レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年12月31日

モータースポーツ&電動レーシングカート 大雪で停電も起きてるよ♪


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


なんとなく落ち着くことなく、大晦日の夜を迎えました。

今は何故かポカーンと静かな時間を手に入れ、一人居間に陣取って、付けっぱなしにされた紅白歌合戦の音を横耳に聞きながら、PCに向かっています。

ブログのアップデートくらいしかまだ終えていませんが、少しこれから「やるべきこと」を進めようと思います。

今年は「ついてる」事が多かったと思います。

今日は大雪で、近所では停電騒ぎになっていました。

幸い、帰省先では全く影響なし。

最後の最後までラッキー!でした。

何でも「ついてる、ついてる!」と言い聞かせていれば、その人には「ツキ」がどんどん巡ってくるとのこと。

少しは効果があったんでしょうかね(笑。

いつも笑顔で「ついてる!」と思っておきましょう。

人に意見したり、クレームつけている時間が惜しいですよ。

年内、このブログを更新するのはこれが最後になると思います。

ですので、お先にご挨拶を。

良い年末をお過ごし頂けますように。

そして、素敵な新年をお迎え頂けますように。

では、新しい年に再会いたしましょう。




posted by papacchi at 20:40| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モータースポーツ&電動レーシングカート コンディションは雪!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


と、いうことで。

今は帰省して北国に居ます。

海は渡っていませんけどね(笑。

101230_120001_s.jpg

<岩木山が見えるところを通過しました♪>


そこそこ雪があります。

でもまだ暖かいみたいで、路面の雪はすぐ融けちゃうようです。

久しぶりに雪を堪能しています。

今回は東北新幹線で新青森駅にも行きました。

ギリギリになって予約を取りましたが、幸運にも家族全員固まって座れる席が取れました。

新青森駅で新幹線を降りたとたん、複数のメディアがカメラを向けて走り回ってました♪

そこから一つ乗り換えて帰省先へ到着。

子供達に「雪国仕様」の長靴を買ってやると、すぐに外へ飛び出して行きました。

私自身も少しばかり「雪国性能」が低下しているみたいで、雪の上を歩く時に「不自然」な感触がずうっと付きまとっています。

さんざん食べているうちに疲れもピーク。

9時には居眠り開始。

5時起きで新幹線に乗って来ましたからねぇ。

10時には布団に入って、携帯のワンセグで龍馬伝を眺めながら意識を失ってました。

さて、大晦日の今日ですが、年末年始の行事?の合間を縫いながら、のんびりWEBサービス関連ビジネスの企画練りを始めようと思います。

ノベルの書き溜め分も電子ファイルに書き込まないと。





posted by papacchi at 10:40| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

モータースポーツ&電動レーシングカート オフシーズン突入♪


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


オフシーズン突入♪

昨日を以って本業は仕事納めです。

1日は長かったですが、1年は短かったかもしれません。

喉もと過ぎれば…のような感覚かな(笑。

とはいえ、私そのものは年中無休。

毎日僅かでも1歩前進を続けますよ♪

今年の正月連休は6日しかありません。

そのうち4日間は奥様の実家へ帰省するのに活用します。

が、昨日立ち上げたモバイル・ネットワークが利用できるようになったので、いつでもどこでも仕事(起業)が出来るようになっちゃいました(笑。

モータースポーツ・ビジネス関連の企画検討も連休の合間を利用して進めたいと思っていますが、今回の連休ではアフィリエイト・ビジネスの強化をメインテーマにしようと思っています。

今年はサーチエンジン界に大きな変革がありました。

2台巨頭、Googleとyahoo!の2つがひとつの結果を示すようになった。

これによって、以前からGoogleに最適化してきた私のサイト群は急速に収益向上を果たし始めています。

SEOについては私は基礎的な「経験則」しか知りません。

が、たったそれだけのノウハウを愚直に貫くだけで、Googleとyahoo!のトップページに「無料」で表示して貰える。

巨大広告をアマチュアの私が無料で使用できるのです。

私が運営する100%のサイトがトップページに表示されるとは言いませんが、およそ7割のサイトが上位ランキングに安定して表示されるようになりました。

このチャンスを大きく活かして、来年のステップアップ・プランとして伸ばせないかと目論んでいます。

本サイトも少しだけSEO的な処置をしてあります。

が、基本的には書きっ放し。

それでも幾つかのキーワードでは、自然とランキング上位に位置しているようです。

このサイトを大きく伸ばすつもりはありません。

が、モータースポーツ・ビジネス関連のサイトを幾つか立ち上げて、ランキング効果と、実際の収益性について本格的に実験を開始してみようと思っています。

Uさんと話していたモータースポーツ、否、レンタルカートのポータルサイトのような物も試して行きたいと思っています。

仕組みづくりはまだイメージも出来ていませんが、「とにかくサイトを作っちゃえ!」の従来のスタイルで「種まき」を積極的に進めようと思います。

休みに入ったからと気を抜かず、「やりたいことを自分の意思で」どんどん実行していきます♪




posted by papacchi at 18:04| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

モータースポーツ&電動レーシングカート モバイル・データ通信の稼動開始(パケホーダイ・ダブル)


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今回のモータースポーツ・ビジネス向け携帯電話購入にはもう1つ大きな目的がありました。

一般携帯電話とパケホーダイ・ダブルを使った「より安い」モバイル・データ通信の方法は無いだろうか・・・?

年に数度程度ですが、確実にPCを持ち出して利用する機会があります。

また、ここ最近ですが、PCを持ち出して利用したいシーンが増えました。

例えばサーキットへ行く際には、デジスパイスを利用する機会が想定されます。

もちろんモータースポーツ・ビジネス関連での打ち合わせの席でも使用したいと思いました。

これらの「したい」を実現するには、PCのバッテリーの問題もそうですが、モバイル・ネットワークの使用が可能になる必要がありました。

これまで携帯電話を所有していなかったので、モバイルPCについては全く諦めていたのですが、今回の購入を良い機会と考え、モバイル・ネットワークへの接続も目的のひとつとして加味しました。

キャリアは結局docomoとすることに決め、店頭で「私が使用したいシーン」について説明し、それに見合った機種とプランの選定をお願いしました。

現時点では、こちらから積極的に電話利用することは考えていないため、バリュープランのタイプSSでパケホーダイダブル、ファミ割、等々のプランを設定。

機種は先般も紹介したように新規加入者は1円で買える…と設定されていた機種の中からSH−06Bを選びました。

携帯電話そのものの操作方法は、自宅に持ち帰ってから数日遊ぶことでおおよそ理解できました。

で、いよいよPCを接続してモバイル・ネットワーク利用を試すステップへ。

カタログ、マニュアル共に明確な記述がなかったのですが、添付されていたアプリケーションCDの内容物を眺めて、「ドライバー・ソフト」と「ドコモ コネクションマネージャ」をPCにインストールすれば良さそうだと判断。

さっそくインストールして、次にISPの設定に取り掛かります。

私はソネットを利用していますので、ソネットのサイトに記載されている「高速モバイル」の設定手順を読み進めながら設定作業を行いました。

私はすべて「定額」で使用出来ると認識していましたので、「定額」関連項目の設定を進めて準備完了。

いよいよ、接続テスト・・・。

あれれ?

「ドコモ コネクションマネージャ」のトップ画面で何度接続を試みても、「リモートコンピューターが応答しませんでした。」というエラー・メッセージの繰り返し。

WEBサイトを渡り歩き、「Wi−Fi使用時のみ可能で、それ専用の携帯電話が必要」、「別途、データ通信の契約が必要」といった情報が目に留まりました。

『もしそうなら、こちらが意図した契約と違うぞ・・・。』

パケホーダイダブルの中で携帯電話〜PC接続をした際に、上限10395円で定額使用出来ると説明を受けて、今回の携帯電話購入、プラン契約をしているのです・・・。

新たにデータ通信用の契約をするとなると、いきなり話が違ってしまいます。

さすがに自己判断は避けた方が良さそうだ・・・と考え、購入したお店へ問い合わせを行いました。

購入店では担当者不在ということもありましたが、電話をかけた時間が少し早めだった事もあり、docomoのインフォメーションセンターの方が詳しく説明を受けられると「たらいまわし」されました(笑。

より詳しく聞けるなら良いか・・・と判断して、購入店の紹介どおり151⇒1⇒4へと携帯電話で問い合わせを実施。

データ通信の担当者から詳しく説明を聞くことが出来ました。

結論は、

1)docomoのサービスとしては店頭での説明の通りだが、プロバイダーの説明がまるきり欠けている。

2)ソネットのサイト情報を読み合わせていくと、私の今回の契約ではdocomoへのアクセスは「従量」制となり、プロバイダーへも「従量」制で接続することになる。要は「定額」制で接続できない。

