レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年04月28日

モータースポーツ&電動レーシングカート 資金集めの基本中の基本

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


貯金始めました。

3年前にブログをはじめたときに思い描いたのは、「自分の小遣いは自分で稼ぐ」という目標でした。

具体的数値目標にはまったく届かないものの、今やっているサーバー運営などはアフィリエイト収益を投じて実現したものの一つです。

最近は現金化できるようになりましたが、これまで楽天市場ではポイント成果しか得られませんでした。

でも、年間20〜30万以上の収益は意外と馬鹿にならないことも実感できました。

基本的に、毎日1時間程度記事を書き続けるだけです。

もちろん最初のころはSEOの本を買い漁って、何をどうしたら…という勉強はずいぶんやりました。

でも、それらのコストを差っ引いても、家計からの出費は電気代と通信費のみ。

それ以外は本業以外の「ビジネス」から自力で稼ぎ出して支出に当てることが出来る様になりました。

ふと思ったのは、支出より収入を増やし、貯蓄を増やすと、いざというときに「お金」で諦めずに済むという現実です。

今までは、あれば使い切るようなお小遣いの使い方になっていました。

お小遣いといっても、交通費、タバコ代、書籍代、工作用の材料費程度を貰っていただけで、あとは奥様の計画に任せていました。

だから、僅かなお小遣いくらい…と、使い切ることに何の躊躇いも持つことはありませんでした。

が、アフィリエイトで感じたこと。

1円を稼ぐことがいかに大変か。

本業では、はっきり言って、毎日通勤するだけで平均的なサラリーを大幅に上回るお給料は頂いています。

ですが、自分ひとりで何とかしようとすると、まったくお話にならない。

これが実力だと悟りましたね。

本業で偉そうなこと、知ったようなことを毎日論じていても、一人じゃ何にも出来ない。

もし、「明日から来なくていいよ」と言われたら、正直お手上げです。

もともとビジネスを学び、実践し、起業に結び付けようと思ったのは、本業に100%依存の生活は危なっかしいと感じていたからです。

そして、本当にやりたい仕事を思いっきりやりたいと思ったから。

でも、そこには矛盾がありました。

 「面白いこと=安心して生活できること」

とは限らないということです。

アフィリエイト収益も、実は稼ぐとすぐ使ってしまっていました。

今頃気付いたのは子供以下ですが…。

貯めなきゃ大きなことはできない。

で、アフィリエイトと、お小遣いは、使い道を考えるのではなく、先にどれだけ貯めて膨らませられるかに楽しみを持とうと。

試作開発、起業に必要な金額もおおよそ見積もっています。

だったら、それをさっさと貯めちゃうのが先でしょ?と。

お小遣いを削ってまで貯金しようと思ったのは、実は生まれて初めてのこと。

でも、先週末に初めて必死で残したお小遣いを振込みに行ったとき、とても嬉しくなっちゃいました。

妙な達成感、ありますよね。

っていうことで、PORSCHE計画は、こんな地道な活動も巻き込んで展開しています。



posted by papacchi at 21:09| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート 場の提供 ハブ化サイト

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


WEBサービスのキャッシュポイントは悩みどころの一つです。

ブログを書いて、「これ良いよ!」なんて紹介して、そこで買ってもらうことが出来るケースはほとんど無いです。

私の営業能力が低い事が原因なんでしょう。

30日有効のcookieを利用した楽天市場のアフィリエイトでは年間売り上げは3000万円以上。

基本的に収益は1%となっていて魅力を感じない人も多いようですが、売り上げ実績で10%になるショップもあったりと、コンスタントに売り上げに貢献すると意外な成果に結びつきます。

一方、クリック即購入のアフィリエイトではほとんど収益を得られていません。

いかに「狙った」商品を売り込むことが難しいかはこの3年近くで痛いほど学びました。

もちろんクリック即購入のアフィリエイトでは利益率が一桁違ってきます。

一つ売れるだけで30000円とか。

これが安定的に続けば良いのに…と色々試しても見ました。

結果的には、「私の営業能力」ではまだ打開策が見出せていません。

ただキャッシュポイントはイメージしやすいので、ずいぶん勉強にはなっています。

今回展開しようとしているWEBサービスは「場の提供」を主力としています。

こちらもますますキャッシュポイントの設定が難しくなると思います。

なぜ「場の提供」に乗り出したか?

それは中国やドバイの発展ビジョンを参考にしているからです。

もちろんその具体例はyahoo!、google、楽天市場そのものなんですが。

「ハブ」を作り、人の出入りの増強に力を入れることで、これまでとは異なる展開が期待できないだろうか?

そんな思いではじめました。

もちろん「コンテンツ提供」を主体としたサイト運営もこれからリビジョンしつつ、さらに補強して行こうと思っています。

どちらも今後どのように進展あるいは衰退して行くか、まったく見通しは立っていません。

ただ、「とにかくやってみよう」がすぐ実現できる唯一のフィールドでもある以上、これを有効に活かすしか今は手立ては無いと覚悟を決めています。



posted by papacchi at 21:36| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

モータースポーツ&電動レーシングカート スピード命?単なるせっかち?

