レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年03月31日

モータースポーツ&電動レーシングカート 小さな目標を達成!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今日、ここ4ヶ月で設定していた一つの目標を達成した。

つまらないくらい小さな目標なんだけど。

訳あって2年ほど休職していて、昨年春から復職した。

で、通院しながら勤務も続けてきた。

今も通院はしているんだけど、復職直後はたびたび通院していた。

で、年末近くになって、休暇が全く無くなっている事に気付いた。

というか、途中で会社からごっそり休暇を減らされた。

最初に与えた休暇が計算間違いで、年末近くになって修正したと言って来た。

取得済みの休暇日数が幸いにもギリギリで超過していなかった。

これは本当にラッキーだった。

でも、こちらも計画的に通院スケジュールを立てていたのに。

何で会社はこんなやり方を・・・。

と、言っても何も変わらん。

まあ休んでも欠勤扱いで日割りの2割給与カットで済むんだけどね。

査定に関しては2年の欠勤があるから、いまさら出世云々も論外だし。

でもね、ちょっと今回は違った。

すべきことは、4ヶ月、カレンダーの休日以外は絶対休まないということ。

新型インフルエンザにさえ罹患しなけりゃ通勤できる。

そんな風に、前向きに目標設定してしまった。

他人のせいにするのも、もうやめにしたいとも思った。

置かれた状況から取り返す!

そっちに全て頭を切り替える生き方にしたいと思った。

だから、あとは通院スケジュールの組みなおしと、体調管理を徹底するだけ。

昔から結構風邪を引きやすいタイプだったが、フラフラでも何とかやり切った。

夜に救急外来へ行って、何とか薬をもらって耐え切った日もあった(笑。

何に対してだか良く判らないけど、負けたくない!気持ちが強かった。

そして、今日無事に目標を完璧に達成した。

本当に小さなことだけど(笑。

小さな子供でも出来ることだよね。

でも、休職するまで、いや、休職してからも、甘えた生き方してた気がする。

それが悔しかったんじゃないかな。

一応、目標達成したけど、これからも健康管理は徹底して行こうと思う。

自力で事を成そうと思えば、自分が居なきゃ始まらないしね。

基本中の基本だよね。

でも、ちょっと充足感を感じた今日でした。




posted by papacchi at 20:34| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

モータースポーツ&電動レーシングカート PORSCHE/ポルシェ カレラ

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 昨年末の東京モーターショーで知り合ったモーターシステムのメーカーが、電動バイクメーカーを自称し始めた。