3)docomo「定額」は、別のデータ通信契約を行った際に選択できるサービスである。

4)ただし、docomo「従量」->プロバイダー「定額」の組み合わせが出来るプロバイダーであれば、今回の私の契約内容で、私の目的に合った接続が可能となる。この場合、docomo側も「定額」扱いであり、アプリケーションソフト上「従量」として取り扱われるだけとなる。

5)すぐに紹介できるのはdocomoが用意しているプロバイダー「mopera U」である。

6)プロバイダー「mopera U」であれば、docomo「従量」アクセスでも、パケホーダイダブルの特記事項「パソコンなどの外部機器を接続した通信などの上限額は10,395円/月です。」として使用できる。もちろんプロバイダー「mopera U」側は「定額」となる。

7)カタログ記載は無いが、プロバイダー「mopera U」のライトプラン(メールアドレス不要のプラン)に加入すると月額は定額315円にできる。i−mode使用量も発生している場合は、双方が半額割引となって総額315円。どちらも全く使用しなければ0円。要は最大315円払う覚悟でいれば安心して使い放題できる。

8)また、128K通信の速度制限で使用しても良いのであれば、docomo「従量」(実際には上記の通りdocomo「定額」なのだが)も定額上限がスマートフォン/フルブラウザ上限と同額までコストダウンできる。

ということが判った。

プロバイダー「mopera U」のライトプラン契約も電話をそのまま担当者に転送して、その場で実施できるとの事。

正月に奥様の実家へ戻る際にも使用したかったので、docomo担当者にソフトウェアの設定を教えてもらってから、さっそくプロバイダー「mopera U」のライトプラン契約を済ませた。

ここまで所要時間は約1時間。

店頭で説明を受けた際には「できる」とまでの説明しかなかったし、それを鵜呑みにして「あとは自分でどうにかできるだろう・・・」と早計な判断をしたのがまずかった。

結果的には思ったとおりのプラン(どっちかと言うと安く出来たのでよりベスト!)に出来たが、かなり危ない橋を渡ったことも確か。

docomo担当者も、「ソネット経由で接続しなくて良かったですね!」と半ば焦っていた(笑。

知らずに接続してしまって、相当量のコストが発生してから問い合わせを受け、かつ、強いクレームを受けることが多いのだと思います。

今回ばかりはお互いにホッとして、要望どおりのプランにまとめられたのが幸いでした。
それにしても、携帯電話の契約内容は複雑。

いや、複雑というよりも「記載してはいないんですが・・・」という、重要な事項が多すぎるのはかなり深刻な問題だと思います。

僕自身、カタログ、マニュアル、添付CDでかなりいい所までは行っていたし。


★「ドコモ コネクションマネージャ」で「従量」制としてアクセスしておきつつ、プロバイダー「mopera U」のような「定額」扱いしてくれるプロバイダーと契約し、さらに通信速度を絞り込んでより安価に出来る・・・。★


これら「一切記載の無い」方法がどこかに明記されていたら、多分インフォメーションセンターに問い合わせることなく、自己判断できたと思います。

docomoのみならず、他のキャリアでも大差ないだろうし、こういった部分の「改善」こそ、ユーザーへのサービス向上として再考して欲しいと思いました。

私が立ち上げていくモータースポーツ・ビジネスでは、こういった部分をより重点的に「わかりやすく」して行きたいと思います。

ところで、実際に使ってみた範囲では充分な通信速度。

普段はFTTH(光ファイバ)を使っているから、それから比べれば、遅いことは遅いけど(笑。

お出かけ先で使うには、この値段なら完璧に満足です♪

良いこと教えて貰っちゃいました。




posted by papacchi at 21:34| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート ウィンター・シーズン


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


仕事納めの翌日から奥様の実家へ行って年越しをする予定です。

私も奥様も実家は雪国。

本当に久しぶりに雪のある土地へ行きます。

雪といえば、かつての私のウィンターシーズンはスキーとクルマがお楽しみでした。

今年の11月、12月はレース三昧でしたが、この中で何となく感じていたのが「雪道」で覚えたクルマの走らせ方。

モータースポーツを目的とした走らせ方ではありません。

生活に密着した走らせ方です。

パニックブレーキを回避できるように、クルマをいつでも好きな方向へ滑らせて行く準備をして走らせる習慣です。

この習慣が、癖になっています。

この癖、結構根深いようで、レンタルカートなど、タイトなコーナーでクルマの向きを変える時についつい使っちゃうんです。

一旦方向を変えてしまえば、続く方向操作、修正操作に安心感がありますからね。

でも、これはコーナーからの脱出速度を高めるための操作じゃないんです。

あくまで「何か」あった時に、そこから脱出して減速しながらクルマの姿勢を整えようという目的で行うわけです。

これをレース中にこれをやってしまうと、クルマの速度が一気に落ちます。

見た目はライントレース出来ますが、ラップタイムを大きく悪化させてしまう。

レンタルカートのコース設定の多くは、私が苦手とするヘアピンの連続。

さっさと向きを変えてフル加速・・・のイメージが先行してしまって、加速しない状態に陥れてしまっているわけです。

来年はこの癖を何とか修正してみたいと思っています。

モータースポーツ・ビジネスを目指して来年も活動しますが、今年の延長でモータスポーツそのものにもチャレンジしていきたい。

そうなると、スキルアップは欠かせない。

今一番かけている「基本的」なスキルをまずは穴埋めしなければ・・・と、密かに目標を立てています♪




posted by papacchi at 21:18| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

モータースポーツ&電動レーシングカート 救急外来へGO!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


クリスマス明けの今日も、何かとバタバタしてました。

のんびり起きてモータースポーツ・ビジネスの企画検討でもはじめようかと思っていたら・・・。

「39度以上あるねぇ」

子供が熱を出してました。

この時期ですから、インフルエンザの可能性も。

熱の上がり具合も、意外と急激でしたしね。

子供達は既に冬休みに入っていますが、私はまだお仕事が残っています。

うかつに感染媒体になるわけにも行きません。

とにかく電話で病院に相談してみたところ、「まずは来てください」とのことで救急外来へ。

いやぁ、いるわ、いるわ・・・。

病気、怪我、様々。

警察官4〜5人を連れ立って入ってくる人もいたり。

うーん、何があったのかな?

それはともかく、大人も子供もワンサカいました。

結局それほどの大事にはならずに済みましたが、気温の変化が激しいこの時期。

気を抜くと体調を崩しやすくなっています。

私もあと3日で仕事納め。

もちろん、起業の方は年中無休ですが。

緊張感を持って年末まで駆け続けたいと思います。

そういえば「ネオスピードパーク」のスタッフ・ブログにレンタルカート日本一決定戦関連の記事をアップして頂きました。

写真が載るって、結構気恥ずかしいものです(笑。

でも、あらためて「レース面白かったなぁ・・・」と感慨が湧きます。

時間が取れたら、今日あたり、サーキットに行こうかと思っていたのですが、まあ日本一決定戦が走り納めっていうことで我慢します(笑。

来年もレースしたいな。




posted by papacchi at 19:18| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モータースポーツ&電動レーシングカート 着うた作成方法(けいおん!!)


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


昼前に起きると、どうやらサンタクロースが昨晩来ていたようです(笑。

子供達が、貰ったプレゼントを使って早速夢中になって遊んでいました♪

私もクリスマスを迎えた昨日、今日と、少しばかりのんびり気分で過ごしています。

数日前に携帯電話を購入したので、空いた時間を見つけては、ちょっとした使い方の練習をしていました。

とりあえず思い付いたのが「待ち受け画面」の変更。

これといって素材が無かったので、自分で描こうかなぁ・・・と思ったのですが、時間ばかりかかるのも勿体無いので、ウェブから探して・・・。

「けいおん!!」ね(笑。

子供達にも受けそうだと思って、アニメ版エンディング曲「NO, Thank You!」の1シーンに使われている静止画を拾ってきました。

で、次に思ったのが「着信音」の変更。

私はマナーモードで持ち歩くので必要ないはずですが、ママの携帯電話には標準で「のだめカンタービレ」のテーマソングが入っているのに触発されまして・・・。

じゃ、こっちは「けいおん!!」で統一だ♪

って言うか、私の携帯電話にはほとんどロクな曲が入ってませんでした(笑。

とりあえず、お気に入りの「ふでペン 〜ボールペン〜」という曲のサビの部分を使いたいと思いました。

が、どこを探しても全部「有料」なんですねぇ・・・。

曲そのものはCDで持っているので、何とかできないかなぁ?