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


新しいサーバーを使って、新しいWEBサービスの提供を始める準備に取り掛かっています。

これまでほとんど扱ってこなかったperlやPHP、SQLなどにも手を掛けることになるため、「やりたい」単一機能を一つ一つ作り上げながらサービスサイトにリンクする手順で進めようと思っています。

そもそも一朝一夕では仕上げられっこないですし。

「綺麗なサイト」を作るのはなかなか手が回らないので、「なるほど」と思える機能を実現するほうに注力しながら、サイトを構築していくつもりです。

今回は「場の提供」を目指したウェブサービスを主力にします。

これまではコンテンツ提供しかやってこなかったので、一歩前進したいと思っていました。

それと今回ぜひ実現してみたいと思っているのが「モータースポーツ」関連のWEBサービスです。

何が出来るかまだ思い付いてはいない…(やってみたいことはあるんだけど、かなり大掛かりなので、どこから手をつけたら良いのか…)ので、こちらも最初は単機能を追加していく手順で進めてみようと思います。

元手をかけずに物を作ることが出来る点で、WEBは本当に有効なツールになってくれます。

思いついたら即実行。

せっかちな私にとっては、スピードの点でも魅力があります。

電動レーシングカートの試作再開を一日でも早く実現するためにも、WEBサービスによる収益実現を加速する事がとりあえず今出来る事かなぁ…。

他にも無いのか、必死で探してますけどね。



posted by papacchi at 19:20| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モータースポーツ&電動レーシングカート 寝すぎました

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ここのところ、週末は12時間睡眠が続いています。

この歳になって、やけに睡眠時間が延びました・・・?

まずいんだよなぁ・・・、予定が大幅に狂っちゃうし。

家族は心配して、寝かして置いてくれてるらしくって。

まあ、ありがたいんだけど。

金曜までかなり無茶してサーバーの土台を完成させていたので、昨日、今日と、ちょっとした仕掛け(WEBサービス)の検討をしてました。

プログラミングは出来そうですが、サイト訪問者の皆さんに魅力あるサービスになるか、少し冷静に見直そうと思います。

アイデアグッズの方は完璧にストップ状態。

ましてや電動レーシングカートもどこの棚に上げてしまったやら・・・。

金なし、知恵なし、根性無しの倒産寸前社長は、目先の収益稼ぎに必死で・・・そのわりにパソコンだけでどうにかしようと肝っ玉まで縮んでいます。

本当にまずいよなぁ、こんな取り組み方だと。

手を付けたものは少しずつでも前進させる。

これは僕に課したルールです。

自分との約束を破ってるようじゃ、よそ様からの信頼なんて得られないっちゅーの!

反省しきりです。

いまから、気持ちを再々再々再々・・・度、入れ替えます!



posted by papacchi at 00:10| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

モータースポーツ&電動レーシングカート EVでドラッグレース とにかくやってみよう!が大きく化ける

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


土台としてのサーバーがようやく組みあがりました。

まあ、本当に土台でして(笑。

フロントページも含めて、これからディレクトリ構造などを見直す必要はあります。

またもちろん、不具合が残っている機能も少しあります。

これについてはここ数日で修正しちゃいます。

昨年挫折したPHPベースのツールも早速試作、テスト。

思った以上に使えそうです♪

使えたときは嬉しかったですねぇ。

早速コンテンツ制作に取り掛かっていく予定です。

もちろんやる以上、ここまで到達するつもりではいましたが、本当に到達できたのはやっぱり嬉しいです。

専門の方から見たら別にどうってことのない作業でしょうけどね。

今日はちょっと別のウェブサービスを思いついたので、こちらはWindowsベースでアプリケーションを作る予定。

一週間くらいで効果が見えると思っていますが、まあそんなに期待できる成果は得られないかも。

とにかくやってみよう!の姿勢で取り組んでみます。


さてさて、昨年末からモーターシステム関連でお世話になっているメーカーさんから、6月某所の大きなイベントで電動2輪を国内リリースするとの情報を頂きました。

電動2輪では他にホンダ、ヤマハの2社が参加するそうです。

この2社を相手取って、試乗車をたっぷり用意してPRするとか。

それもラインナップの全てと、次世代のプロトタイプ(もちろんこれも試乗できるそうです)を全て持ち込むそうです。

ちなみにプロトタイプを見たら、びっくりすると思います。

いや、ラインナップを見るだけでもびっくりすると思います。

とにかく、こんなものまで具現化したんだ!と思わせる、オリジナリティ溢れるものばかりですから。

実物での比較ですから、ホンダ、ヤマハの印象次第では、もの凄いインパクトを与えることになるかもしれません。

このメーカーさんも、とにかくやってみよう!の大師匠です。

巨大企業に従業員数人のメーカーが真っ向勝負を仕掛ける実例を目の当たりにさせてくれています。


もひとつ。

会社に届いていた広告雑誌に目を通していたら、米国電動ドラッグカーレースの話題が記事として取り上げられていました。

全米会員100名程度の団体が開催しているイベントだそう。

2000A、0.5MW?

