レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2008年06月18日

モータースポーツ&電動レーシングカート 電動レーシングカートのコンセプト

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 予定している電動レーシングカートには、リチウムイオン系2次電池とPMモーターを組み合わせた、最もシンプルな駆動システムを採用する。

 電池式の動くおもちゃを単純にスケールアップしたと考えて良い。

 もちろんスケールアップしたことで、瞬間的に強大な電流が流れることになるため、安全のための保護機能などが必要になる。

 簡単に構成を整理してみる。



<電動レーシングカートの主要構成>

1)フレームワーク(従来のレーシングカートに準じたフレームと、折りたたみ可能なフレームの2種類を予定)

2)タイヤ&ホイール(従来のレーシングカート用タイヤ&ホイールと、折りたたみ自転車向け小径タイヤ&新規ホイールの2種類を予定)

3)ステアリングシステム(ステアリング・ホイールからナックルまで、従来のレーシングカート用を予定)

4)カウル類(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

5)リアシャフト(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

6)スプロケット&スプロケット用ハブ(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

7)ホイールハブ(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

8)シート(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

9)バッテリー(急速充電型リチウムイオン系2次電池)

10)バッテリーステー(新規パーツ)

11)モーター(PMモーター)

12)モーターステー(新規パーツ)

13)モータードライバー

14)モーターコントローラー

15)コンタクター

16)スロットルスイッチ

17)ブレーキシステム(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

18)テレメトリー(コントローラ&無線LANによる構成も可能)

19)ステータスインジケーター

20)ベアリング(従来のレーシングカート用と、折りたたみフレーム向け新規パーツを予定)

21)漏電保護システム

22)その他



 従来のレーシングカートに備わっていた燃料タンク、エンジン、マフラーがバッテリー、モーター等でリプレースされた構成となっている。

 大電流回路、電子制御回路を全天候で振動などの悪条件でも適正に制御できることが課題になる。

 もちろん、電動レーシングカートに適したバッテリーの確保も課題だ。この点についてはEV向けバッテリーを開発している電気メーカーとの交渉になるだろう。

 

 また、新規開発される折りたたみフレームのトータル性能が普及の鍵になると考えている。




posted by papacchi at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100919538
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。