有料と判ると、早速、何とかしてやろうと技術屋根性が沸きあがってきました(笑。

私の買った携帯電話はdocomo SH−06B。

まあ、最近のものはメーカーに関わらず同じような作りらしいですね。

で、以下の手順でオリジナル「着信音」の作成を進めました。

興味のある方は【著作権】に十分配慮して、トライしてみてくださいね♪

一度1〜2時間も掛けて設定を経験すれば、次の機会には10分程度で作っていけると思います。


1)以下の「」表記が使用するソフトです。私の環境で揃っていたもの、新規に用意したもので、必ずしもこれらに限定する必要は無いです。

2)やることは、携帯電話上で使用できるように、”PC上でWAVフォーマット音源を3gpフォーマット音源にして携帯電話に転送する”だけです。

3)さっそく”使いたい音源”を用意します。

4)曲中の使いたいフレーズだけを取り出したい場合は、「Windows ムービー メーカー」や下記「着もと」で必要部分を取得編集します。一般的なビデオ編集と同じです。

5)「Craving Explorer」を使って上記の音源ファイル(あるいは必要部分だけ取り出した音源ファイル)をWAVフォーマットに変換します。要はWAVフォーマットに変換できれば良いです。

6)「Lhaz」を用意しました。7z圧縮フォーマットの解凍が次に必要になるからです。

7)携帯電話上で使用可能なファイルを作成するために、「着もと」を使用しました。ダウンロードすると7z圧縮フォーマットになっています。これをLhazで解凍します。

8)解凍した「着もと」を起動します。

9)「着もと」を使って、上記でWAVフォーマットに変換したファイルを選択します。

10)選択したファイル上にマウスカーソルを移動して、右クリックします。メニューが開くので、”着もと化”を選択し、3gpフォーマットに変換します。この際に表示される”着モーション情報設定”は未記入でも結構です。

11)すると、同一フォルダに上記WAVフォーマットのファイル名と同じ3gpフォーマットのファイルが出来上がります。

12)メールに3gpフォーマットファイルを添付して、自分の携帯へメール送信します。

13)携帯電話上でメール中の添付ファイルを任意フォルダに保存します。

15)携帯電話上で”設定 ⇒ 音選択(着信音選択 ⇒ 音声電話着信音) ⇒ iモーション ⇒ 上述の保存フォルダでファイル選択”を行います。携帯電話の機種によってメニューの名前が微妙に違っていたり、階層構造が違っているかもしれません。が、おおまかな設定場所は似たようなところにあると思います。

16)以上でオリジナルの着信音に変更完了です。非常に簡単です(笑。携帯電話の使用経験がまだ2〜3日の私でも、すぐに上記の進め方を思いつきました。

まだまだパソコンには及びも付かない携帯電話ですが、大昔の携帯電話とは違って、技術的に少しばかり遊べるのは面白いですね。

お正月休みも控えているので、また面白い設定方法や使い方を探してみようと思っています。

でも、モータースポーツ・ビジネスに関わる使い方にはまだ及んでませんね(笑。

レーシングマシンのエキゾースト・ノートを着信音にしてみようかな・・・?

少しずつ勉強して見ます♪




posted by papacchi at 01:26| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

モータースポーツ&電動レーシングカート メリー・クリスマス♪起業用の携帯電話


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


とうとうメリー・クリスマスです♪

おかげさまで、今年も無事にこの日を迎えることが出来ました。

さてさて、水曜の夜からクリスマス・カードのメッセージを書き始め、朝4時に就寝。

翌木曜となる昨日は、少しゆっくり起きたものの、近所のショッピングモールの開店時間に合わせて家族全員で買出しに出発です。

プレゼントはサンタクロースが持って来ることになっているので、パーティー用の食材やケーキの材料を買い込むことが主な目的でした。

そして・・・。

ついででしたが、とうとう「携帯電話」も購入しました。

モータースポーツ・ビジネス起業に向けて、さすがにこれ以上所有を遅らせるのは困難と判断(笑。

色々悩んだのですが、来年の春ころに「スマートフォン」に機種変更する予定として、それまでの中継ぎ用に「1円」携帯を手に入れました。

仕事で持たされていた携帯電話は除くとして、携帯電話から遠ざかっていた期間は、モータースポーツから離れていたよりも長いかもしれません(笑。

基本的に「連絡を貰う」使い方になるので、「話せて」、「メール」が読めれば充分なんですが、出先でパソコンを使うケースも増えてきたので、もしかしたらデータ通信向けの環境も作る必要が出て来るかもしれないですね。

とりあえずパケホーダイで対応できるので、今回は一般的な携帯電話で様子を見ることにしました。

昔と違って便利な機能も増えていて、思っていたほど操作性も悪くないことも判りました。

が、パソコンより自由度が低いので、日常的な使用頻度は増えないでしょうね(笑。

スマートフォンも必須とは思っていませんが、良い機会かも…ということで、来春の機種変更を前向きに考えている次第です。

でも、また一つ前進しました(笑。

そのあとですが、お店で色々とハプニングもあり、お昼を楽しんで来る予定が結局夕食になってしまいました。

家族全員、お腹いっぱい&クタクタになって帰ってきてから、今度はケーキ作り♪

お腹一杯の状況で、眠気と戦いながら「食べ物を作る」のは結構ハードです(笑。

子供たちはケーキ作りの途中で就寝。

私も今日は勤務があるので、完成させるのに必死でした。

それでも延べ2時間程度でケーキのデコレーションまで仕上げて、ほとんど放心状態でパソコンに向かい、必要最低限の日課を済ませて就寝。

結構ハードな一日でした。

届いていたメールをチェックしていたら、レンタルカート日本一決定戦を共に戦ったメンバーから「今、レンタルカート場にいます。」のメッセージが(笑。

家族との憩いの時間はどうした?

私も走りたくて仕方ないですよ〜♪




posted by papacchi at 19:25| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

モータースポーツ&電動レーシングカート ビジネス=食べていくということ


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


本サイトはモータースポーツ・ビジネスへのチャレンジを目指した活動記録を書き綴ることにしているのだけれど…。

モータースポーツに直結するものは無かったけれど、それでも、今年は幾つかの新しい「仕事」の入り口を覗かせて貰ったと思う。

実際にアクションを起こし、それに対する対価を得る。

微々たる対価ではあったけれど、本業とは別に「お金」を得る機会を得たのは大きな収穫だった。

これまでもアフィリエイトが本業とは別の「お金」を得る機会に成ってくれている。

今年はそれに加えて幾つかの機会が得られたことになる。

しかし、それで「食べて」行けるか?となると、次元の違う話となってしまう。

確かに幸運にも、稚拙なアクションに対して「機会」を与えて貰った。

が、それを「ビジネス」として昇華させるまでには至っていない。

あくまで新しい「仕事」の入り口を覗いただけに過ぎない。

ここから先は、自分でその入り口から奥へと進んで「仕事」を取って来なければ「食べて」行けるレベルには届かない。

結局、自分で「仕事」を取って来れるかどうかに掛かっている。

幾つもスキルを持っているのはチャンスを生み出せるから有利だと思う。

スキルが無くてもコツコツ続けることで、今年の私のように幾つかの「チャンス」も与えて貰う事は出来る。

が、それで全てハッピーに事が進むわけじゃない。

そこからさらに自分で踏み込んで行き、必死に「仕事」を手に入れて来なければダメ。

当たり前のことだけど、それが当たり前として実感出来ていなかった。

今は大きな企業の一員として、毎月一定のサラリーを手に入れられている。

もちろんサラリーそのものには納得している訳ではないけれど、自分で仕事を生み出してバリバリ稼いでいる訳でないことも理解している。

こんな状況で「食べて」行けている事には、素直に感謝せざるを得ない。

でも、このままでグダグダと流されて行って良いとも思っていない。

自分らしく生きたいと思い、それに向けて本当に「小さい」ながらも毎日活動を続けるようになった。

だとすれば、その活動から結果を得て、そこから「食べて」行ける様に成りたいのが本音だ。

でも、ただ活動するだけでは「食べて」行ける「仕事」を手に入れることは無理。

ハッキリ言えば、いま本業としている仕事の10倍も100倍も本気になって、いよいよ「自ら」仕事を取りに行かなければ成らないということだ。

年末を控えて、色々と忙しい思いをしつつ、同様に色々と考えることも増えてきた。

そろそろ正念場だと覚悟を決める時期だ…と去年も思っていたような気が(笑。

でも、年明け春頃には絶対に、試験的なモータースポーツ・ビジネスの稼動計画を完遂したい!




posted by papacchi at 19:55| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