 半年も経たずして飛躍的に成長している。

 販売網の構築、ビジネスモデルの発展と、伝わってくる情報は加速の一途を辿っている。

 1stロットの準備も堅実かつ着実に進んでいるようで、品質管理に関しても日本から専任スタッフを送り込んでいる。

 中国、台湾、韓国とのグローバルな製品開発をこんなに目の当たりにして見せてもらえているのは非常に勉強になる。

 もちろん順風満帆に事は進まないのだろうが、ビジネスとはこうやって考え、実践して進めて行くものなんだよ・・・という姿を示して貰えているのはありがたいと思う。

 一方で、こちらは・・・というと、電動RK試作もストップしたまま。

 模型用の2種類目の急速充電器回路も仮組を終えたところで、火入れはこれからというレベル。

 ズルズルと甘えのモードに入ってる気がしてじれったい。

 ところで、ウォーキングして勤務先から帰宅するルートの途中に、小さな中古車ショップがある。

 そこにずうっと売れずに、かつ、特別な場所に小奇麗に飾るように、真っ白な古いPORSCHEカレラが置いてある。

 ふと、「あと半年以内で、あれを手に入れる!」

 と勝手なことを思いついた。

 ある種の目標設定。

 ビジネスの目標としてはあまりに子供っぽいのだが、具体的に何も思い当たらずにいたのも事実。

 ちょうど良いかなとも思った。

 実際に買うかどうかは知らない。

 でも、今から半年、いや夏休み前くらいに、あれを手に入れられる「利益」を得るために、具体的に何をすればいいか?という視点で、プランを考え始められるようになった。

 実際に何か見出せれば良いけれど、まだまだ甘さがあるよりは少しましかも知れない。

 本当なら、半年後に、今勤めている会社からクビになる!くらいの危機感を持って、計画を立てなきゃいけないんだけどね。

 少しだけ、また発想の転換を図る方法を見つけたことは、まあ、良しとしようかと思ってる。

 今獲得できる収益モデルの見直し、新規ビジネスモデルの早期運用開始、一つ一つ無駄にせずにレベルアップさせていく。




posted by papacchi at 19:17| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

モータースポーツ&電動レーシングカート UNIXサーバー

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ここのところサーバーの立ち上げに大きく時間を割かれています。

 初めてのUNIX系ということもあり、梃子摺ること大。

 今までWindows系でずいぶん楽させてもらいましたしね。

 ただ、なかなか面白いシステムのように感じ始めています。

 根拠はあまり無いけど(笑、直感でしょうか。

 OSの基本インストール、LAN内接続、リモート作業環境、動的DNS設定までようやく進んだという状況です。

 時間をかけている割りに進んでませんね。

 いずれ備忘録を兼ねたオンライン記事にしようと、メモを並行して作成しているのも作業時間を長引かせていると思いますが。

 経験したら、メモに。

 ここ数年で身につけた習慣です。

 メモのネタは、いろんなところに開設しているブログ用の記事としても結構活躍してくれてます。

 まあそれはさておき、このサーバーでやろうとしていることはウェブサイト公開、ブログ公開、メールを使用したレスポンスシステムの構築です。

 迷惑メールのサイトじゃないのでご心配なく(笑。

 特にこだわったのはメールを使用したレスポンスシステムを構築したいという点。

 最近はどうなのか判りませんが、以前構築していたWindows系サーバーではこれが出来ませんでした。

 出来ないというより、そういうアプリケーションを結構本気で作るのが嫌で避けていたんです。

 UNIX系ではPostfixなど有名なアプリがあり、その応用方法もずいぶんと広く公開されています。

 出来ればそれを利用したい・・・と、今回のサーバークラッシュのときに思い出しました。

 そこで、一念発起。

 UNIX、やってみましょか!

 って事で、ぜんぜん基礎が出来てません。

 いやぁ、ここ数日でようやく基本コマンドを覚えたレベルです。

 いつになったら公開レベルまで行けるのか?

 とはいえ、公開できなければ利益貢献しません。

 1日、1時間を短縮すれば、それだけビジネスチャンスが増えます。

 もう、必死で実践勉強中です(笑。




posted by papacchi at 19:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

モータースポーツ&電動レーシングカート ブログアフィリエイトの再出発

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 近所にあるラジコンショップのライブカメラの映像を眺めていました。

 23時ですが、6台走ってます。

 1台は店長のマシンかな?

 このビジネスモデルがどのように継続していくのか、失礼ながら定期的に眺めていますが、比較的この人数で安定している様子。

 利益の部分は皆目?なのですが、続いている事実は大いに参考になります。

 自称、社長の私のビジネスは・・・というと、いまだに収益を上げられているのはブログアフィリエイトのみ。

 それも本当にすずめの涙というか・・・本業の1%にもとうてい届かないようなレベル。

 とは言っても一度始めたんです。

 アイデアグッズや電動レーシングカート試作と同様に、粘り強く進展させて行かなければ全て無駄にしてしまうと、気持ちを入れ替えています。

 本音から言うと、そろそろブログアフィリエイトは手仕舞いにしようか・・・と思っていました。

 少ないながらも収益があるのは惜しいと思いつつも、その少ない収益のために労する時間は意外とバカになりません。

 きっちり稼げるビジネスに集中しよう・・・なんて考えていたわけです。

 ですが、今収益を上げているのは、唯一このブログアフィリエイトだけ。

 その小さなビジネスを発展させることもできずに、新しく挑戦している他のビジネスが収益を上げられるまでに育て上げられるんでしょうか?