とんでもないマシンが次々と登場する。

エンジンのドラッグカーを軒並み打ち負かしてしまうそうです。

ベース車両としたサバンナRX−7(なつかしー♪)をスタートダッシュでウィリーさせてしまう、とんでもないパワートレインを作ったエントラントまでいるそう。

なるほど!7〜10秒前後のレースなら、EVはうってつけです。

やはりこちらも、とにかくやってみようの世界です。


負けてられません!



posted by papacchi at 22:55| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

モータースポーツ&電動レーシングカート 電動レーシングカートのビジネスモデル 久々

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ピーキーでナーバスな車両ほど腕の差が出易い。

全てがすべて・・・とは思ってないんですが、たまたま思い出したモノがありまして。

もう15年以上前になるかなぁ。

相模湖ピクニックランドにあった「スキッドカート」を1度だけ経験したことがある。

一度しか行ったことが無いので、今もあるのかどうか判らないだけですが。

屋外のコンパクトなコースで、路面全面にペイントが施され、さらにその上に水を散布し続けていました。

そこに、たぶんですが、シャフトとタイヤを偏芯させて摩擦を減らすように施されたオリジナルのゴーカートが用意されていたんです。

驚くほど低速で、多分、子供さんでも安心して乗車できると思うんだけど、これがなかなか梃子摺る出来栄えだった記憶があります。

レース形式で、同時に6〜7台は走ってたと思うなぁ。

僕が訪れた時には数グループのお客さんが居て、それを見物していたんですが、まともに走れて居る人はほとんど居なかったのが印象に残っています。

雨のレンタルカートより梃子摺ってるお客さんが多かったように覚えてるんだけど。

本当に、くるくる回ってコースアウトしていく。

その時は、グループで来られていたお客さん達に混ざる形で僕も一度だけ走りました。

1コーナーで他のお客さんたちがくるくるコースアウトして行ってくれたおかげで、最後尾スタートだった僕は全周クリアラップで目いっぱい楽しませてもらいましたけど(笑。

確かに神経を張り巡らせて操作しないと簡単にスピンするかもしれません。

全然グリップしている感触がないんです。

車両が激しく上下振動するので、路面感覚も掴みにくい。


で、今日ふと思い付いたのが、EV&屋内&極端スキッドのレンタルカート。

大人より子供のほうがすぐに慣れてしまうと思うから、意外と年齢層の幅も広げられる気がする。

ただ、単なるEVレンタルカートより実現までには課題が多いかもしれません。

路面の低μを維持する手間と、うかつに水を使った低μ化はできないこと。

これは設備に関わってくる課題だから、キャラバン方式で実現するのは考え難いかもしれません。

とはいえ、単にお客さんとして一度だけ乗った印象としては、結構面白かった。

まだ具現性のあるビジネスモデルとしてのアイデアは思い付かないけれど、候補にしておきたいと思います。



posted by papacchi at 20:26| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

モータースポーツ&電動レーシングカート 成長したことを感じる時

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


子供のころ、毎年のように感じていたことがあります。

前学年に学んでいた教科書をふと読み返すと、驚くほど簡単幼稚な内容に見えました。

シーズンオフまで上手くできなかったスキー操作が、新たなシーズンを迎えたとたん、いとも簡単に出来るようになっていました。

今考えると成長の度合いが、まさに、目に見えて感じられたんだと思います。

さすがにこの歳(40代半ばです…)になると、そういった驚きを覚えることはほとんど無くなっています。

が、今回、サーバー新設で似たような感覚を久しぶりに味わっている気がします。

実は昨年の今頃にも一度UNIX系サーバーを立ち上げようと1ヶ月ほど奮戦しました。

残念ながら、尻切れのように破綻してしまったのですが…。

今回のUNIXサーバーは、少し性能が高いという違いはありますが、やろうとしていることは昨年と同じか、どちらかと言うと、それ以上のレベルを狙っています。

そんな中で、「何でこんなところでつまづいて諦めたんだろ?」という感触が度々思い返されます。

WEBに流布している情報量も1年で大きく増えているでしょう。

使用しているアプリケーション類の完成度も高まっているでしょう。

ただ、それ以上に、取り組みの集中力と作業に対するハードルの高さが去年とまったく違って感じられます。

明らかにハードルが低くなっている。

基本は英文マニュアル。

昨年だって、読もうと思えばしっかり読み込めたと思うのですが、すごく重たい作業に感じていました。

今年は、ちょっとしたエラー・メッセージにも敏感に反応できたり、システムの挙動からトラブル原因をイメージできるようになっています。

仕組みさえイメージできればどうにかできるさ。

今年は、そういう自信めいた意識が常に頭の中、胸の奥にあるんです。

仕事だったら、昨年の場合でもなりふり構わず必死で何とかしたかもしれません。

でも、昨年は「趣味」的に取り組んでいたのかもしれませんが、目的を達成出来なかったことには変わりません。

が、今回はどんなにトラブルが襲ってこようとも、「どれどれ…」という落ち着いた気持ちで居られる。

昨年の経験が元となり、さらに1年近くの「ビジネス立ち上げ」を意識した毎日が、少しずつ自分のレベルを上げていたのかもしれません。

去年とのギャップを感じることが出来ているおかげで、一つトラブルをクリアするたびに嬉しさ、面白さを味わえるようになっています。

これもモチベーションを高めるのに大いに役立っている気がします。

ここ連日、一つクリアすると次の新たなトラブルが現れるという状況で、着実にシステムが充実してきています。

今週末までに土台完成を目指して、最後の大きなハードル=CMS搭載の完遂を予定しています。

そもそも昨年では予定すら立たなかった作業。

今後のWEBサービス構築作業へと、既に意識が向かっている今年。

小さな一歩を毎日愚直に続ける力の大きさを感じています。

でも、まだまだです。

上手く行かなくて放り出しているものもまだあります。

時間が解決してくれる…そんな意識では「約束を果たせる」ビジネスポリシーを守ることすら出来ませんもんね。

それに、PORSCHE計画完遂に向けてはまったく目途も立っていないですから(笑。

ちょっと焦り気味・・・。



posted by papacchi at 18:51| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

