レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年07月30日

モータースポーツ&電動レーシングカート 思いが大切

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


「そこまでやるのか!?」

このスタイルで進めると宣言したが、もうひとつ欠かせないものがある。

ディズニーが「白雪姫」を世に送り出そうとしたときに、世間は「ディズニーの道楽」と罵ったそうだ。

が、完成品を見ると、彼らはそれが間違った評価だということを理解した。

「白雪姫」はアニメーション作品である。

この作品は日本のアニメーション業界の創世記にも多大な影響を与えた。

多くの人は学生の頃に教科書やノートの片隅に単純な絵を描いて、簡単なアニメーションを作った経験があると思う。

アニメーション自体はいたって単純なアイデアだ。

そしてそのアイデアをディズニーは「そこまでやるのか!?」というレベルまで成長させて成功した。

が、その成功にはもう1つの大きな理由があった。

大人も子供も持っている、純粋な心に訴えかけたい。

ディズニーはそういう「思い」を持ち続けたそうだ。

私が次に見つけなければならないものは、この「思い」だと思う。




posted by papacchi at 19:14| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: The will is also important.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


"Did you do as much as that!?"

There is another indispensable one, though I was declared I will change my style such as above last day.

I hear that the people were abused as "Disney's Folly" while "Snow White" was in production.

However, it was understood that they had made a mistake after seeing the final product.

"Snow White" is an animation work of Disney.

This work had an influence large as for Genesis of the animation industry in Japan, too.

I think that a lot of people have experience of drawing a simple picture on the corner of the textbook or the note book and of making easy animation in the school days.

Animation is a very simple idea.

And, Disney had developed it such as "Did you do as much as that!?" and had succeeded in it.

However, another big reason for his success existed.

"I want to provide it pure mind which all the adult and the child are having forever.

I hear that Disney kept having such "Will".

And I think that the thing which I should find out next is this "Will".




posted by papacchi at 19:13| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

モータースポーツ&電動レーシングカート バカか気違いか!?


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ようやく1つ、中核となる自分のビジネススタイルを見つけた。

「そこまでやるか?」と呆れられても、1つの手法を愚直にそして徹底的に貫くのだ。

非常に単純で気に入った。

アイデアは既に誰かが思い付き、そして一度は実行されている。

だから、アイデアの良し悪しで勝負を挑んでも、勝ちを得ることは難しい。

それよりも、1つのアイデアを徹底的に使う。

このアイデアだと限界はこのくらいだろう...

その限界の壁をこつこつと打破するのだ。

今までしつこさが足りなかった。

僅かな結果が得られただけでそのアイデアをマスターしたと満足していた。

だが、世の中の成功例を眺めていると、奇抜なアイデアで成功している例はとても少ないように思う。

それよりも単純なアイデアを、想像を超えるレベルまで使い尽くしていると思う。

多くの成功例を見るたびに、「本当にそこまでやったのか!?」と思う。

これこそ、成功と失敗を分ける大きな理由だと思う。

こう考えると、今の私でもやれることは沢山ある。

久しぶりに胸がすっきりする解に出会えた気がする。

モータースポーツビジネスへの参入にも活かせるだろう。


話は変わるがもうひとつ私に言いたい。

とにかく毎日6時間は寝てくれ。




posted by papacchi at 19:15| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Are you foolish or mad!?


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


At last, I found one thing which will became the core of my business style.

It is that I carry out one thing too honestly and thoroughly till the last, being said "Did you do as much as that!?".

I just liked it which is very simply.

Lots of idea has been already hitted and had to been executed by anyone.

Therefore, it is difficult for me to obtain the win even if I found out some idea having high quality.

So I should use one idea thoroughly.

It is so bad, "I think this idea's limit is this level".

Just I do break the wall in the limit steadily.

My persistence was insufficient to get success up to now.

When only a little result was obtained, I always thought that I mastered the idea and was satisfied it soon.

However, when I looked at the success case in the world, I think it is very few case that someone succeeded with the original idea.

I think that they only use and carry out the well-known idea at the level of exceeding our imagination.

Actually I always think "Did they do as much as that!?", whenever I see a lot of success cases.

I think this is one of the big reason to divide their success and failure.

Well!

There are lots of things that even I can do now, when I think so.

I think that I can meet the solution after a long time such as feeling relieved.