 ビジネスの基本を学ぶと決意して始めたブログアフィリエイトです。

 本当に学ぶべきことを学んだか?と自問自答すれば、答えはNOです。

 想定した収益に全く届いていないんですから。

 アフィリエイトで自分が思い描いた収益を得ることなど、基本的に無理なのかもしれませんが、それすら確かめるレベルには到達していない。

 ここで辞めたら、かつての諦めの良い自分に戻ってしまいます。

 自称社長ならこの状況を何とか打破しなければなりませんよ、やっぱり。

 いま試行錯誤しながら立ち上げている新サーバーは、アフィリエイトを活用したネットビジネスのための新しいフィールドとして活用するためのものです。

 そして、今回は世界マーケットを相手に幾つかのビジネスモデルをリリースしてみようと目論んでいます。

 数が勝負の世界ですし、国境無き(中国がねぇ・・・)ウェブの世界でもあります。

 稼げるアフィリエイトを、あらためて目指してみようと思います。

 ちなみに1000円FXもここ一週間続けています。

 いまのところマイナスかな・・・(笑。

 さあ、週末です。

 試作、実験、予定していることをテキパキ片付けようと思ってます。




posted by papacchi at 23:21| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート 無性に誰かと話したい!

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 最近幾つか並行して、なおかつ、比較的密度が高い検討、試作を続けている気がします。

 一人きりでの作業なので、手元の作業と頭の中の思考がどんどん乖離したり、集中したりと、めまぐるしい感じが強いです。

 で、クルマで攻め込んでいる時とはちょっと違うんですが、独特のアドレナリンが大量分泌されているというか、無性に話がしたくなるんです。

 アイデアに関する、ハードなディスカッションって言うんですかね。

 人間は会話をする時にもの凄く頭を使うと聞いたことがあります。

 それと関係があるのかは判らないんですが、相当頭を使っている試作作業だと思っているにも拘らず、まだ頭を使い足りない!という衝動に駆られてしまう。

 もっと何か吐き出しきれるくらい、頭を使いたくなるんですね。

 相手がどんな問いを投げかけてくるか予想も付かないような状況に追い込まれて、その場で自分のロジックを展開する。

 そういう緊迫した状況に飢えているというイメージです。

 試作、試作と、自分で試して、自分だけでジャッジ。

 それはそれで良いんですが、もっとドラスティックな発想というか、極論が欲しくなると、誰かと話したくなるんです。

 誰かと話すとその場で良いアイデアが出るわけではないです。

 ただ、そこで頭の中を一度ごっちゃ混ぜにかき回せる感触が得られるんです。

 ある種のリフレッシュ方法なのかもしれません。

 緊迫した「動」の会話から、再び一人きりの「静」の時間へ戻ったときに、新鮮な脳内コンディションでリスタート出来る・・・、そんな感触があるんです。

 もちろん、その道の専門家と話せれば、悩んでいる部分に関して相談に乗ってもらえるかも知れませんね。

 でもそこまでは求めません。

 とにかく、今時分がやっていることを論理的に理解して、痛いところを付いてくるような相手と密度の高いディスカッションをしたい。

 そんな気分です。

 まあ、ちょっとした人恋しさの一つなのかも(笑。

 そのためにも、早くある程度形に纏め上げて、また外へ持ち歩いて見てもらうステップまで到達したいと思います。

 あー、発散したい!




posted by papacchi at 22:49| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