モータースポーツ&電動レーシングカート 倒産寸前社長の決意

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


倒産寸前バーチャル社長として、今更ながら、社是、業務内容、CIを考え始めています。

ホンと、今更です。

書き出し始めると、以下に今まで漠然とやっていたかが判って来ました。

いや、書き出せないことで判ったと言ったほうが良いかも知れません。

自分が目指すものそのものが漠然としている。

当然、それがどのように世の中に役立つのかなど判っちゃいない。

これでは、わが社が提供しようとするものを理解してもらうことも出来ないし、当然ながら、わが社の製品やサービスに興味を持って貰う事なんて期待しようが無いです。

いやはや、なんとも。

正直、まとめ切れるのか?さっぱり先が見通せませんが、今週中にドラフトだけは仕上げてしまおうと思います。

暫定でも、何かしら作ってみないと(実行してみないと)、次に何をしたら良いかも思い付きませんから。

凄いことをする必要も無いし、出来るとも思ってません。

ちょっとだけ、何か役に立つと思ってもらえるものが出来れば良い。

そう思って貰えれば、利用してくれる誰かが現れるかもしれない。

自分にとっても存在意義を見出せることになりますし。

ここが一番最初に考えるべき事だったのかもしれません。

やれることには限りがあります。

そもそもリソースが以上に少ないですからね。

でも、何か出来るはずなんです。

出来ないわけが無い。

そう、固く信じています。

せめて自分くらいは自分を信じなきゃ。

可哀想過ぎます(笑。

まあ、自分を信じられなくなった時期も数年続き、病気にまでなった経験もあります。

だから、なおさら可哀想です。

うーん、フェミってるかもしれません(笑。

でも、きっと今ぶち当たっている壁は崩せる。

うん、宇宙の果てがどうなっているかさえ、解明されようとしている時代なんですから。

そもそも、ダメもとだしね。

失敗を楽しんで前進だぁ!



posted by papacchi at 20:55| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート 倒産を目前にした社長

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


週末はサーバー構築作業に特化して集中。

ただ、日曜はここのところの疲れがたたってか、昼食を食べた後にダウン。

夕方まで寝入ってしまいました。

結局、そのあと作業再開して2時過ぎまで。

またまた睡眠時間4時間です。

これはちょっと大反省。

諦めるべき時は諦める。

結局、翌日以降に影響してしまうんだから。

締め切りなら仕方ないかもしれないけど、計画的に進めるためには、意識をもっと変えないといけないよね。


さてさて、Windows系システムのアプリケーションは本当に良くできている…と感じてます。

インストールしたらすぐに使い始められるからね。

でも一方で、自由度がほとんど無いことも良く判った。

UNIX系は嵌り易いのは確かだけど、それは設定をよく理解していないから。

仕組みがわかれば、「自由度が高い」と思えるわけだから。

今回、毎日のように頭抱えながら突破してきて良い勉強になってます。

そもそもWindowsの自由度が小さいからUNIXに乗り換えたんだけどね。

あともう少しでサイトオープン可能な状態まで到達する予定。

今週中に仕上げます。

サイトそのものの設計はこれからだけど、複数のサイトを複数のドメインでオープンする仕組みなども一気に仕上げてしまおうと思います。

そのうちのどれかが大きく育ってくれると嬉しいけどね。

基本的に今の僕は、倒産寸前の社長の立場だと思ってます。

まあ、まだ開業したわけでもないけど、このサイトを立ち上げてからこのかた、いまだに業績を上げられていないわけだし。

まあ収益ゼロでは無いのは救いだけれど、食べていけるレベルじゃないからね。

なりふり構っていられない。

はっきり言えるのは、何がしたいか、一言で伝わる「大目標」「そのために何をするか」「そのために何をしているか」がまとまっていないということ。

それがあれば、人が付いて来てくれる可能性が高まる。

まとまっていないと言うより、とにかく何でもいいからまとめて実行に移す…これが出来ていないだけだと思う。

倒産寸前の社長同然のわりに、焦りや危機感が無さ過ぎだよね。

これじゃ、何を提案したって誰も付いて来ないよ。

錦の御旗とは言わないけれど、社是くらい、いや、名刺くらいすぐ作って動き回らなきゃ。



posted by papacchi at 18:57| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