It is likely to be able to make the best use of for the entry into the motor sports business, too.


By the way, I want to say another one to me now.

Anyway, please sleep six hours and more every day!




posted by papacchi at 19:11| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

モータースポーツ&電動レーシングカート WEB上のモータースポーツ・イベント

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今頃ではあるが、mixi、facebookにアカウント登録した。

最近、これらのサイトは思った以上にビジネス用途で有益だという意見を聞く機会があったためだ。

まだ登録して日記登録や呟きを数件書き込んだだけ。

また、友人探しなども全くしていない。

これからどう活用できそうか、少しずつ体感して行こうと思う。

facebookに登録して直ぐに気づいたのがイベント機能だ。

具体的に何が出来るのか判らないが、非常に興味を持った。

以前amebloで、一部の有志が企画してF1観戦時のウェアを見せ合うイベントを行っていたのを思い出した。

この企画はMAKOTOさんから教えてもらって知ったもの。

私自身は参加していないが、様子を見ていて面白いと思った。

facebookを見てから、このネットを介したイベントをより積極的に活かせないだろうかと考え始めている。

場所とツールを提供する立場で、ネット上のイベントを支援するスタイルを想定している。

具体的に何が出来るか、どのように成長させられるか判らない。

が、少し考えを整理してみようと思う。

多くのアイデアは既に世の中に転がっている。

それに気付けた時点で大きなチャンスに出会ったのだと思う。




posted by papacchi at 19:33| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Motor sports event on WEB.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


It's too late but I registered the account in mixi and facebook.

I obtained the chance to hear an opinion recently that these sites are profitable in business usage more than my thinking.

I only wrote this few days several diarys and mutters, because I had just registered it.

Moreover, I have not started the friend search, etc. yet.

What can I do on this, I will experience it little by little from now.

I have immediately noticed the event function when I registered in facebook.

Anyway I have interest in it very much, though I don't understand what I can do concretely with it.

It was recalled to me that the event to have been held at "ameblo".

It was planned by some user of "ameblo", because they wanted to show their wear for watching F1 at Suzuka circuit each other on their weblog site.

I knew the event from Mr. MAKOTO.

I thought it was so interesting, though I didn't entry it.

Now I begin to think about the event function, whether I can be made the best use it more positively on my server seeing the facebook.

I imagine it now from the viewpoint such as that I support the event on the web offering the place and the tool for user.

How should I develop it?

And what can I concretely do?

I have no idea still.

However, I will sort out my thoughts a little.

A lot of ideas have already lain in the world.

I think now that I met the big chance when I was able to noticed something.




posted by papacchi at 19:32| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート トラブルシュートを楽しむ

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最近自宅でちょっとした問題が起きた。

その時に思わず言ってしまった。

「俺の邪魔をしないでくれ!」

実際の表現はもっと穏やかだったが、言っている事には違いはない。

まるでサーキットでクリアラップを得られずに怒鳴っているのと同じだ。

が、レース中はどうだろう?

もちろん先頭を走り続けているのが一番楽しい。

が、パッシングすることも嫌いじゃない。

なのに、こんな腹の立て方をするとはどういうことだ?

そうだ。

自分の能力では抜けないことが痛いほど判っているのだ。

だから、自分に対して不満が募り、最後にそれを他人にぶつけてしまう。

全く大ばか者だ。

確かに自分が使える時間は毎日僅かしかない。

だが、トラブルは毎日起きるわけではない。

それに、トラブルはチャンスだと自分で言っていたではないか。

現に、今は先のトラブル解決で気づいたアイデアを活用できないだろうかと考え始めているくらいだ。

しかし、トラブルを報告されたときに、それを自然体で聞き入れられなかった。

この時点で多くの損をしている。

怒るべきときは怒り、喧嘩すべきときは喧嘩をすれば良い。

だが、その時を冷静に判断できなかった。

基本姿勢は「よく聞いて、よく考える」だ。

考えることは、今から何をするのが一番良いのかだ。

いつ怒り、いつ喧嘩すべきかを考えるのは最後の最後で良い。

トラブルからリカバリーするという成功体験を増やせるのだ。

問題発生、ウェルカムだ。

本業で一番得意としているスキルなのだから。




posted by papacchi at 19:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Enjoy the trouble shoot.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


A small problem occurred at home recently.

