レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年06月22日

モータースポーツ&電動レーシングカート バランス感覚を楽しみながら養う エクスライダー

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 先日、家族で近所の公園を散歩していた時に、小学3年の息子のお友達(女の子ですが)から面白いものを紹介され、試す機会がありました。


 エクスライダー(XLIDER)と言うそうで、スケボーを半分に切って、それぞれに片足を乗せるような不思議なおもちゃです。


 私はスケボーやローラースケート、スノーボードも乗ったことがありませんが、基本はスキーと同じだと思っていますので、「おじさん乗ってみて!」と言われた時も「そう?」と気軽に借りてしまいました。


 エクスライダー(XLIDER)の乗車方法?を簡単に説明してもらい、実際に乗ってみます。


 「ああ、これブレーキが無いんだなぁ・・・」と今さらながらに思いつつ、そのまま「まあ、どうにかなるだろう」とそのまま緩やかな傾斜を下っていきました。


 途中、足を前後させると加速することもわかり、体重移動で簡単にターンできることもわかりました。


 ショックだったのは、上りの斜面で進まない!


 戻って来れないのです。


 彼女はすいすいと足を前後して加速させて上って行けるのですが、この上り方は実質30分程度では掴めませんでした。


 しかし、これはなかなか面白いバランストレーナーだと思います。


 聞くと、いきなり乗ってそのまま滑走できた人はいなかったとのこと。彼女も1ヶ月傷だらけになって練習したと、一緒に付き添っていた彼女のママさんと力説していました。


 どうやら、いつもボーっとしているお友達のパパ(私のこと)の不器用さを見たくて貸してくれたとあとで知り苦笑いです。


 


 フィットネスアイテムとして紹介されているショップさんも多いようですが、これは繊細なバランス感覚を手軽なスピードで、たいした準備の手間もかけずに、トレーニングできる優れものグッズかもしれません。


 ブレーキが無いのと車輪のスライド(ドリフト)が利用できないのがちょっと不満ですが、転ぶ練習にも最適でしょう。


 アスファルトの上で転び方が上手になるのはとても有意義です。


 


 残念なことに私の子供たちは、誰も挑戦しようとしませんでした。彼らも、モーグルスキーの里谷多英さん同様に、フィットネスボールの上で立ち上がれるバランス感覚があるのですが(私はこれができない・・・)、チャレンジ精神に欠けるんですよね。


 


 でも、レーシングカートの休憩時間に気分転換に乗ってみるのも、無駄なおしゃべりの時間を増やすよりは役に立ちそうです。


 


 レーシング・ドライブが上手になるアイテムではありません。


 ですが、基礎的なバランス感覚とセンサーとなる感覚をわずかでも研ぎ済ませてくれるアイテムとしておススメします。


 


 わたしも、こっそり購入して、気が付いたら子供たちがおもちゃにし始めるように仕向けてみようと思って居ます。


 


 





posted by papacchi at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.モータースポーツと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101276926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。