モータースポーツ&電動レーシングカート 夢心地♪


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ



 今週の平均睡眠時間は4時間でした。

 ちょっとやり過ぎ。

 さすがに今日は眠い。

 朝から本業絡みで光学の方程式を解いたりしてたので、頭の中が飽和状態です。

 サーバーはアプリケーションのインストール作業に入りました。

 さっそく動作不良。

 ディレクトリ構成も今後のことを考えずに進めてしまったので、一度配置し直さなきゃ。

 多分その辺りの整合性をとれば簡単に直っちゃうと思います。

 実弟と検討を進めているアイデアグッズの原理実験も、準備まで出来ていて実験待ちのものが山積み。

 今週末で少し片つけてしまいたいんだけど、時間が足りるかなぁ。

 ビジネスモデル検討も考え方の整理を兼ねたネタ出しを進めています。

 今までの技術論から攻めるアプローチではなく、営業発想のアプローチに切り替えてみたら意外と面白く考えられるようになった気がします。

 まあ、この先は明日の朝からのお楽しみということで、今日はそろそろ寝ようかなと思います。

 ぐっすり眠れそう(笑。



posted by papacchi at 22:25| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

モータースポーツ&電動レーシングカート 電動ハイブリッド自転車、電動スクーター&二輪、HEV、EVのリリースが目白押し

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


東芝さんも、いよいよ噂のSCiBを電動車両向けに本格出荷することになりましたね。

国も2020年に向けて、電気自動車の普及比率を大幅向上する計画をリリース。

全国に充電設備も拡充することを明言しました。

モバイルエレクトロニクスはいよいよ大容量化の扉を大きく開いたという事なんでしょう。

電動レーシングカートは基本的にホビー。

こういった潮流の中で、どのような立ち位置を取っていくのかが問われます。

そもそも自然な流れで新しいカテゴリが生まれてくる可能性が高い。

今、僕が何もしなくても、数年後にはEVクラスとしてのレースが行われていても不思議は無いかも知れません。

正直、この時期に、試作向け図面を作り上げておきながら、その先へ進めていないことに情けなさを感じます。

もちろん現状ではニーズは無いと言い切る方も多かったですし、私もそれを喝破するほどの理論武装もありません。

実際に試作し、実際にイベントを開催し、実際に認知してもらって活動を続ける。ここまでやれば、一部なりとも共感してくれる人が出てくるとは信じています。

ですが、その入り口に立って、その先を呆然と眺めているだけ。

自分一人の為だけに試作して、空き地で走って楽しむことすら実現できない。

言い訳ばかり…です。

まだやれることはある。

PORSCHE計画は資金調達の短期化を狙った、自分に対するモチベーション向上プログラムです。

いったん電動レーシングカートから外れ、頭を切り替え、気持ちを入れ替えてみようと。

しかし、それにしても時代はどんどん走って加速していきます。

焦ります。

別に誰か他の人が電動レーシングカートの土壌を作り上げてくれたって構わないんです。

でも、現状のレーシングカートのようなものになってしまったら、僕が欲しかったものとは違ってしまう。

トップカテゴリーが存在し、そこでビジネス同様のイベントが行われるのは構いません。

でも、キャッチボール感覚で使える余地が残されていないと意味がない。

モータースポーツって楽しいな。

手軽に体全体でそう感じられるものにしたいからです。

そこからどんどん伸びて行きたいと思えば、そのルートが開かれている・・・そんなスタイルにしたいんです。

ポルシェやフェラーリなど、スーパースポーツカーもKERSを用いたハイブリッド化コンセプトを打ち出す昨今。

KARSを経験したF1。

他のレーシングカテゴリーも、蓋然的に「電力駆動」を何かしらの形で取り入れるのは時間の問題でしょう。

その先達にレーシングカートを引っ張り出したい。

その目論見が、頭の中で熟成しきれずに、ぐるぐる回っています。

諦めるもんか!



posted by papacchi at 20:56| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