モータースポーツ&電動レーシングカート 一進一退


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 現在、サーバーのインストール作業を再開している最中。

 合間を見てアップです。

 今日は帰宅してからアイデアグッズの実験を実施。

 もしかしたら・・・という原理を思いついたのですが、結果的に失敗。

 ただ、少しばかり使えそうな現象があることにも気付きました。

 一つの打開策として、頭の片隅に入れておく価値がある知見が得られたと思います。

 それにしても化学反応を利用するのは難しい。

 物理現象を活かして化学反応に頼る範囲を狭める方向に、発想の展開を図ろうと思案しているところです。

 サーバーの方は実験用サーバーとしてもう一台インストール作業を並行しています。

 こちらもUNIX系。FreeBSDです。

 リナックスにも挑戦したいとは思っていますが、ずうっと先になるでしょうけどね。

 これから寝るまでの時間でどこまで進められるか判りませんが、ちょいと集中して取り組もうと思います。

 余裕があれば、アイデアグッズの次の手も考えながら・・・と言いたいところですけど。

 一進一退。

 失敗してもしつこく前進しますよ(笑。




posted by papacchi at 21:32| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

モータースポーツ&電動レーシングカート サーバー構築中&元気もらったよ♪

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 3連休はブログメンテもすっかり返上して、FreeBSDベースのサーバー構築作業に集中していました。

 これまでWindowsベースのサーバーだったので、全く初めての作業ばかり。

 設定の理由を理解しながら進めているせいもあり、OSの基本インストールとLAN内ネットワークへの接続、リモートログイン程度までしか到達していません。

 なかなか苦労するもんです。

 連休明けということもあり、今日は少しくたびれていました。

 すっかり忘れていたのですが、会社でちょっとした講演会があり、サボりついでに講演を聴きに行ってきました。

 社内の人の講演ですが、メディアにも結構露出していること、社内でも注目を集めている事業に携わっているということもあり、なかなか面白かったです。

 それ以上に聴きに行って良かった!のは、その人のバイタリティの高さを目の当たりにしたこと。

 こちらまで勇気が湧いてくる存在感がありました。

 決してカリスマな人ではないようにも思えたのですが、元気一杯なのは確か。

 元気一杯な人と一緒に居ると、こちらも元気が湧いてくる・・・。

 それを、なぜか新鮮に感じた講演会でした。

 自分でもここ1年ほど、積極的にいろんな人に会いに行こうと決めています。

 ここ2ヶ月ほど停滞していたので少し気にしていたのですが、一方で初対面の人に、特に社長業をしている人に会いに行くことの本当の理由が理解できずにいました。

 行って会うと、何かしらの刺激や知見を得られるのは確かです。

 だからこそ価値がある・・・と思い込もうとしていました。

 ですが、今日の講演会を聞いていて、もっと当たり前のことに気付いたと思います。

 元気な人に会うと、こちらも元気に成れるんです。

 だから、一人で篭らずに、どんどん出かけたくなるんです。

 仲の良い友人に会うと楽しいですよね。

 明るい友人ならなおさら。

 こっちも元気になるのは、相手も元気だからです。

 業務を離れて気分転換に行ったのもプラス効果を生んだのでしょうが、ここのところ進展が無くて自信を失いかけている中で、逆に焦りまで感じさせられるくらい、元気を貰って来ました。

 焦ってしまっては意味が無いですが(笑。

 ただ、元気をもらったことで、止まっていたアイデアグッズのヒントがピピッと浮かび、先ほどさっそく実験して大失敗の結果まで得ることが出来ました。

 大失敗でしたが、これまで思い付きもしない原理が浮かんできたのは嬉しかったですね。

 人間って、ちょっとした気分で頭が回りだしたりするんだと驚いているところです。

 再び次の手を考えなければならない状況に陥ってはいますが、周囲の人間を元気にするくらい、カラ元気を出して進んで行こうと思い直す良い日になりました。

 もちろん心から元気を感じれるようになりたいですけど!



posted by papacchi at 21:27| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート 久しぶりにFX