At that time, I have said instinctively.

"Don't prevent my way!"

Having said is not different, though my expression was calmer actualy.

It is the same as me shouting to other selfishly, when a clear lap is not obtained in the circuit.

However, what did I do while racing?

Of course, keeping running at the head is the happiest moment to me.

However, I do not hate passing other.

Nevertheless, why did I get angry in this way?

Well I know it.

Because I have already understood the reason feeling acutely that my ability is insufficient to pass others.

Therefore, dissatisfaction grew stronger to me, and it was thrown at others at the end.

I am an unutterable fool.

I certainly have only little time every day that I can spend freely.

However, the trouble doesn't occur every day.

And I want to ask me, "Did not you say that the trouble was a good chance for you?"

Actually, I begins to think whether the idea noticed by the trouble can be used as some solution for me.

To our regret, when I herd the fact of the trouble occuered, I couldn't get it accepted by the natural style.

At this point, I am losing many.

I think that I should be angry and to fight if it was necessary.

However, I was not able to judge calmly whether it was the time.

My basic stance is "Often hear it and often think it. "

I should think first what is the best thing that I could do now.

When should I be angry?

When should we fight?

Thinking about it is good at the very end.

It is worthy that I can increase the success experience of recovering from the various trouble.

The trouble occurs.

I am to welcome it.

Because I am skillful most in it in my main vocations.




posted by papacchi at 19:17| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

モータースポーツ&電動レーシングカート 我慢すべきコーナー

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ここ2週間ほど強い発作が続いている。

疲れも溜まっているかもしれない。

フラストレーションも溜まっているかもしれない。

その源になっているのは、いつまで立っても見通しを立てられない自分だと思う。

悪い循環に陥っているようだ。

これまではやれる事をどんどん進めてきた。

が、最近はやれそうな事の半分も実践出来ていない。

気力が続かない日が増えている。

これを行えば、高い確率で成功する。

そういう見通しが立たないと、腰が重くなってしまう。

悪い癖が出てきた。

目指しているのは逆なのだが。

長年の習慣が骨の髄まで染み込んでいるようだ。

当面のマイルストーンは二つ。

モータースポーツとの接点を探す。

ネットビジネスで試行錯誤を繰り返す。

目標は随分明確になっている。

もちろん、二つとも他者を巻き込める言葉には熟成できていない。

が、自分にはぼんやりと何かが見えている。

よく見える所までもっと近づけば良い。

それも真っ直ぐに。

それなのに、この倦怠感は何なのだろう?

夏の暑さだけが理由では無いと思う。

ここが1つの踏ん張り所のような気がする。




posted by papacchi at 19:44| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: The corner where I should endure now.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


A strong fit continues to me these about two weeks.

Tiredness might collected, too.

The frustration might collected, too.

I think that the source is myself because the prospect of establishment is not yet set up.

It seems to me fall into a bad circulation.

The thing of my establishment preparation that can be done has been advanced fast up to now.

However, the half of the thing that seems to be able to be done is not executed recently.

The day when my energy doesn't continue has increased.

It succeeds in short odds if this is done.

It becomes impossible for me to execute many because such a prospect doesn't stand.

My bad habit has come out.

Though it is opposite that I am aiming...

My protracted custom seems to soak to the core.

My present milestone is only two.

Looking for the point of contact with motor sports.

Repeating the trial and error by the WEB business.

The target is fairly clear.

Of course it is insufficient that the two milestones above can be understood by others.

But I could dimly see something now.

I only have to approach the place where it can be seen well more.

Anyway, I only have to advance straight.

Well, what is this worthlessness feeling?

I do not think that the heat of summer is just the reason.

