レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年06月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート 活動費の捻出

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 モータースポーツで一番頭を悩ますのは「お金」でしょう。

 私がモータースポーツにのめりこめなかった最大の理由も「お金」でした。

 もちろんスカラシップやオーディションを利用して、サポートを受ける方法もあります。

 ですが、レースに直結しない活動費だけでも正直なところ莫大な金額になります。

 

 今回新たにモータースポーツに関わろうと決意して最初に決めたことは、「お金」を獲得する方法を様々に考え出していくということです。

 もちろん私自身の電動レーシングカート開発費、サーキット開設・運営費の捻出が当面の課題です。

 ですが、それだけでは片手落ちなんです。

 モータースポーツを楽しんで欲しくて私自身が活動を始めるのですから、モータースポーツファン、特にエントラントの皆さんが「お金」を獲得できるようにも考えていかなければならない。

 もちろんサーキット運営サイドで諸費用を徹底的に抑える努力も必要です。

 ですが、いずれステップアップして行こうと思っても、現状のモータースポーツ社会ではお金が無いと先に進んで行けません。

 だからこそ、皆さんもお金を稼ぎ出せる方法を考えて紹介していく。これが私の活動のもう一つの大きな課題と考えています。

 そして、これがモータースポーツにおける「お金」教育の基本になるだろうと考えています。

 モータースポーツでは1万円札の単位でどんどん出費が必要になります。

 節約だけでどうにかできるものではありません。

 もちろん所得の多い方には気にならない問題かも知れませんが、大半のエントラントの方には大きな負担になっているはずです。

 ましてや、レーシングカートに乗ってみたい子供たちにはなおさらのこと。



 あのスーパーアグリでさえ「お金」の問題でF1からの撤退を余儀なくされたのですから。



 ぜひとも、この「お金」の問題をクリアして行きたいと考えています。

 日本のモータースポーツの裾野を支えるのは1)多くの可能性に溢れた若いチャレンジャーと、2)社会的認知、そして3)「お金」です。




posted by papacchi at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101031048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。