれるくらい、シンプルな文章とエッセンスでまとめられています(立ち読み勧めてる訳じゃないからね)。


 つまづいたとき、壁にぶち当たった時、30分くらいぱらぱらっと眺めるだけで良いんです。


 スポーツにもビジネスにも共通して活用できるエッセンスだから、レース活動全般で新しい「気付き」をいつも君に与えてくれるはず。


 「俺には才能がある!」


 「あいつは才能があるから良い・・・」


 そんな卑しい考えを吹き飛ばしてくれるから。そして、現実的に夢に到達させてくれるよ。


 


 メンタルトレーニングが、一番難しい。


 だって、君を動かすのは「心」なんだから。


 だから、強くても弱くても「心をコントロールできる人」になるトレーニングは必須。


 早いうちからはじめるべきなのはドラテクよりも「メンタルトレーニング」だって言うこと、わかっているよねきっと。今の君なら。


 




posted by papacchi at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.モータースポーツと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。