モータースポーツ&電動レーシングカート サーバーの基本設定終了♪

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


先日書いたとおり、初心者たる管理人のいい加減なアンインストール手順のために、途中まで立ち上げてきたサーバーをクラッシュさせてしまうという経験をした。

が、すべきことが山積みなので凹んでいる暇はない。

ブログメンテ等を中断し、サーバー再生を優先させて作業を進めた。

ドキュメントを残していたので、思った以上に効率よく再インストール作業が進んだ。

並行してドキュメントの補足、理解できていなかった点の追記や答えなども更新しながら、ようやく昨晩までに復旧することが出来た。

また、アンインストールに成功していたら進めるつもりだった予定までも完了。

一気に当初予定まで追いつくことが出来た。

さすがにトラブルレスということは言えないが、FreeBSDに対する恐怖感は慣れによって少し低減した気がする。

失敗しなければこれほど理解が進むことは無かったと思う。

再インストール作業を進めている最中に、多くのウェブサイトの情報の中から面白いアプリケーションがあることを知った。

今回立ち上げているサーバーでは、よりインタラクティブで、そして、訪問者と訪問者との接点も充実するようなサイト作りを目指している。

これに対してPHPを用いたアプリケーションを自作していくイメージを持ち続けていたのだが、やはり世の中には多機能なアプリケーションがある。

見つけたのもオープンソースなアプリケーションで、非常に面白い…というか、使ってみたい機能が揃っている。

使いこなせるかは判らないが、この際なので早速チャレンジしてみようと思っている。

サーバーとしての基本設定はほぼ終了に近づいているので、残る微調整を行ったら、今週末完成を予定してこのアプリケーションを立ち上げてみようと思っている。

ちなみに現時点でのサーバーのセキュリティレベルはあまり高くない。

今後どのように保護して行こうかと考えを整理しながら、対処して行こうと思っている。

まあ、壊されたらそれはそれで勉強になるしね。

基本的に無料のサービスを提供する計画なので、個人情報等も収集せずに気軽に利用してもらいたいと思っている。

個人情報保護の処置が大変!というのも理由ではあるけど。

WEBはやっぱり無料で覗ける、利用できる、のが理想だと思ってるし。

最初は「UNIXなんて扱いきれないだろう…」と本音では思ってたけど、スケジュール通りに進められているのには驚いている。

やっぱり、まずは始めてみる、意地になって最後まで諦めない、って気持ちが大切なのね。

PORSCHE計画も同じ気持ちで進めます。



posted by papacchi at 20:01| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

モータースポーツ&電動レーシングカート 最後の最後に絶望的なクラッシュ!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


金、土、日と全ての作業をサーバー構築に集中していました。

時間的に今日最後のツールのインストールをしていた時、そのツールは僕のサーバー環境では不要なことが途中で判り、すぐアンインストールを実施。

無駄なディスクスペースをとりたくないから・・・なんてしみったれたことを感じたもので(笑。

あとは明日続けようか・・・なんて思ってたらです!

アンインストール中のコメントに、大事なアプリケーションに手を加えているというメッセージが出ているじゃないですか!

アンインストール作業が終了するのを待ち、焦ってリブートしてサーバーの動作確認をしまくると・・・。

やられました。ここ数週間の作業が全て吹っ飛びました。

もう少しでサーバーのベースが完成する直前だったのに。

もう笑うしかありません。

短時間で修復も試みてみましたが、かなりごっそり、基本的なアプリケーションが削除されているようです。

良く理解出来てない段階でのアプリケーションの削除が良い勉強をさせてくれました・・・。

ここまでの作業は、一つ一つドキュメントにしてあるので、数日で復旧させられるとは思いますが・・・。

やっちまったい!

切り替えて、復習のつもりでやり直しますよ。

ドキュメントの清書にもなるだろうし。

しかし日曜の寝る間際にやっちまうとは・・・。

察してくれい!



posted by papacchi at 23:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

モータースポーツ&電動レーシングカート 出来上がりつつあるビジネスツールの土台

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


サーバー構築作業の大きな山場を一つクリア。

ここまでに半月以上を費やした。

アイデアグッズ試作などとの掛け持ち、不具合などの原因となっている不勉強な部分の学習も並行していたため、意外と苦労した感がある。

が、今週末までに突破するというスケジュールを前倒して完成できたのは自信になった。

WEBサービス向けのアプリケーション作製をゴールデンウィーク中に進めたいと考えており、サーバーとしての基本構成はそれまでに全て完成させる必要がある。

引き続き、個々の作業の日程を明確にして作業を進めようと思う。

サーバー構築の作業では日記風のドキュメントも記しながら進めている。

既に膨大なボリュームとなっているが、どれもノウハウとして役に立つ体験記だ。

WEBを活用したビジネスを試行したいと思ったときに、いきなり有料のレンタルサーバーを借りたり、自分のリソースに負荷を掛けたくないのは多くの人も感じていると思う。

ビジネスモデルとしてある程度形が出来上がってから、本格的に有料サービスを利用する。

理想的にはそういうステップが良いと感じることもある。

が、自分でサーバー程度を構築できるようになっていれば、サーバーそのものをビジネスツールとして独自アイテムとして拡張できるようにもなる。

そう考えると、手間は多少掛かるが、少しだけの勉強で多くのノウハウを得られる作業として、やってみる価値はあると思っている。

既に破損して閉鎖しているWindowsベースのサーバー構築ノウハウも、今回のサーバー構築作業には間接的に役立った。

全体間が把握できてしまえば、決して特殊な技術を必要とするものではない。

極端な話、中学生くらいでも自分のサーバーを構築して、オリジナリティ溢れたWEBサービスを提供することは可能だと思う。

私自身が今後進めていくWEBサービスの開発と並行して、今回得ているUNIX系サーバー構築ノウハウも一つのブログとして公開して行こうと考えている。

こんなサービスを提供したら成功するだろうか?

そういうアイデアが、不動産や設備投資にリソースを裂かれること無く、手元にあるパソコンで実現できる。

しかも思い立ったすぐその時からアクションを始められる。

少し英語が使えれば、そのままグローバルに展開することも出来る。

WEBビジネスの最大の醍醐味はここにある。

早く新しいWEBサービス開発に取り組みたいと思う。

アイデアグッズの試作とバランスをとりながら、さらに加速して立ち上げ作業を進めようと思う。




posted by papacchi at 19:40| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

モータースポーツ&電動レーシングカート 利益を得る仕組み

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


どうやって稼ぐのか?