It is time when I should work hard.




posted by papacchi at 19:42| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート レンタカーと時間貸しのビジネスモデル

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今まで考えたことも無かったし、気づく機会も無かったが、たまたまレンタカービジネスの収益モデルの一端を知った。

これが収益のどの程度の割合を示すのかは判らないが、比較的安定した収益を期待できるように感じる。

何かというと、ディーラーや保険会社との「代車」提供契約。

個人向けレンタルと異なり、ディーラーや保険会社の場合は車検時や修理時に顧客に対して迅速に「代車」を提供しなければならないケースが多い。

そしてその場合、比較的コンスタントに一定台数のレンタル機会を見込める。

BtoBの長期契約を交わせた場合、安定してレンタル機会を得ることが出来るようになる。

この場合広告費などの費用を抑える効果も生むだろう。

レンタル費用も比較的高く設定できるだろう。

特に保険会社との契約の場合は、ディーラーとの契約に比べて、格段に高くレンタル費用を設定することも可能だと思う。

レンタル費用を負うのは自動車事故を発生させた加害者であり、様々な側面で文句を付け難い状況にあると言えそうだ。

結果的に、被害者、保険会社、レンタル会社の3者間でWIN−WIN−WINの関係が成り立つ。

比較的高収益で安定感がある仕組みになっていそうだと知り、非常に勉強になった。
もう1つの時間貸しビジネス。

何を貸すのか?だが、メールアドレスだった。

無料で10分だけメールアドレスを提供すると言う。

用途は様々だが、広告資料等を取得する等の際に使われるケースが多いだろう。

恒久的なメールアドレスが企業側に登録されると、広告メールや場合によっては迷惑メールが津波のように送りつけられることがある。

これを知っているユーザーが、必要最低限の情報交換を行いたいときに活用できるサービスだと思う。

このサービスは、提供者側にとっても大きなメリットがある。

大きなシステムを持つ必要がないということだ。

10分で顧客に対するリソース提供義務が失効するので、常に小さな容量を多くの顧客が入れ替わり立ち代りで利用できてしまう。

私の現状のサーバーシステムでは、こういった発想のサービス提供がマッチしているかもしれない。

これも今まで思いつきもしなかった発想だ。

多くの先駆者の知恵を拝借する。

まだまだ学べるノウハウは沢山あるようだ。

そして、お宝を見つけるのと同じ楽しさを感じた。




posted by papacchi at 23:07| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Business model of the rent-a-car and the timesharing.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


I have not thought about it up to now and have no chance to notice it.

I learnt one of the earnings models of the rent-a-car business this time.

I do not understand how mach this earnings occupies the ratio in this business model.

However, I think that it becomes a comparatively steady earnings.

It is a rent-a-car offer contract that the car-rental agent makes for the dealer and the insurance company.

It is called "Daisha" in Japanese.

The dealer and the insurance company should often offer "Daisya" to the customer promptly.

For instance, it is time of the breakdown of the car due to the accident and the time of a car check system of Japan.

And in that case, the rental chance of the constant number can be expected.

When a long-term contract of BtoB can be exchanged, it comes to be able to obtain a steady rental chance.

In this case, the effect of suppressing the cost of advertising expenses etc. is achieved.

They will be able to set the rental cost comparatively high.

Especially, when they contract to the insurance company, it may be also possible that they set the rental cost greatly high.

The rental cost is owed by the assailant who causes the car accident.

They are in the situation in which they cannot complain in various respects.

As a result, a happy relation is approved among three of the the victim, the insurance company, and car-rental agents.

I think that this is a mechanism which can gain high earnings with stability.

I obtained some good wisdom from it fact.

It is the timesharing business that I learnt another one.

The thing lent by the time share is the mail address.

The business offers the mail address only for ten minutes free of charge.

Though the usage is various, when you acquire advertising letter it will be often used.

When your permanent mail address is recorded by the enterprise, they occasionally send a large amount of advertising mails and spam mails as your sense.

Then, when you want to exchange necessary minimum information, you can use this service.

This service has a big advantage for the donor side.

They need not have a big system.

Because the resource offer obligation to the customer will lapse in ten minutes, the donor only has to be able to serve small capacity to a lot of customers.

My current server system might be matched with the service such a conception.

This is a conception that I have not hit on up to now, too.

Borrowing a lot of wisdoms of the pioneer becomes a big property.

There must be a lot of knowhows that I can learn.

And, I think that it is happy to find wisdom as well as to find the treasure.




posted by papacchi at 23:06| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

モータースポーツ&電動レーシングカート 当然かつ重大な警告


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


自分のコアコンピタンスとは何か?