モータースポーツ&電動レーシングカート マナーを向上させるちょっとしたヒント


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


12月18〜19日のレンタルカート日本一決定戦のレースが終わり、少しばかり気持ちが呆けていました。

体調を崩したせいもありますが、知らず知らずにこのレースに気持ちが集まっていたのだと思います。

ふと気が付くともう大晦日まであと僅か。

着手しよう、実施しようと思っていた幾つかのことが放ったらかしになっていました。

これからクリスマス、帰省、お正月とイベント事が続きますが、自由になる時間が多くなるのもこの時期です。

ほんの僅かな時間でも、いつも言うように、1つでも先に進めておけば、後々には大きな変化として現れてきます。

ここからまた気を引き締めなおして、項目の整理なり、軌道修正なり、スケジュールの見直しなりを行って、取り組みを再開して行きたいと思います。

ところで、先日クルマに乗って「クリスマス・プレゼント」の買出しに出かけました。

我が家ではまだサンタクロースが12月24日の深夜に現れるので、入念な準備が欠かせません(笑。

子供たちが学校に行っている時間を見計らい、久々に奥様と二人きりで買い物に出かけました。

自宅からお店までの途上に、いつも重点的に交通取締りをしている交差点があります。

その日のその時間はたまたま?全く警察署員がおらず、スムーズに通過することが出来ました。

この時にふと思ったことが1つ。

「おまわりさんに怒られないように通過しなきゃ…。」

という気持ちでその交差点に向かっている自分に気付きました。

昔はそんなことも無かったと思うのですが、最近は随分と「良い子」であろうと意識している気がします(笑。

まあ、それはともかく。

交通ルールを守るのは当然です。

それは判るのですが、「交通ルールを守っていない奴はいないか?」と見られているように感じるのは何となく「違和感」を覚えます。

行政サービスとして「違反者を摘発し、ルール遵守者への快適な道路環境を提供」してくれるのは有り難いと思います。

一方で、違反していないにも拘らず、余計な窮屈さを感じる。

何か本末転倒な気がしたわけです。

その時思ったのが、「いつも違反せずに道路利用して頂き、ありがとうございます。」という「ひとこと」が「もしも」返って来るとしたら…?というもの。

「ルールは守って当たり前」という「当たり前」を「当たり前でないもの」にすることで、今までより一歩進んだサービスになるんじゃないか?というものです。

別にボーナスポイントをくれ!とか言ってるわけじゃありませんよ(笑。

まあ、その点はゴールド免許なりに反映されていますしね。

そうではなくて、日頃の「挨拶」のような取り組みです。

例えば検問などを通過する際に、違反運転などしていなければ、ちょっと「会釈」をしてみたり。

安全運転しているドライバーに「ちょっとした心地良さ」を与えることで、ルールを守ることの気持ち良さを感じてもらうわけです。

「気恥ずかしい」事に感じるかもしれないけれど、双方にとって、こういう気持ちをいつでも持ち続けるって、とても効果があると思っています。

挨拶の励行など、家庭や学校、組織で良く話題になりますよね。

でも、話題になるって事は実践されていないことの裏返し。

やりましょうよ、是非。

ちなみに以前、本ブログでも触れましたけれど、ツインリンクもてぎではレース後のウィンニング・ラン中にオフィシャルが全ドライバーにとても気持ち良い挨拶を送ってくれます。

こういうサービスって、本当に素敵ですし、レーシング・ドライバーのマナー向上にも大いに役立っていると思います。

交通事故を未然に防ぐためのひとつの取り組みとして、公道でもオフィシャル=警察官の心地良いリアクションは有効だと思いますね♪




posted by papacchi at 21:36| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

モータースポーツ&電動レーシングカート もう少しでクリスマス、そして大晦日・・・


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


風邪みたいです・・・(笑。

寝不足続きに疲労も蓄積させて来ましたからねぇ。

小さい頃から部屋にこもって勉強ばかりしていた私には、モータースポーツのようなアウトドア・スポーツは体に負担が・・・なんて(笑。

冗談はさておき。

昨日ですが、日本一決定戦のメンバーから貰ったメールで、東京中日スポーツに「記事」が載っていたと教えてもらいました。

携帯でその様子も写して送ってくれました♪


N35全国記事(東中スポーツ)_s.jpg
写真はB組かぁ・・・。でも新聞に載るなんてすごい!



ビレルパシフィックのオフィシャルサイト(http://www.birel.jp/sportkart/index.php)でも速報が掲載されています。

birel速報_s.jpg
こっちはA組だ♪おお、SG君の勇士が写っている!



私にとって、今シーズンはこの日本一決定戦が走り納め。

今でも走りたくてウズウズしていますが、年末年始と他にもやらなければならない大人の責任がありますからねぇ(笑

来年の計画は全く考えていませんが、早いうちにサーキットに行きたいと思っています。

そういえば、ゴルフもそろそろ再開したいよなぁ。


まだ今年の総括をするには早いけど、昨年よりも具体的に結果を出せた一年だったと思います。

もちろん、良い結果ばかりではありませんでした。

が、構想だけに済ますことなく、具体的に行動して、そのアウトプットを頂く。

昨年から蒔き続けていた種が少しずつ実をつけたことも要因になっていると思います。

継続するだけで、何かが変わる。

そんな事実を実感できたと思います。

でも今のままではまだまだ不足。

これからは新しいチャレンジももちろん続けますが、一度実をつけたものをさらにプッシュして「より良い実」、「より多くの実」を得られるようにトライして行こうと考えています。

客観的にモータースポーツ・ビジネスを考えていた頃に比べて、自分自身が再びモータースポーツの世界に飛び込み、自分自身でドライブすることで、新しい発見もしました。

発見したからこれで良いや…ではなく、機会を見つけては今年のように何度も挑戦を続けて行きたいものです。

もしかしたらドライバーとして新しい進化を遂げることも可能になってくるかもしれませんしね(笑。

最大の夢は、自分自身がどっぷりとドライビングを楽しめるようになることです。

だからこそモータースポーツ・ビジネスに飛び込み、チャンスを伺おうと考えていた。

最終目標に到達できるのであれば、色んなやり方もあるはず。

なんでもモータースポーツと絡めて見つめなおし、新しいヒントを見出し、実践して結果を得ていく取り組みを続けて行こうと思っています。




posted by papacchi at 20:00| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

モータースポーツ&電動レーシングカート ただいま!「レンタルカート Birel N35 日本一決定戦 Champion of Champions in oiso Long Beach in Japan」結果報告♪


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


12月18日(土)、19日(日)の2日間にかけて、神奈川県大磯ロングビーチで開催された「Birel N35「日本一決定戦」に出走してきました。

P1030047_s.JPG
いよいよ、この日がやってきました♪


新しいモータースポーツの祭典です♪

北海道から鹿児島まで、全国のレンタルカート場で選抜レースを勝ち抜いた猛者たちによる、参加42チームの3時間耐久レース。

予選、決勝と21チームずつのA、B2グループでレースが行われたので、実質的には2つのチャンピオンシップをかけた戦いと言っても良いでしょう。

両日とも驚くほどの快晴で、私は顔から首にかけて思いっきり日焼けしました。

P1030010_s.JPG
この快晴と、この本格的なロングコースを見て♪


昨日、一昨日と、本ブログの更新も出来ませんでしたので、少しずつ順を追ってレポートしたいと思います。

今日はちょっと長くなるので覚悟してね(笑。

ビレル・パシフィックが主催した本大会は、西湘バイパスに隣接した大磯ロングビーチの大きな駐車場を使用して行われました。

P1020991_s.JPG
早朝の慣熟歩行中♪つい最近までドライブ・シアターとして使われていた大駐車場です。


全長、ほぼ600mちかい「仮設サーキット」が12月17日(金)の朝から1日で設営され、コントロールラインに「レッドブル」の風船アーチ、トラックを利用した放送席、その両脇に全チームに割り当てられたパドック用テントが設けられていました。

コースは樹脂製のフェンス、コーン(パイロン)、廃タイヤ、が用いられていましたが、見ていても、走っていても、非常にしっかりとしたサーキット・レイアウトに仕上げられていました。

タイム計測はポンダーを使用し、ピットレーン入り口直後とコントロールタワー前にも徐行違反をチェックする計測部も設けられていました。

予選、決勝と、多少クラッシュやオーバーランでフェンスや廃タイヤへの接触が散見されましたが、さすがに全国トップレベルの集まりです。

オフィシャルの手際も良く、比較的スムーズにコースを修復しながら予選、決勝と、走行が淀みなく続けられていました。

P1020994_s.JPG
ピットロードに整然と並ぶN35 with 新型ヤマハ・エンジン


私たちのチームは4名のドライバーで参加しましたが、2名から5名と、チームごとにドライバー数にも工夫を凝らしていましたね。

2名で参加は体力的にきついように感じられるかもしれませんが、実際にはたっぷり走れて「楽しい♪」人数構成だと思います。

チャンスがあれば、そして僕のタイムがもっとレベルアップしていれば、次回は最少人数チームでのエントリーを考えてみたいと思いましたね(笑。

体重を基準にピット回数が決められていて、体重計測を行い(女性は一律50kg扱い)、チームの平均体重が軽いほどピット回数が増えるルールになっていました。

また2Lの燃料補給も1回義務付けられて、ピット戦略もなかなか面白い要素になっていました。

決勝の朝まで、公式には、ドライバー交代はピットロード上で2台まで、燃料補給は1台までとし、そしてそれぞれ停止時間は2分というルールとなっていました。

が、私たちのチームでも気付いたのですが「参加車両が規定回数のドライバー交代と燃料補給を行うと、レース時間(3時間)を超過するぞ…」ということ。

これを逆手にとって、ピットロード渋滞を見越した「ピット作戦」なども数プラン検討しましたが、「レースが楽しめないよね♪」という結論にまとまり、ビレル・パシフィックのお手伝いもさせて頂いていたUさん(監督)にビレル・パシフィックへ申し入れてもらう事になりました。