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 3連休突入です。

4連休にしている方も多いかもしれませんね。

冗談じゃない、休んでる暇なんかあるか!という人ももちろん居られるんですが。

私は、Myビジネスのための連休に活用させてもらいますよ。

とりあえずサーバーの基本構成を作る作業からとりかかろうと準備を始めました。

その合間ですが、1年ぶりくらいにFX(為替取引)をやってみました。

もともと小額しか取引しないので、自動的にレバレッジは100設定。

負ければごっそり持っていかれます。

そもそも利益を出せるシステムじゃないですね。

毎日5pipsの利益を出し続けられれば、恐ろしい収益になる計算になるわけですが。

5pipsの利益を出す難しさは本当に痛感しています。

5pipsどころか15pips、30pipsなど、簡単に損失を出す方が確率的に高い。

だから全く退場の状態で居たんですが・・・。

ここ数週間トレンドを見ていて、少しだけ再チャレンジしてみたくなったわけです。

以前のように画面とにらめっこはしない、証拠金1万円まで。

これで使い切ったら終わり。

そういう条件で、アフィリ収益から1万円だけ出資してみました。

結果的に、1000円で15pips、10000円で5pipsの収益で終了。

なんとなく直感があったんですが、やはり場が読めている訳ではありませんからね。

たまたまの成果でした。

まあ、またしばらくはトレンドを眺めるだけになると思います。

リアルタイムで直接収益を得られる「可能性」を持つシステムですが、論理的にどうこうできるものではないシステムだとも思っています。

低レバレッジでのんびり・・・。そういう活用の仕方もあるんでしょうけどね。

投資というか「バクチ」みたいな印象が強くて、やはり、地に足を付けたビジネスの実現に夢中になっていた方が楽しいです。

もちろん、そのビジネスで利益が上げられたら・・・なんですけど(笑。

さて、そろそろ作業を始めようっと。




posted by papacchi at 22:16| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

モータースポーツ&電動レーシングカート ロング、ロング、アイドリング

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ぶっちゃけ、進展なし。

 焦っちゃうなぁ。

 久しぶりに考え込む時間が長引いちゃってる。

 決めてしまえばすぐ突っ走れるものが2〜3あるんだけど。

 そこが決断できない。

 まあ、アイデア的に自分が納得できないところがあるわけなんだけど。

 期末で本業が立て込んでいるから、時間を無駄にしたくない!と結構遅くまでコンセプト検討を続けてます。

 今日は、本業の方に影響が出るくらい朝から眠かったぁ。

 実験作業に逃げ込んで、居眠りするのを必死で耐えてました(笑。

 とりあえず今週末は、新しいサーバーを立ち上げようと思います。

 何をやるかはまだ決断し切れてませんが、準備だけは進められるしね。

 アイデアグッズ、電動レーシングカート向け模型実験の方も遅々としているなぁ。

 化学反応を利用したアイデアグッズは、かなり勢い良く座礁した気もする。

 もう一度ニーズに立ち返って、ドラスティックに方向転換しようかと考え始めてます。

 今週末は3連休。

 せっかくの時間を充分に活かしたいと思ってます。




posted by papacchi at 22:09| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

モータースポーツ&電動レーシングカート ヒント頂き!チャットルーレット Chatroulette!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