この問いに答えることは容易ではない。

自らを客観的に観察できなければならない。

社会は常に進歩し、自分も成長あるいは変化を続けている。

ライバルを発見することも簡単なことではない。

定量的にライバルの能力を推測して自分のレベルと比較できなければならない。

漠然と記したが、これらを具体的な事項に分解して整理する必要がある。

ここまで数行書き続けただけで、気が遠くなってくる。

直感的に自分の有意性を見出せているなら、少しは自分が進むべき道を定め易い。

が、今の私は直感も働かないほど頭の中が発散している。

私が今できることはWEBビジネスしかない。

そこまでは絞り込んだ。

が、そこから先のシナリオが描けない。

具体的な成功体験があまりにも少ない。

そのために、経験的な見通しが立てられない。

コアコンピタンスを見出す以前に、まだまだ闇雲に多くを体験する必要がある。

ここしばらく、「とにかくやってみよう」のチャレンジが激減している。

由々しき問題だ。

頭でっかちな、無駄な思考ばかりを繰り返している。

いよいよ、WEB上で自由に使える自分専用の土地と最低限のインフラが用意できた。

ともすると、この時点で何かを成し遂げたような錯覚を覚えてしまう。

しかし、まだ何も始まってはいない。

これからショーが始まるのだ。

迷ったら直ぐ何かを実行すべきだ。

答えは自ずと得られる。

何でも良いんだ。

空を仰いで呆然としていてはいけない。

今の自分に警告したい。

なりふり構わず、常に今を突破しろ。




posted by papacchi at 19:32| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Natural & important warning.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


What is my core competence?

It is not easy to answer this question.

I should be able to observe oneself objectively.

The society is always advancing.

I also grow up and someting from everyday life keeps also changing me.

It is not easy to discover the rival either.

Rival's ability should be able to be guessed quantitatively, and it is necessary to compare my level with it.

It is necessary to resolve these to a concrete matter and to arrange it by myself, though I vaguely described.

I have already fainted though I write several lines here.

It is easy for me to decide the right street a little if my significance can be intuitively found.

However, it confuses in my head now until intuition doesn't work either.

My being able to do now is only WEB business.

I narrowed it there.

However, the previous scenario cannot be drawn.

A concrete success experience is too little in me.

Therefore, I cannot foresee ahead experiencing.

I should still experience many before I can find out my core competence.

My challenge of "Anyway, let's try" has decreased sharply now.

It is a serious problem.

I am always repeating a thinking of useless idea without flexibility.

At last, I prepared my infrastructure that was able to be used freely on WEB.

And I fall into the mistake that I has already accomplished something sometimes.

However, anything has not started yet.

Hereafter, the show will start.

It is necessary to execute something soon when I hesitate.

The answer will be naturally obtained.

Anything is good you should do.

There is no time in dumb looking up at the sky.

I want to warn myself.

Always exceed now of me.




posted by papacchi at 19:31| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

モータースポーツ&電動レーシングカート happy結婚記念日


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今日は結婚記念日。

なんと15回目です。

何かお祝いしなければいけないなぁ・・・と思っていたのですが、とうとう当日を迎えてしまいました。

こういうイベントごとはきっちりやらないとダメです。

大反省。

これまでも、ほとんど何もして来ませんでした。

近日中に何か具体的に計画を実行しようと思います。

ただ、何もプレゼントしてあげられそうに無いので申し訳ないと思います。

いつまでも苦労ばかりかけている場合ではありませんね。

早く自立しなければ。

単なる偶然ですが、昨晩、実の弟から結婚する予定との電話を貰いました。

おめでたい話です。

最近は両親に良い話題を提供出来ませんでしたからね。

8月、9月と私の奥様、娘、息子の誕生日も続きます。

イベント盛りだくさん。

明るい話題が多いシーズンなので、エンジョイしようと思います。

もちろんやるべきミッションも並行してしっかりクリアして行こうと思います。

PORSCHE計画もモータースポーツビジネスもまだまだ遠くにしか見えていませんからね。




posted by papacchi at 20:11| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Wedding anniversary.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


It is my wedding anniversary today.

When I notice, it is already the 15th.

I thought that I had to put gratitude in my wife and to congratulate it.

However, I have faced that day without doing anything.

If such an event is not firmly done, it is not good.

I am reflecting greatly.

Up to now, I have hardly done anything.

I will execute something a concrete plan in a few days.

However, it feels so sorry because I think that I cannot present anything to my wife.

I must not put the hardship on her indefinitely.

I should become independent early.