ビレル側でも決勝前には気付いていたようで、燃料補給のみ1台、1分のルールとし、ドライバー交代は静止時間の制限は撤廃されました。

ただ、燃料補給のタイミングは難しく、渋滞に合わないようにサインボードを出すあたりは、各チーム苦労していたようです。

また、ドライバー交代だけのチームと燃料補給を行うチームとのピットレーン内での交錯も多少あったり、安全確保にはそれぞれの参加者、オフィシャルも神経を使っていましたね。

チーム監督Uさんがビレル・パシフィックの手伝いをする関係もあり、私たちのチームは12月18日(土)の朝8時に現地入りしました。

この時点ではまだ運営スタッフばかりで、参加者は前泊組みも含めてまだまばらな程度。

私たちは「ネオスピードパーク」からのエントリーでしたので、指定されたテントに機材諸々を運び込み、準備に取り掛かります。

準備といっても最初に始めたのは「ステッカー貼り」とTシャツ配布(笑。

これまでも何度か紹介しましたが、今回、私が描かせてもらったデザインをもとにステッカーとTシャツを作りました。

Tシャツは専門サイトでプリントして貰いました。


これです♪


ステッカーはホームセンターなどで手に入る「プリンター用のステッカー」を使って、Uさんが手作りしてくれました。

マシンにも貼りたかったのですが、A組、B組で使いまわすのと、予選、決勝でくじ引きでマシンを変える事情もあり、当初のルールが変えられてステッカー貼り付けは禁止になってしまいました。

デジスパイスのステッカーも貼って広告したかったのですが、これも出来なくなりました。

デジスパイス田口社長、ごめんなさい・・・。

で、テーブルや椅子を置き、温かい飲み物を飲むためのカセットコンロを準備したり、簡単に準備を済ませてから、皆でさっそくコースの下見を始めました。

快晴の日差しに照らされた、静かでひんやりとした仮設サーキットをチームメンバー全員でのんびりと完熟歩行。

コース外では、大磯ロングビーチのプール用スライダーのてっぺんまで登ったりして、コース全体を見渡したりしてみました。

P1030014_s.JPG
見よ、この富士の絶景を♪(高くて怖かった…)


いやぁ、本当に大きく贅沢なレイアウトになってましたよ♪

幅も広く、実際、マシン3台が並んで余裕でバトル出来るくらい広かった。

そして楽しいくらいの高速レイアウト。

逆にスピードに乗せないと、どんどん差がつくのも明らかなコースです。

家に帰って奥様に映像を見せたとき、「こんな本格的なコースだったの!」と驚いて貰えるくらい良く出来たコースだったと思います。

遠方からのエントラントがブリーフィングに間に合わなかったなど、いくつかハプニングもありましたが、いよいよお昼休みのデモラン、練習走行とタイムアタックが開始。

P1030043_s.JPG
ブリーフィングの様子。多すぎてカメラに納まらないよ…。


デモランで走ったのはビレルのレンタルカート、N35を電動化したもの。

P1030001_s.JPG
乗りたかった…。システムは日本EVクラブなどでお馴染みのもの。出力を絞ってデモ・ラン用に提供されました。


北海道で行われたWRC直前のイベントとして、千歳市のショッピングモール内で行われたキミ・ライコネン カップの際に、キミ・ライコネンが乗った?電動レーシングカートです。

ビレル側で任意に選んだ2チームが走行を行い、私も初めてその様子を見ることが出来ました。
うーん…遅い。

重い…。

でも、あれは良い!

軽量化して、充電速度が上がれば、以前から目論んでいるように、駅前駐車場でのレンタルカートが実現できますよ♪

ほんとに乗ってみたかったなぁ。

さて、いよいよ練習&予選です。

P1030048_s.JPG
私たちはB組だったので、A組が走っている間は待ち時間。早く走りたくってたまりませんでした♪


私たちはSG君、SN君、SM君、私の順に、練習走行を2回繰り返します。

練習走行最後の5分に予選タイムをとることになっていましたので、ここで成長率最強のSN君を送り込むことにしました。

練習走行では全員が初めてのコースを攻略するのに苦労していました。

P1030051_s.JPG
1コーナー入り口です。全開で飛び込んでいきます♪気持ち良い!!


私たちもなかなかタイムが伸びず、タイムアタック開始直前までにチーム内でベストを出したのは「私」という状況…。

しかしそこは伸び盛りの若手。

予定通りタイムアタックに送り込んだSN君がいきなりベストタイムを0.5秒前後短縮!

それもまだ予選タイムの計測開始前に。

勿体無い!

計測開始してから出してよ(笑。

しかしそんな心配はよそに、SN君はどんどんベストタイムを更新していきます♪

私たちは最下位覚悟でエントリーしていましたから(ゴメン…)、タイムを見に行ったメンバーがSN君のタイムチャートの位置を見失ってしまうほど。

下位のタイムばっかり見てたんです(笑。

最終的に参加42チーム中の12位を獲得してしまいました!!

P1030052_s.JPG
他のチームメンバーの方が、風で動くラップチャートを手で押さえてくれました。ありがとう♪


恐るべし、レンタルカーター。

SN君は今回も手ぶらに近い姿で、電車で現地に乗り込んで来ていましたからね(笑。

この結果、私たちは決勝レース前半組のフロントから3列目にグリッドを確保してしまいました♪

「凄いでしょ!」と自慢すべく?ネオスピードパークにUさんが電話したところ、「1位とったの?」と切り返されてしまいましたが(笑、それなりに喜んでもらえたと思います。

数ヶ月前に初めて走った人間も含め、シリーズ戦にも参加したことの無い素人集団。

唯一レンタルカートで9000人!?の頂点に立っているSG君以外は、そこらのレンタルカート・ファンと大差ないレベルだと思っていました。

それが全国の12位ですよ?

AZ山梨で4H耐久レースに出ても小学生、中学生に簡単に負けてしまった私たちが…(涙)。

AZ山梨は「ワールドクラスなんだね♪」と自分たちに言い聞かせ(笑、全日本クラスではまだまだ期待できるんだ…と感慨にふけってしまいました。

ビレル・パシフィックの手伝いもあるため、Uさんは今回は監督に専念。

一度もマシンに乗ることが出来ないため、体力を「もてあまし」て不完全燃焼です(笑。

食事に行ったあとは、プリンスホテルの露天風呂に浸かって…と思っていたメンバーを「強引に」引き連れて、プリンスホテルに併設されているボウリング場へ直行です。

P1030065_s.JPG
他のチームは平塚のレンタルカートで練習してたのに…私たちはボウリング?


「最下位2人はプリクラで恥ずかしい写真ね♪」という「罰ゲーム」ありきの3ゲームが始まりました。

ボウリングの優勝候補はもちろん言いだしっぺのU監督。

他の4人のドライバーはスコア90台が限界のメンバーばかり(笑。

やばい、やばすぎるぞ…。

私はこの年でプリクラで醜態を晒したくない!

この集中力のおかげでしょうか?

ベスト150台を出した私がなんと優勝…です。

恥ずかしい写真は、若手の理論派レーサーSM君、可愛い娘持ちの「秋ヶ瀬ナンバーワン」カーターSG君の二人に決定。

ここでもエースドライバーSN君は逃げ切りに成功してしまいました。

プリクラを撮り終え、温泉に浸かり…と、そこからが本気の若手ドライバー3人の本領発揮です。

あれ?私はどこ?

私の部屋に全員が集まり、デジスパイスで取得したデータをもとに、決勝に向けた改善案の分析が始まりました。

夜中の1時半過ぎまで、3人は凄い集中力です。

ノート・パソコン2台に3人が群がり(笑、かなり良い答えを得たようです。

実際にその結果は決勝の走りで見事に証明されるわけですが♪

ようやく眠らせてもらいましたが、朝の来るのが早いこと(笑。

朝起きると、私は激痛を頭に覚えました。

ツインリンクもてぎで味わったのとはまた少し違う、鈍いながらも強い偏頭痛です…。

やばいよぉ…。

プリンスホテルの豪勢な朝ごはんを食べてから、いよいよ決勝レースへと向かいます。

気温こそ前日より5度近く下がったものの、空は快晴(最初はちょっと雲もあったけど)。

最高のレース日和となりました。

コントロールタワー前でブリーフィング、全体の集合写真撮影を終え、出走準備に取り掛かります。

早朝の寒さもあり、多少の緊張感も加わって?少し硬い雰囲気もありましたが、皆元気に準備を進めます。

私は…。

もう、偏頭痛が酷くて朦朧状態です。

しかしそんなこと言ってる場合じゃありません。

レースがスタートしたらサインボード出し、ドライバー交代の手伝い、タイム計測、と、皆で手分けしながらバタバタと走り回ります。

出走順はSG君、SN君、SM君、私、を2回繰り返し、最後にSN君でゴールを切ることに。

P1030067_s.JPG
A組21台の中でフロント・ローから3列目!場違いじゃないか(笑?