場の提供を目的としたウェブサイトの開発を進めるために、コンセプト検討を進めています。

先日本ブログが間借りしているseesaaのニュースで「チャットルーレット(Chatroulette!)」が話題となっており、初めて様子を見に行ってきました。

非常にシンプルなウェブサイトで、いきなりチャット画面が出てくるほど。

特別な機能も無く、チャットに特化した作りです。

登録も不要。

よく見ると年齢制限などの注意書きこそありますが、それだけと言って良いほど。

とりあえずチャットを開始して様子を見てみます。

基本はどうやらウェブカメラを使うスタイルのようです。

こちらはカメラもマイクも無いので、真っ黒け。

チャット相手はというと、システムがランダムに選び出し、接続してくれます。

そう、自分で相手を探すのではなく、チャットがランダムに話し相手を決定するシステムになっているわけです。

ずいぶん昔に、ICQというチャットソフトを使ったことがありますが、その動画チャット版の印象を受けました。

もちろん全く持ってシンプルなんですが。

で、選び出された相手が気に入らなければ次、次とキャンセルすることだけは出来るようになって居ます。

とりあえず接続したままほったらかし。

様子を見てみると・・・。

出てくる相手はみな外国人ばかり。

まあ当然でしょうか。

アクセス数は常時「20000人以上参加しています」の表示。

しかも、そのほとんどが映像を公開していて、そのうちの5割近くが・・・。

正直大笑いしてしまうほどあられもない姿を、堂々と写しています。

男性ばかりで、老いも若きも関係無しといった感じ。

2時間ほど繋いでいた中で、一人だけすっぽんぽんの女性も出てきましたが。

で、こちらが映像公開していないと判断すると、次々とキャンセルされます。

こちらから見ていると、へんてこなテレビ番組を見ているような錯覚。

チャットになんて全くなりません。

それでも、カメラ無しの相手でしたが、リトアニアとフィンランドの男性から話しかけてもらい、それぞれ10分ほど話すことが出来ました。

その日はリトアニアは大雪だということ、「仕事が無くてねぇ」とUK帰りなのだけど、今からUSAでも出てみようかな・・・といった話もありました。

フィンランドのこと知ってるか?という問いもあり、フライング・フィンの国だろ?モータースポーツファンだから良く知ってるよ、と答えると、ナルホドねぇと興味無さそうに答えていました。

今日はやけに日本人と出会うんだ、何かあったのか?との質問もあり、seesaaのニュースの影響で相当数の日本人もアクセスしていた様子が伺えました。

別に目新しいサイトとも言えないのですが、意外と無かったサイトなのかもしれません。

私自身も接続していて、相手が自動的に紹介される機能は直感的に面白いと感じました。

基本的にチャットはしませんが、チャット好きな方なら、意外と長い時間眺めていられるのかもしれません。

実際、横に転がってくつろいでマウスを操作している人、もう少しで眠ってしまいそうなほど虚ろな表情でカメラに移っている人も非常に多かったですからね。

場の提供を目的としたウェブサイトを検討する上で、このサイトは違った切り口をヒントとして提示してくれた気がします。

ちなみにチャットルーレット(Chatroulette!)ですが、英会話はともかく、カメラの向こうは下ネタ目的の参加者の比率が多い。

あまりお勧めできないなぁ・・・というのが感想です。

もし興味のある方は、自己責任で覗きに行ってくださいね。





posted by papacchi at 21:43| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