I got a telephone call last night that my true younger brother will marry, though a mere coincidence.

It is an auspicious information.

I was not able to offer good news for parents of late.

Moreover, my madam's, daughter's and son's birthdays continue in August and September.

Plenty events will come soon.

Because it is a season with a lot of bright topics, I will enjoy it.

Of course, I will firmly achieve the mission going side by side, too.

Because I still see the PORSCHE project and the motor sports business project only far away.




posted by papacchi at 20:10| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モータースポーツ&電動レーシングカート 夏休みとE90

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


何だかんだと言っても、E90が我が家へやって来たわけです。

少しは面白さを探してみたいというのが本音。

納車されたあと、一人で近所にある大きな公園の周回道路へ出かけ、軽くインプレッションしてみました。

一人で乗っている程度であれば、ブレーキはまあ余力があるかな。

100km/hくらいからのフルブレーキでも安定していました。

さすがにタイヤは鳴いてましたが。

ABSのレスポンスの悪さが逆に気に入りました。

フルブレーキングしてもABSが動作しない。

一瞬だけ蹴飛ばす程度だしね。

本来なら欠陥なのかもしれませんが、制動距離が伸びるABSが作動しないのは、操作性の面で安心感があります。

一方、加速はどうか?

最悪です。

全然加速しません。

これはちょっと辛いなぁ。

道が少し混雑していたのでコーナーリングの感触はあまり確かめられませんでしたが、フロントアウト側の剛性は良さそう。

これは多分ランフラットタイヤの感触そのものなのかもしれません。

家族全員を乗せたらさすがにタイヤが鳴るかも知れません。

ドリフト?

さすがに試す所が無いですね。

E39もそうでしたが、かなり無理しないとオーバーステアにはならない。

さすがにE90は軽いので、ダートや雪道なら結構遊べそうですが。

いずれにしても、E90の軽さと非力さは充分理解できました。

安全運転に徹して楽しむしか無さそうです。

さて、子供達は明後日から夏休み。

「何かしたいこと無いの?」と聞いても、何も返事はありません。

諦めてるのか、興味が無いのか。

まだ親が彼らの目の前に新しいものをぶら下げてやる必要があるのかもしれません。

少し強制的に何処かへ連れ出してみようと思います。

レンタルカートにでも「乗りたい」って言ってくれると可愛いんだけどなぁ。

まあ、僕が乗りたいだけだけど。

たまには一緒に絵を描こうかな。

その前にPORSCHE計画もあったな。




posted by papacchi at 00:25| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: Summer vacation and BMW E90.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


Anyway, E90 came to my home.

Anyway, E90 became our family's member.

Then, I want to look for the interest of it a little.

After E90 was delivered to my home, I went out to the surroundings road of a big park that existed in the vicinity in my home and tested a high-speed drive a little.

Because I had gotten on alone, the brake still had enough margin.

The behavior of E90 was steady though I fully braked it from 100 km/h.

The squeal noise sounded from the tire indeed.

I noticed the bad response of ABS, and liked it oppositely.

ABS doesn't operate even if I brakes it rapidly.

Certainly I am kicking it away just momentarily.

It might be normally a defect.

However, ABS extends the slip distance.

If this doesn't operate, I can enjoy the security by controlling.

On the other hand, how about acceleration?

It is the worst.

It doesn't accelerate at all.

This is painful for me.

The tire rigidity outside of forward seems to be good to me, though I could not confirmed the behavior of E90 under turnning in corners because the road was crowded a little.

Because the run flat tire was installed, I might have felt it so.

The tire might scream indeed if we all families have gotten on.

Drift?

There is indeed no place where it can be tested.

If a considerably impossible operation is not given, it doesn't become oversteering though E39 was also so.

However, I might be able to play enough on the dart and the snow road because E90 is light.

Anyway, I understood lightness and incompetent of E90 enough.

There seems to be only enjoying the safe driving.

Well, our children will enter summer vacation from the day after tomorrow.

Even if I hear, "Isn't there wanting to do something?", any answer cannot be received from them.

Do they give anything up?

Or, do they want not to do anything?

We parents might have still to hang the new something on their presence for a while.

I will compulsorily take them out somewhere only a little.

If they said "I want to drive the rental go-kart", I will feel that they are so lovely.

I just want to get it on.