スタート直後からSG君はトップグループに追従しつつセカンドグループのリーダーとして集団を率いて行きます。

本当に安心して見ていられました。

出走1回目の全員のタイムを見ると私以外は41秒台へ突入。

前日のクラッシュの様子を反映して、コースレイアウトが少し変更されていたものの、若手3人はあっという間にコースの感触を掴んでいきます。

一方、私は42秒代後半でタイムの伸びが止まってしまいました。

頭がボーっとしていたので、理由もあまり覚えていません。

理論派SM君は特に成長著しく、前夜のデジスパイスの分析結果を見事に走りに反映。

U監督のいたずらで、まだ出しても居ないタイムをサインボードに書き込んで示すと、そのラップで本当にそのタイムを出して帰ってくる♪

見ている私たちも面白くなって、出せっこないタイムまで出す始末(笑。

それにしても見事な走りでした。

SG君も流石の安定感。

タイムもSM君に負けていません。

SN君に至ってはさらにその上を行きます(笑。

しかもバトルを楽しみ始めた!

2回目の出走ではSM君の時間を延ばして私の時間を減らし、ポジションアップを狙います。

速いマシンに追われると、SM君はなぜかタイムが良くなります。

切羽詰ると頑張るタイプ?

仕事でも締め切り直前から本領発揮しているのでしょうか?

速い車に追われながら遅い車を抜いていく…という、一見トップを走っているかのような不思議な光景を私たちに堪能させてくれました(笑。

今度は、運よく私の出番でセーフティー・カーが登場。

ドライバー交替して私がピットロードを出て行くと、あれれ?ピットロード出口が封鎖されてる!

実は燃料補給せずに最後まで軽量状態で走ろうと目論んでいたチームが、計算ミスでガス欠したのです。

本来ならそのままコース脇に放置なのですが、ビレル側でも最初はガス欠だと断定できなかったため、セーフティーカーを入れてマシン回収を行ったわけです。

リスタートで早い組に追い抜かれたものの、セーフティー・カーの導入で、私の遅いラップタイムでの周回数を最小限に留められました。

そしていよいよSN君へバトンタッチ。

私は全くタイムアップしてあげられず、本当に申し訳なかったです。

しかしそこからのSN君はエンジョイ・レンタルカートです!

速いチームに挟まれても一歩も引きません。

最後のラップ、最終コーナーの少し手前まで、本当に元気に頑張ってくれました!

そしてお約束どおり、最後の最後でスピン(笑。

順位には影響しませんでしたが、しっかり私たちを笑わせてくれる見せ場も提供してくれました。

決勝A組6位スタート、12位ゴールと言う結果でレースを終えることが出来ました。

私は少しばかり悔やまれる結果となりましたが、成長著しい3人の走りを一緒に語り合い、目の当たりにさせて貰い、しかも一緒にレースを楽しみ、ゴールの興奮を堪能させてもらいました。

これ以上の贅沢は無いです♪

ネオスピードパークからも応援に来て頂いたり、今回参加していない私たちのチームメンバーも手伝いに来てくれたりと、すごく嬉しかった!

P1030070_s.JPG
私達のテントは最終コーナーの目の前♪激しい走りを目の当たりに出来ました。


正直なところ、A組、B組を合わせた総合結果はコンディションの違いもありますから、あまり興味は無くなっていました。

私たちとしては日本一決定戦A組12位が最終結果だと捉え、そのあとのB組のレースももう1つの日本一決定戦として観戦を楽しむことにしました。

自分たちのレースが終われば、お腹が空いて仕方ありません。

頭が痛くて気持ちが悪くなっているのに、お腹だけはしっかり空くもんです(笑。

午後のB組のレースも贅沢な3時間でした♪

最終コーナーの目の前に私たちのテントがあり、そこにキャンプチェアを並べてお昼ご飯を食べる。

暖かい日差しが顔を刺し、日焼けでひりひり。

新型ヤマハのレンタルカート用4ストエンジンの排気音を子守唄に、日差しの中でお昼寝♪

私は本当に寝てしまいました…。

B組の皆さん、ごめんなさい。

SM君が焼く「ししゃも」の香ばしい匂いで目が覚め、再び終盤のレースを観戦。

同じマシンでありながら、全く違うドライビングスタイルで、同じようなタイムを出しながら、随所でバトルしている様子に、レンタルカートの面白さを再発見しました。

こういうイベントが、僕が本当に目指しているモータースポーツ・ビジネスのスタイルの雛形なのかもしれない…。

とことん手軽な準備で、それでいて最高のドライビング・スキルを競い合っているエントラントたち。

もちろん、近所をジョギングするような手軽さよりはハードルは高いです。

でも、モータースポーツとしては破格の手軽さです。

ちょっとした荷物を持って電車に乗って来れば良いんです。

実際、レースにエントリーしていたチーム全てがレースウェアを着ているわけではありませんでした。

自分の身を守れる「常識ある最低限の服装」で現場に到着すれば、そのまま日本一を競い合うことが出来るレースでした。

もちろんお揃いのウェアを楽しんだり、僕らのようにお昼ご飯を楽しんだりするのも良いと思います。

プロのアナウンサーが四六時中レースを盛り上げてくれました。

それを聞いているだけでも楽しかった。

その中で「いつも○○○サーキットで遊んでいる□□□チーム…」と紹介していましたが、このセリフは非常に良い表現だと思います。

遊びだからこそマナーに気を配り、本気で上手くなろうとする。

もちろん、とことん楽しむ。

今回は3時間を一番速く走ることが目的のゲームでしたが、遊びだけに真剣そのものでした。

遊びの中からプロフェッショナルも生まれるし、あるいは、リフレッシュや生き甲斐といった効能も得られる。

「遊ぶ」というキーワードには可能性が無限にあると思います。

だからこそ、遊びのバリエーションをもっと増やしていくことで、レンタルカートの価値はさらに膨らんで行くかもしれないという期待を持つことが出来ました。

ビジネスとしてどのように提供して行けるかは判りませんが、いきなりそこに囚われるのではなく、自分たちが、そして仲間たちが純粋に楽しめる企画をどんどん考え実践して行って、大きく育てていくような取り組みを進めてみたいなと感じています。

帰路Uさんとも、来年早々からチーム内のイベントに力を入れなおそうと話しました。

そして、今回参加枠を与えてくれたネオスピードパークにも協力を仰いで、面白いレンタルカートの遊び方にチャレンジして行きたいと思っています。

帰宅後はさすがに偏頭痛に耐えかねて、夕食もとらずに床に就きました。

久々に泥のように眠ることができました♪

さあ、今日から活動再会です!

これからも宜しくお願いします♪



posted by papacchi at 22:11| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

モータースポーツ&電動レーシングカート 明日から「レンタルカート Birel N35 日本一決定戦 Champion of Champions in oiso Long Beach in Japan」に行ってきます!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今年の私のモータースポーツ・ビジネス活動の最大のイベントがやってきました。

いよいよ明日からレンタルカートの日本一決定戦です。

神奈川県の大磯ロングビーチ特設会場にて2日間の日程で耐久レースが行われます。

私も明日早朝から現地入り。

チーム監督は今日の朝からビレル・パシフィックの手伝いに出向いているはずです。

これまで「走り」以外の準備は順調に進んできました(笑。

Tシャツも完成、ステッカーも完成。

データ収集、分析のための準備もほぼOKでしょう。

インタビューに対するネタの仕込みも済みました(笑。

残るは「速く走る」を実践するだけ。

これが最大の課題であり、難所です。

結局、レンタルカートの走らせ方は掴みきれませんでした。

これからも、走りながら探っていくしかないでしょうね。

レースしながらスキルアップする。

ひとつのレンタルカートの楽しみ方なのかもしれません。

それも全国の猛者にもまれてですよ♪

これ以上のチャンスはそうそう得られないでしょう。

レースが出来るだけでも幸せです!