モータースポーツ&電動レーシングカート 失敗の元、火事の元 カッコ付け

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


性格らしい。

何かこう、人前でオフィシャルに話す機会があると、その内容は「良い話」ばかりになる傾向がある。

昔は「勝ちに行く」気持ちばかりが先走っていて、特にその傾向が強かったような気がする。

最近になってもその癖は払拭し切れていない感があるけれど、10数年前から比べると、おとなしくはなってきたかな?と思ったりもする。

ところが、いざプレゼン資料をまとめたりすると、小さな話を膨らませられないか…?という衝動に駆られていることがある。

「俺はすごいんだぜ」とでも言いたそうな文面が並ぶのを、時間を置いて冷静に読み返すと冷や汗が流れそうになる。

実際、最近でも少しばかり誇張したばかりに、皮肉交じりでぴしゃりと言い返された経験は少なくない。

勤務先だけでなく、アイデアグッズや電動レーシングカートのプレゼンをした時にも、これに似た経験をした。

正直に、逆に上手く行かない可能性があることをストレートに腹を割って話したい。

本音はそうなのだが、なぜか「かっこつけ」た言葉が先行してしまう。

すぐにこちらの腹の内に気づき、「実際のところどうなのよ…」といってくれる方が相手だと、本当に救われる。

そこからようやくこちらも落ち着き、肩の力を抜いて話せるからだ。

本当のところ、相手に救ってもらっていては、失礼極まりない。

「かっこつけ=詐欺」とでも受け取られていたって不思議ではないのだから。

他人を褒めることが苦手な性格は成功しないと、先日読んだ本に書いてあった。

そのままずばり、自分に当てはまる。

何でもかんでも褒めりゃ良い、おだてりゃ良いって話ではない。

本当に良いところをすぐに見出し、それを自分より先に実行している事実を真摯に認める。

そして、良い例を示してくれた!と感謝する。

そういう気持ちで良いのじゃないかと思う。

たぶん僕が他人を褒められないのは、その感動、感激、感謝の気持ちを「妬み」が打ち消してしまうからなんだと自戒している。

まだまだ素直さが足りないんだな。

もちろん、感心してばかりは居られない。

尊敬の念と、発奮材料にする素直さ、このバランス感覚が大切なのかな…と思っている。

いいところを見せようなんて浅ましい気持ちとは早くおさらばしたい…と自分に、言い聞かせて行きたいな。






posted by papacchi at 20:24| Comment(0) | 0.管理人papacchiに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

モータースポーツ&電動レーシングカート 必要は発明の母 ニーズ探しの旅

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 モータースポーツでビジネスを。

 このサイトを立ち上げたのは、この決意を見失わないためです。

 紆余曲折を経て、未だ近づいている様子も無く、むやみやたらに手を付けて悩んでいる毎日のような気がします。

 ビジネスを立ち上げることそのものが難題。

 そこへ来て、モータースポーツで・・・と。

 ここ半年近く、アイデアグッズを柱としたビジネスチャレンジを続けてきましたが、その中で気付いた大きなものの一つに「ニーズ」を明確にすることが重要だという、きわめて当たり前の事実があります。

 自分はこんなことしたいんだ・・・。

 ここで言えば、モータースポーツでビジネスをしたいんだ・・・ということになりますかね。

 これはあくまで自分の欲求です。

 ですが、「君にモータースポーツでひと働きして欲しいんだ」というニーズが無ければ、どこにも入り込む余地はありません。

 今取り組んでいるアイデアグッズのほとんどは、それなりに「ニーズ」の裏付けを取って具体的な解決方法を提案しています。

 もちろんその裏付けそのものが余りあてにならない場合には、そのアイデア自体が全く存在価値のないものになるんですが。

 ただ、ウェブを彷徨ったり、人と話しをする中で、少なからず同じ「ニーズ」が提示されると、アイデアを生み出す上で指針が絞り込みやすくなり、「いや、本当に欲しいのはそうじゃなくてさ・・・」というレスポンスも得られる可能性が高くなります。

 モータースポーツ関連のビジネス「ニーズ」はまだ見出せていませんが、その前段で今取り組んでいる一つに「WEB上の仕組み」作りがあります。

 これも単独でビジネス化するという目論見なのですが、実は今、この仕組みを欲している「ニーズ」を見出すことができずに苦心しています。

 僕自身がこんなものがあれば・・・という「強い要求」を持てていないの問題なのですが、他からも意外と不満や不便の声が聞こえてきません。

 正確には、聞きだせていないようです。

 そのため、具体的な一歩を踏み出せずに時間だけ費やしている感があります。

 正直焦っています。

 これまでブログアフィリエイトで数年勉強させてもらい、今も継続していますが、もう一つ進みたい。

 その気持ちから取り組み始めたのですが、「ニーズ」無しで始めようとしているわけです。

 ブログアフィリエイトじゃないウェブ・ビジネスをしたい、という個人的欲求だけで取り掛かっちゃったわけです。

 これじゃ、何をしたら良いかなんて判るわけありません。

 それを今ごろ思い出してるわけです。

 さすがに時間を掛けすぎました。

 もちろん撤退はご法度。

 一度始めたら、結果を出すまで前進するルールです。

 仕切りなおして、ニーズ探しを冷静に始めることにしました。

 大規模なことは出来ませんから、身の丈に合ったニーズを冷静に探し続けようと思っています。

 そうはいっても無期限ではまずい。

 とりあえず1ヶ月以内と決めます。

 この中で、モータースポーツ関連のニーズも拾い集められたら・・・と欲を出し過ぎないように注意したいとは思っています。

 電動レーシングカートの試作もニーズを明確にせず、ハードだけ追い求めて、現時点では模型を使った実験に終始。

 これはこれで役に立つ経験にはなると思いますが、到達目標が曖昧なままであれば単なる暇つぶしでしかありません。

 新しいパワーソースのニーズも、冷静にウォッチを始めているところです。

 「必要は発明の母。」

 まさしくその通りなんですよね。






posted by papacchi at 22:32| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