I might occasionally draw the picture with children.

I recalled that the PORSCHE project still remained ahead of that.




posted by papacchi at 00:24| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート BMW E39からE90へ

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 我が家の愛車が今日からBMW E39からE90へと変わりました。

 F10も当然候補として検討しました。

 正直に言って、今回は悩みました。

 E39を非常に気に入っていたこともあり、新車に買い換える話題は避けていました。

 10年も使っていましたが、3万km程度しか走っていません。

 気持ちの上では、まだ平気だろうというのが本音でした。

 が、ずいぶん衝突されましたからねぇ。

 基本的にファミリーユースですから、ゆとりのあるセダンが第1候補です。

 まあ、セダンでなければいけないという理由は無いんでしょうが、この点は好みの問題です。

 あまり深く考えず、5シリーズを候補にしようと思っていたのですが、F10を見てちょっと愕然としました。

 あまりにも電子制御化されすぎています。

 大きな決断のポイントはサイドブレーキでした。

 これまで7シリーズではなく5シリーズに留まっていた大きな理由が、このサイドブレーキです。

 手動操作出来るアナログなサイドブレーキが備わっているのは5シリーズ以下でした。

 E39を選択した大きな理由の一つでした。

 最後の最後に、このサイドブレーキに助けてもらった経験が何度かあります。

 今回は・・・。

 5シリーズからもアナログなサイドブレーキが無くなってしまいました。

 他にもいろいろと理由はありましたが、結果的にE90を我が家に迎え入れることにしました。

e90.jpg
BMW E90ですか? こりゃ驚き!(クリックすると記事へ)


 乗ってみて・・・ですが、パワー不足と振動・騒音が目立ってしまいますね。

 国産のセダンと違って、運転時の一体感は非常に満足できるレベルです。

 独身の頃に元気に乗っていたクルマを思い出しました。

 言い方を変えれば、大人のスポーツカーの印象は無いですね。

 これからはE90に活躍してもらうことになりますが、次のクルマ選びでは今回以上に苦労しそうだと頭を抱えています。

 今からさっそく次のクルマを探し始めようとまで考えています。

 足に馴染んだスニーカーのようなクルマが好きです。

 その極論がレーシングマシンだったのですが、公道でスニーカーになってくれるクルマを探すのは本当に難しいです。

 それにしても狭くなった・・・。




posted by papacchi at 23:06| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electric racing kart: BMW, From E39 to E90.


Motor sports "NEXT STAGE" >> Top page


The own car of my home changed from BMW E39 to E90.

Naturally, F10 was examined as a candidate.

To tell the truth, I worried this time.

Because I had liked E39 very much, the topic that invested in a new car was avoided.

It runs only about 30,000km though it had been used for as many as ten years.

I thought it might still be safe.

However, it frequently collided.

Because it is used for family event basically, the sedan with composure is the first candidate.

Of course, it is my only favor though there is no reason why it should be a sedan.

I was going to make BMW 5 series a candidate without thinking too much deeply at the beginning.

But when I saw BMW F10, I kept aghast.

Electrically controlled system is adopted too much.

The point of a big decision was a parking brake.

A big reason why I had chosen not seven series but five series up to now is this parking brake.

It was below 5 series to equip the analog parking brake that was able to be operated by hand power.

It was one of the big reasons when I selected E39.

There are several-time experiences that this parking brake helped me at the very end.

And, this time.

An analog parking brake has disappeared from new 5 series.

After all, I decided to embrace E90 in my home though a lot of other reasons existed.

e90.jpg
BMW E90!? This is surprised!


Power shortage and the vibration and the noise stand out, though I understood when I getting on it this time.

The oneness when driving is finish a very satisfactory level, unlike the sedan made in Japan

I recalled the car that I had energetically gotten on at the single me.

If I do another expression, there is no impression of an adult sports car.

This E90 will be taken an active part at our family's event from now.

However, I will have a hard time more than this time when I choose the following car.

I am worried about it from now.

I also think that I should begin to look for the following car now.

I like car like the sneaker that becomes familiar with the foot.

One of the extreme answers was the driving racing machine.

However, it is really difficult to look for the car that becomes my sneaker in the public thoroughfare.

However, I feel that it is narrow in the car of E90 compared with E39.




posted by papacchi at 22:59| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。