非常に楽しみにしています。

アマチュアが全国レベルでモータースポーツにチャレンジできる。

非常に勉強になるイベントだと思っています。

今後に向けて、僕自身のビジネス・モデル構築のためにもしっかり勉強してこようと思っています。

ここに至るまで協力してくださった多くの皆さんに少しでも応えられるよう、最善の努力をしてきます♪

では、行ってきます!




posted by papacchi at 19:36| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

モータースポーツ&電動レーシングカート レース小説&GALAPAGOS(ガラパゴス)


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


昨日の今日ですが、いよいよ契約書が到着しました♪

オファーを請けてからしばらく時間が経過しましたが、本当に作品が商品として世に出ることになりそうです。

もちろん契約書を交わしただけではまだ判りませんが、かなり高い確率で電子出版されることになるでしょう。

ここから先は出版社さんの範疇となります。

私も一読者として、出版を楽しみに待つ側になります。

取り急ぎ契約書にサインして返送しました。

書いてみたい作品は色々とあります。

が、本サイトで繰り返し記しているように、モータースポーツ・ビジネスにこだわって活動を続けたい。

そのため、当面はノベルについても「モータースポーツ」をテーマに採り入れた作品にこだわっていこうと考えています。

ただし…小説をそのままビジネスにしようという思いは無いです。

そんな文才無いですから(笑。

それよりも、自分の頭の中を整理して進んでいくために小説(ノベル)を活用していきたいと思っています。

だから、従来のレース小説とはどんどんかけ離れて行くでしょう。

さてさて、予定通り12/10からSHARPさんはGALAPAGOS(ガラパゴス)をリリース。

ニュースでも随分と話題になっていますね。

コンテンツ側の準備が追いつかないようで、先日も紹介したように出版社さんもてんてこ舞いの状況のようです。

今回の作品については、出版社さんとしてはGALAPAGOS(ガラパゴス)以外のメディアでもリリースすることを視野に入れているそうで、どのような環境で閲覧できるようになるのかはまだまだ未知数。

私自身も久しぶりに何度か読み直しましたが、どんなメディアで読むのが面白いかは正直判らないです。ただ、自分で書いたものだけに、そして顛末が判っているだけに(笑、コンテンツ(小説)そのものは読みやすいですね♪

自画自賛になってますが、もともと自分の夢を代理してもらい、自分を鼓舞したくて書いた作品。

正直それで満足してます。

僕と同じように、この小説を少しでも元気になる「きっかけ」として活かせる人が居てくれたら、それは贅沢ってもんです。

正式にリリースされたら、本サイトでもこの小説について紹介したいと思っています。

モータースポーツと関わりながら、モータースポーツが中心ではない、「人」が中心となった「元気になれる」ストーリー。

そういう世界を書いて行けたらいいな♪




posted by papacchi at 20:06| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

モータースポーツ&電動レーシングカート ノベル電子出版


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツをテーマにしたノベルの電子出版契約の話を以前紹介しました。

SHARPガラパゴス向けのコンテンツになります。

で、かれこれ一ヶ月弱が経過しつつありますが、契約書が届きません。

「あれ?ボツったかな?」

12月10日以降にリリースする計画で急いでいるとのことでしたし、契約書のすり合わせをした後も「少々お時間頂いてから…」本契約書を送付してくれると言ってたので。

とは言え、さすがに大手出版社ですから、何も言わずに一方的にボツにすることも無いだろうと思いつつ、「連絡貰ったのをこっちが失念したかも?」と遠まわしに問い合わせてみました。

すぐに回答を貰うことができ、期日に向けて「てんてこ舞い」だという事を教えてもらいました。

契約書も「近日中」に送ってくるそう。

少し表現が変わったので安心しました。

別に、これで稼ごう!という思いは強くないですが(って言うか、1人でも読んでくれる人が居るかすら怪しいから…ね)、せっかくのチャンスの顛末を見届けたい思いはあります。

また、既に送付してある2作目の展開や、これから書き出そうとしている3作目へのモチベーションへも影響しますし(笑。

でも忙しいところへ余計なメールを送って迷惑かけちゃったかな…。

モータースポーツを題材にしたノベルにこだわる。

これは当面のビジネス立ち上げに色んな意味で役立てたいから。

1つには自分の頭の中を整理するのに、私の代役達に仮想空間で体験して貰うことができます。

また1つには、リリースされればそういうモータースポーツの楽しみ方があるんだ…とPRするのに使えます。

もちろん、そのためには読んで貰えなければいけないけどね。

キャラクター達のイラストも少しずつ描き始めてます。

ブログ上で紹介したり、例のオリジナルTシャツなどで展開してみたり出来るかなぁと考えてみたりしてます。

1つのチャンスから、幾つもの枝葉に広げる。

そういう習慣を実践的に身に着けて行きたいと思ってます。




posted by papacchi at 19:20| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

モータースポーツ&電動レーシングカート 自己反省&メンタル・トレーニング


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


このブログを書いてて、時折「悪口」を書きそうになる。

加えて自己保身な表現を使うことが稀にある。

これは、仮に思っていても、絶対に口にしちゃいけないし、書いてもいけない。

相手のことを守るとかと言う以前に、あとで冷静になれば自分自身が卑しく感じられる。

自分はどれだけやり切ったの?

そもそも事態を収拾できないってことは、自分にも大いに責任があるんだと思う。

もちろん、車の貰い事故みたいな「不運」や、真の悪意による災いを受けてることだってあるかもしれない。

でも、それを振り返ってどうこう言ったって次の一歩にはならない。

今から次に向けてどうしようか?

常に建設的に、明るく考えようじゃない。

今日、この文章を書く前に、結構長文で悪口、不平不満、自分の凄さみたいなことを連綿と書き綴ってしまった。

少し間をおいて読み返したとき、本当に情けなくなったね♪

「小さいなぁ〜、俺」って。

そうしたら、いつもカッコいい事ばかり書いて無いか?って自分のこれまで全てを卑しく感じた。

違うよね。

今から具体的に何かアクションを起こすために、自分にハッパをかけて自分の頭を整理するために、そして、自分にとってプラスにするために書いてるんだよね。

平凡な毎日を過ごしていても、毎日必ず悲喜こもごもに巡り合う。

悲喜のどちらが印象深かったかで、その日の印象も変わってくる。

でもそれは自分がどう感じたか。

悲が占めた日でも、喜に気持ちが向いていれば、その日は喜の日。

自分次第ってこと。

気が付いたら、人に責任を押し付けようとしている自分に気付くこともある。

堂々と自分の非を認め、でも次にどうしようかと顔を上げられる自分でいたいと思う。

モータースポーツ・ビジネスを目指している人間が、モータースポーツの責任のとり方の基本中の基本を忘れてどうするの…。

クラッシュしても、自分の車を直す責任は自分にあるよね。

今日は自己反省の日。




posted by papacchi at 20:09| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

モータースポーツ&電動レーシングカート レンタルカート日本一決定戦 チームTシャツ完成!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最後の最後まで修正をかけて、ようやくチームウェア(Tシャツ)のデザインが完成。

メンバー分の発注が完了しました。

色はメンバー個々に選べるようにしています。

完成品はこちら。


朝から元気が出る「たまごかけご飯(TKG)」をテーマとしたキャラです♪


納期通り届けば(笑、今週末のレンタルカート日本一決定戦で着用します。

現地で「ああ、あのチームがそうか♪」と気付いて頂けると幸いです。

ただし、スピードには何の効果も発揮しませんので、順位、LAPタイム、等々には注目しないでね♪

われらがチーム監督Uさんは、ビレル・スタッフのお手伝いで各チームを回る様です。

その折には気軽に声など掛けてあげてください。

可愛いから子供用に使えるかなぁ…と思って頂けた、あなた♪

ぜひ1着、手に入れてみてください!…と言いたいんですが、Tシャツの素材や仕上がり等々、私たちも着るまでまだどの程度のものなのか判っていなくて…。

もしかしたら、「えー、この程度?」という結果になるかもしれません。

着用後のインプレッションなども、今後本サイトで紹介しようと思っていますので、それを見てのんびり考えてみてください。

まあ、他チームのウェアを着たいと思う方は居ないかな♪

個人的には「pamasondaut(パマサンドート)」というブランド名で、ファミリー向けウェアの試作・提供を継続してみたいと思っています。

家族で楽しむスポーツ・シーン向けというテーマで、モータースポーツに限定せず、家族お揃いで楽しめるウェアを楽しんで貰えたら良いなぁと感じています。

とりあえず我が家で試験しながら、形にして行きたいと思っていますので、もしリクエストなどあればぜひお声かけくださいね。

いずれはノベルのイメージを用いたTシャツなんかもリリースしてみたいなぁと考えてます。

自分で作るのが楽しいと思う方は、上記販売サイトにデザイナー登録してオリジナル・ウェアをどんどん生活の中に取り入れてみるのも良いかも知れませんね。

私と一緒に、オリジナル品を楽しんでみませんか?




posted by papacchi at 21:07| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

モータースポーツ&電動レーシングカート サーキットスタジアム ムサシ(634)視察


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


昨日は午前中から入間市の「サーキットスタジアム ムサシ(634)」へ行って来ました。

横浜の三井アウトレットパークには何度か遊びに行った事がありますが、入間の三井アウトレットパークへは初めて。

P1020979_mop.JPG
快晴!お昼ご飯食べすぎで苦しいです・・・




というか、埼玉県で遊ぶのも初めてかも(笑。

これを口実に、家族全員で出発です♪

で、さっそく渋滞にはまり、到着するまでに「3時間半」以上もかかるという大失態。

くたびれた・・・。

「特典があるらしいよ♪」との情報も貰ったので、前の日にmixiで「マイミク」登録して頂いておりました。

三井アウトレットパークのウェスト・ゲート側から出て行くと、道路の向こう側に「サーキットスタジアム ムサシ(634)」を発見。

P1020983_gaikan.JPG
気軽に入って行ける雰囲気を作ってくれています♪このコンセプトは良い!