この問いに答えられないまま試作を進めていると思う。

試作完成して説明資料を作れば、提案先を探せば良い…。

その程度の考えだけで済ませて、試作にばかり注力している。

ツールマニアや便利グッズ収集家のことをふと思い出した。

これがあればこんな時に便利…、これを使えば精度良く確実に…。

在りもしないシチュエーションを想定して、道具ばかり集めて満足してしまう。

今の試作のアプローチもまさにこの範疇を超えていない。

ニーズは分析した。

ニーズに対する自分なりの最良の答えも具現化した。

一応その答えを企業等に提案した。

採用されなければ、次を探して提案した。

その繰り返し。

本気で稼ぐつもりがあるのか?客観視すれば、この疑念を払い除けられるような仕組みが用意されていないことにすぐ気付く。

もともと実践的なビジネス経験の蓄積を試みようと様々にトライしてきた。

いくつかの実践からはほんの僅かだけれど、収益も得た。

が、本質的な「稼ぐ仕組み」を明確に意図して、その意図に沿って得た収益化というと「たまたま」運よく得られた収益とも言える。

本当に実践学習すべきポイントは「稼ぐ仕組み」だったのではないのか?

商品が無いとビジネスが始まらない。

そう自分に言い聞かせていたところがある。

でも、それは言い訳ではないのだろうか?

商品開発しなければビジネスが成立しないのであれば、小売店というビジネスモデルなど存在し得ないことは子供にでもわかる話だ。

商品など、何だって良い。

一番最初に手に取ったものを活用して、「何としてでも稼ぐ」方法を考えることが先だったのではないのか?

現在、新サーバーの構築、アイデアグッズの試作実験、等々を毎日延々と続けている。

スケジュールも定めて、これまで以上に切迫感を持って取り組めているのは悪くない。

が、それらが完成した暁には、いよいよ「こうやって収益を上げられる!」という期待感が生まれて来ないだろう。

ビジネスの終着点=収益システムの完成と安定稼動までのビジョンが大きく欠けているからだ。

社長としてはあまりに偏った仕事の進め方だと痛感する。

大急ぎで、この点に関する見直しを進めると決心した。

PORSCHE計画くらい、着実に実現できないようでは箸にも棒にも引っ掛からないだろう。

意識改革が急務だ。




posted by papacchi at 19:25| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

モータースポーツ&電動レーシングカート スケジュール意識への執着心 自分との約束


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


締め切りに対する意識が弱い。

自分の自由になることが、結果的に、締め切りに対する自由度まで高めている。

月1件の新アイデア提案という目標を掲げている中で、現在までに3件/7ヶ月の状況。

主だった作業時間は平日帰宅後と、週末。

意外とたっぷりあるはずなのだが、実質どれだけ集中できているかというと2割にも満たないのではないだろうか?

具体的に作業内容が明確になれば、図面を書いたり、実験したり、プレゼン資料にまとめたりすることはそれほど時間が掛かるものではない。

ぼんやりと考えている…というよりも、考えなきゃなぁ…と思っている時間の方が多い。

月末までに少なくとも一社へ提案するなら、多く見積もっても試作完成まで20日以内。

残りで企業探しと売り込み(資料作製時間含む)を行わなければならない。

その意識が希薄だ。

ちょっと休むか…、今日は疲れてるし…、そういう言い訳を自分に言い出しているところが最近目立つ。

自分しか居ないという事実、自分が実行しなければ一歩すら進まない事実、本当に起業したいという気持ちが憧れに成りかかっている事実、そういうものから目を逸らそうとしている危惧がある。

PORSCHE計画だって、締め切りを明確にしていない。

このままでは思いだけで、既に今の時点で、結果的に無理だったかぁ…で済まそうとしているとしか思えない。

今日から作業内容に締切日を設けることにした。

もちろん全てが思い通りに完了するとは思わない。

だが、今まで以上にモチベーションを高めなければ全て「憧れ」で終わってしまう。

そんなのは嫌だ。

その危惧感だけは、まだ腹の底に残っていてくれた。

だから、もう一つ自分に厳しくすることにした。

やれるさ、きっと。

続けることに夢中になろう。




posted by papacchi at 19:49| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

モータースポーツ&電動レーシングカート 事業化への思いと気構え

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


プランを考えるとき、気がつくと利己的な発想になっていることが多い。

ニーズの抽出、ニーズに対するアイデアは顧客視点で考えているつもりでも、その先の展開が利己的になっているパターン。

騙して収益を得るつもりなのか?と自分を疑ってしまうほど利己的になっていることもある。

役に立ててもらえるからこそ提供するものに価値が生まれる。

良いものを思いついた、具現化した、と、自己満足に陥ってしまうと、役立ててもらう具体的なシナリオの説明がおろそかになることも少なくない。

開発したときのターゲットはあるはずなのに、そこへ訴求せず、万人向けのような思いに駆られてしまうことが少なくないのだ。

また、売り込みに関しては数や金額が先に目の前をちらつく。

もちろんこれを見失っては困るのだが、役立ててもらえる具体的なシーンを見失っているのは本末転倒だ。

試作開発している最中でも、技術的に逃げ道を見出そうとするとき、同じような思いに駆られていることも少なくない。

最初に思い描いた最終的な姿を、何とか早く実現しようとしたときに、まあこの程度のリスクは仕方ないか…という「悪魔の声」が頭をかすめる。

もちろん、自分がそのリスクを認めても、その次のステップでことごとく拒絶されるだろうけど。

根底に焦りがある。

まだ焦っている自分が居るのを否定できない。

どうしたら役に立つ自分で居られるのか?