綺麗です、お洒落です♪

インドアのレンタルカートですが、外からも覗けるようにシャッターが開けられていました。

排気ガス対策も兼ねてるのかも知れないけど。

中もとてもお洒落です。

待合室、ダーツゲーム、フードカウンターなどがまず眼に入ってきます。

P1020989_entrance.JPG
エントランス側を見るとこんな感じ。


P1020988_food.JPG
フードコートにはもう少ししたら凄いシェフが入るそうです♪


ウィンドーで区切られたコースサイドへ入っていくと受付カウンターが右側にあり、その奥にはレクチャー・スペース。

P1020990_circuit.JPG
さあ、ここから先がお楽しみの世界♪


入会の際に10分程度のビデオでルール説明を受け、そのあと展示してあるレンタルカートを使って追加説明を受けます。

入会するとフェイスマスク、軍手も貰えます。

P1020987_set.JPG
入会セット&特典&初走行の結果・・・


フェイスマスクは青(ターコイズ・ブルーかな?)で、お客さんたちは「ブルーマン」状態になってました(笑。

コース中央にはなんと「トヨタF1」がこっそり展示されていました。

マネージャーさんと話をさせて貰ったときに、あまり大っぴらにPRできないそうで、ここで言っちゃって良かったのかなぁ?

スタッフさんは明るく元気な女性ばかり。

こちらも話のテンポにテンションが上がってしまいます(笑。

とりあえず7分1回コースだけ1本走ってみましたが、独特のコースです。

P1020984_1corner.JPG
外から1コーナーを見学。ここが肝になるコーナーですね♪


自分で設定したタイムに到達するにはどのくらい時間かかるかなぁ。

雪道に慣れている私でも、リズムを掴むのには相当慣れが必要と感じました。

速い女性スタッフさんのタイムが29秒台。

私は32秒台ギリギリ切れず。

弱点がすぐ出てきます(笑。

でも、ステアリング、ブレーキ、スロットルのそれぞれのスキルの引き出しを増やすには、走り込むのに最適なサーキットだと思います。

速い女性スタッフさんとも話をさせてもらいましたが、「自分でも違和感があるくらい速いタイミングでコーナーリング作業を終えちゃわないと間に合わないです♪」と言ってました。

タイムを競わなくてもグループ同士で並んで走れる広さもあり、日頃楽しめないスリッピーな路面を堪能するだけでも価値ありです。

コース側の路面管理(グリップの安定化)は相当苦労しそうですね。

この辺りの運営をどうして行くのかには興味を持ちました。

キッズカートも用意はされていましたが、まだ走行させてないそうです。

ただ、キッズ用のコースも隣接する計画だそうで、子供達をスタッフに預けて親も走るって楽しみ方も提供して行きたいと言っていました。

新しい楽しみ方をどんどん取り入れていこうというチャレンジが随所に見られて、これからますます期待です♪

ガードレールのメンテやマシン管理などには男性スタッフも数名居られましたが、どの方も気さくに話掛けれる雰囲気が好感です。

年内有効の10%OFF券も4名分頂き、お話も沢山伺い、ひと汗かかせてもらい、一緒に連れて行った家族のために暖房まで入れて頂くなど、随分とお世話になってしまいました。

これからどんどん流行ってしまいそうなので、今のうちにどんどん行ってしまった方が何かと優遇してもらえそうですよ♪

これからデビューする皆さんにも、気持ちよくマナーを守って、目いっぱい楽しんで来て欲しいなぁと思います。

帰りに利用した、外環〜中央高速〜首都高で、横浜の自宅まで1時間でした。

多分このルートが便利でラクです♪

結局パパ一人だけ遊ばせて貰いましたが、久しぶりに家族でロングドライブを楽しんだ一日でした。

うちの近所にも出来ないかなぁ・・・って言うか、自分で作ろうと奔走してんだった(笑。




posted by papacchi at 12:55| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

モータースポーツ&電動レーシングカート デジスパイス&簡単なドライビング解析ソフト


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


デジスパイスでレンタルカートの走行データを取得するようになって、チーム・メンバーの走り方の癖やタイム差の原因が比較できるようになった。

他の速いチームのドライバーのデータはまだ得られていないけれど、数値化されたデータが揃って来るにしたがって、どんな違いがタイムに影響を与えるかくらいは「ぼんやりと」イメージ出来るようになっていると思う。

が、それをどうドライビングに反映させるか・・・。

この辺りがなかなかピンと来ない。

そもそもデジスパイスで得たデータの「違い」が持つ意味をどう理解するかが、まだ漠然としている。

ただ、数値データは揃い始めているのと、波形データの典型的な形や速い、遅いの差を生む波形の違いは読み取れるようになっているので、これを元に、簡単なシミュレーション・ツールを作ってみた。

ツールといってもおなじみのEXCELシートを使ったもので、計算モデルは時間、速度、加速度、距離の算出のみ。

ひとつのコーナーを直線状に展開して考えて、コーナーを通過するときのパラメータを独立して変化させられるようにしてある。

実際に計算してみると、デジスパイスで得られるデータの典型的な波形が得られる。

ここで、私が苦手としている低速コーナーを模擬した計算を、チームメンバーのデータと比較してみた。

「あるパラメーター」を変化させると、デジスパイスで得られている波形の差は、EXCELのシミュレーション結果でも同様の差として得られることが判った。

走っていても薄々感じていたことではあったが、これだけハッキリと結果が得られると、これをどのように実際のドライビングに反映させるかの方へ自信を持って頭を切り替えられる。

限られた実走行の時間内では、ドライビングを変えても、そこからハッキリと結果を出せるようになるには少しばかり時間が掛かる。

特にある程度LAPタイムが壁にぶつかったように安定している状況では、ドライビングをドラスティックに変えたつもりでも意外と変わってくれない事も多いからだ。

チャレンジした新しいドライビング方法の効果に疑念を持ちながら、違うドライビングを試す…そういうムダを結構やってしまう。

でもシミュレーション結果から、試してみる価値のある方法をある程度絞り込んでおくと、実際のドライビングでもその走り方の違いを試すことに集中できる。

もちろん、思い描いた走り方をすぐ実現できるか…?が次の問題となるが、集中的に的を絞れる点では効率が良い。

計算してみて幾つか面白い結論が得られたので、次に走るときには是非試してみようと思っている。

ちなみにシミュレーション結果からは、同じタイムで1つのコーナーをクリアする場合にも、面白い組み合わせ方のドライビング方法があることも判った。

この程度の簡単な計算でこれだけのことが判るようになったのも、デジスパイスで現状のデーターを把握できたことによる効果だと思う。

純粋なGPSロガーとして走行ラインを比較するのには、レンタルカートのサーキットは小さすぎる事も判って来ている。

が、速度分解能的には問題なく使えるのが良いね♪




posted by papacchi at 19:51| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

モータースポーツ&電動レーシングカート 自分に出来ることをする


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツ・ビジネスをやろうと考え始めた頃、何をしたら良いか全く見当がつかないまま、そのヒント探しにばかり時間を費やして来た。

色んな本を読んだり、話を聴いたりしたとき、「自分に出来ること」から始める例題を数多く目にしてきた。

でも、モータースポーツ・ビジネスに僕自身が出来ることをどう活かして行ったら良いのか?はとうとう見つけられなかった。

が、それが最近になって少し変わって来ている。

まだモータースポーツ・ビジネスが構築できたわけでもないし、その見通しがついた訳でもない。

でも、僕のスキルをどのようにしたら「モータスポーツ」に帰結するように活かせるか…が何となく「体」で理解出来るようになって来ている気がする。

スキルと言っても決して大したものではない。

というか、そういう「特定のスキル」を感じる必要も無い。

例えば誰もが使えるレベルで、エクセルで表計算する。

これも、レンタルカートのメンバー全員の走行結果を集計しやすくする「気遣い」を盛り込むだけで、「使ってみようか…」と思って貰えるツールになったりする。

基本はこんな発想で良いってことらしい。

それなら、僕が知っていること全てを気軽に活用できるじゃない。

本業で得たハイエンドなテクノロジーから、家族との会話の中で思いつきで口にするくだらない駄洒落まで。

なんでも、使える。

そして、使って、それを体感して、さらに使い方、使い道を見つけ出す…。

僕は自分で体感しないと、なかなか理解できないタイプ。

いつも通りだめもとで色々試し続けて行かなければいけないみたいです。

1000やって1つが使えれば御の字…の意識で継続して行こうと思います、ほんと。




posted by papacchi at 19:57| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。