ここを本気で考え切れていない。

どうしたらアイデアを具現化できるのか?そればかり考えている。

そう。

アイデアそのものに、役立ててもらおうというコンセプトが大きく欠けている。

自分では考えていたつもりでも、結局途中から利己主義に陥ってしまうのがその証拠だと思う。

ニーズの本質的な理解が不足しているんだと思う。

ここ数日かけて、13000件近くのニーズデータをまとめた。

WEBから収集して、今後データベース化するつもりでフォーマットも揃え終えている。

が、これらを活かせるかはニーズに対する理解が重要なんだと改めて考えている。

ニーズといっても顧客ニーズだけでは済まない。関わる人全てに役立つもので無ければいけない。

でなければ、生半可な「便利グッズ」を生み出したところで、誰も見向きもしてくれないだろう。




posted by papacchi at 19:34| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

モータースポーツ&電動レーシングカート 何をやってもうまく行かない!リフレッシュ!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


もう、にっちもさっちも・・・ってな状況。

息苦しくもなってきました。

お花見シーズンの心地良い季節のはずなのに(笑。

アイデアに詰まり、ノウハウに翻弄され、次の手をどう打つか考える気力も少し萎えてます。

ということで、気分転換♪

久しぶりにモータースポーツの話題など。

と言っても、何か目新しいトピックスを紹介するとかって訳ではありません。

本サイトではF1ネタはほとんど触れていません。

毎レース欠かさず見てますし、得られる情報は出来るだけ積極的に取り入れてますよ。

ただ、ここでいろいろ書いちゃうと、まだ見てないっていうファンの方に迷惑をかけちゃうと思ってるんです。

実は僕も仕事の都合とか、日程が合わなくて、1ヶ月くらい後に録り貯めてあったビデオでまとめて見る事も少なくないんです。

1週間くらい後で見る事も珍しくないです。

逆に言えば、放送時間に見るなんて日本グランプリくらいかなぁ。

好きなレースって、結果も気になるけど、やっぱり結果に至った過程に興味もあるわけです。

細かなところで、チームやドライバーのチャレンジを見出したりすると嬉しくなっちゃいますよね。

ああ、こいつだけ重視しているセクターが違う・・・とか、そこまでレース全体のタイムマネージメントして勝たせてたのか・・・とか。

生で見られれば、FIAのラップチャート情報も見れるのでもっと面白いことが判ったりもするんですけどね。

ってことで、その楽しみを奪われるのは僕は大嫌いなんです。

結果が先に判っちゃうと、いくら大どんでん返しの課程がそこにあったとしても、2割楽しめるかどうかってことになっちゃう。

不幸なことですが、モータースポーツに注目が集まらなくなった最近はレース翌日にF1の話題を持ち出す同僚などは居なくなりました。

おかげで安心して録画を見ることが出来ます。

だから、僕のサイトでも他のファンの人の楽しみを奪いたく無いので、極力触れないようにしています。

本音から言えば、レース結果に対する無責任な持論を展開したいと思いますけどね(笑。

実は先日の第2戦もまだ見てません(笑。

予選までは見てますが、決勝は今週末にゆっくり見るつもり。

見終わったあとに、このブログで、気付いたこととかいっぱい書きたくなっちゃうんですけどね。

我慢、我慢。

他人にされたくないことは、自分もしない。

そういうことで、少しだけ気分転換させてもらいました。

明日の録画を見るまで、もう少しいばらの道に戻ります。

あー、何かうまい手はないかぁ!?



posted by papacchi at 23:53| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

モータースポーツ&電動レーシングカート 昭和初期のエンジニア

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


アイデアにつまり、特許調査をしてみました。

数時間程度ですので、使えるものは見つかりませんでしたが。

ただ、偏った発想から少し引き戻してもらうことは出来た気がします。

特許を調べていて、今検討しているアイデアのカテゴリーは驚くほど古くから、さまざまなアイデアが提案されることを再確認させられました。

もっとしっかり調べれば、どんピシャなアイデアもあるのかもしれません。

調べた中で最も古いアイデアは昭和2年の特許。

明細書のフォーマットもまったく異なっていますし、言い回しどころか文字も難解。

驚くことに、出願人は米国人。

文書は古めかしいものでしたし、アイデアも、まあ、使えるものとは違いましたが、説明図は見事です。

今のイラストとまったく遜色のない斜視図。

判り易い図面という意味では、今より質が高いかもしれません。

しばしば思い知らされますが、昔の人は本当にレベルの高い仕事をして居たんだなぁ。

今はツールが溢れんばかりに世の中に転がっていますが、ツールの恩恵を仕事に反映できているのか?という部分では、凹むくらい自信を奪われそうです。

もっともっと質の高い仕事を、アイデアの実現に向けて注ぎ込んで行きたいものです。

ここ数日、アイデアグッズの実験、サーバー構築、等々、並行作業が重なって、少しでも手を抜けないか…と思っていましたが、手を抜くのではなく、合理的に進める。

そういう意識に変えないとね。

質が高まれば、実用化への道が開ける可能性も高まるでしょうしね。

プロ意識をもっと強く持たなきゃ!と考え直させられました。

深呼吸して、作業再開です!




posted by papacchi at 21:17| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。