モータースポーツ&電動レーシングカート 2010 F1シーズン開幕

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 2010 Formula One が開幕しましたね。

 今年は全く読めません。

 少なくとも第5戦くらいまでは昨年モデルを踏襲したチームが上位にある程度位置し、その後の混乱あるいはプロジェクションが見られるような気がします。

 新人の中で突出したドライバーはあまり期待出来そうにありませんが、そろそろ中堅どころとなった若いドライバー達が僅差で入れ替わりポイントを取るような流れかなと感じています。

 シューマッハも数戦ですぐに勘を取り戻すでしょう。

 スタミナがどうこうよりも、ニューマテリアルを感度良く取り入れて行けるかが鍵になりそうです。

 ただ、KERSの廃止、燃料補給の廃止など、シンプルになった2010年シーズンに復帰したのはプラスに働くような気がします。

 実力の高い選手が様々に淘汰されて残った・・・。

 今年も見る側にとっては面白いシーズンになりそうだと期待しています。

 今日は化学実験のための材料仕込み、電子工作がメインの日でした。

 数日中に化学実験は結果が出ると思います(仕込みミスが無ければ)。

 電子工作は充電系の第二弾。

 主電源がまだ入手できていないので、今日は組み立てまでやって終わりでしたが・・・。

 今度の週末には実験したいと思ってます。

 さあ新しい明日が始まります。

 充実して取り組んでいきます!





posted by papacchi at 22:29| Comment(0) | #.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

モータースポーツ&電動レーシングカート 孫悟空?低周波騒音の恐怖

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 今日は端的に・・・。

 頭痛が酷かったです。

 原因は後で気づく始末で。

 職場が入っている隣の建屋で工事をしていて、換気用のファンがずうっと唸ってたんですねぇ。

 これが頭痛を引き起こしていた・・・。

 結構のめりこむタイプで、朝からずうっとパソコンを睨んでいたため、そのファンの開口端で開放されていた低周波騒音に気付かなかったわけです。

 午後くらいになって周りで騒ぎ始めて、工務関係の担当者も集まってきたり、環境騒音の測定を始めたり・・・。

 何が原因か判らない!と2時間くらい騒いでたようですが、こっちもやる事を優先したかったので任せてました。

 その代わり、頭痛がどんどんエスカレート。

 夕方くらいには、もう集中してんだか、朦朧としてんだか判らなくなってましたね。

 ぴたっと音が止まったとき、観世音菩薩に付けられた緊箍児(キンコジ)で苦しむ孫悟空の気持ちが判ったような気がします。

 それから30分もするとウソのように頭痛が治まってました。

 ここのところの寝不足でクタクタだったのも災いしたんでしょう。

 それにしても、知らず知らずに環境影響を受けていたという珍しい体験をしました。

 電動レーシングカートも静かだろう・・・なんて、勝手な想像はいけません。

 あれはあれで、特有の騒音を発しています。

 エンジンよりも身構えなくなるでしょうから、知らないうちに体調不良を抱えないとも限りません。

 早く実車でいろいろと長期テストをやりたいものです。

 何が判ってくるのか興味津々です。

 それにしても怖い体験だったと思いますね、今更ながら。

 無臭の危ないガスなんか漂ってたら、本当に知らないうちにさようなら〜って・・・。

 それに近い危険度だったかもしれません。

 さぁ、明日の活動のために、今日はそろそろ休もう!



posted by papacchi at 00:33| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

モータースポーツ&電動レーシングカート 寝不足は大敵

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 今週は寝不足続き。

 とうとう今朝は3時間睡眠。

 これはまずいです。

 今日は早く寝ますよ!

 週末に向けて元気取り戻さないと。

 先週末に電子工作した急速充電器が無事完成。

 約30秒程度で自動で充電完了します。

 新しいパワーソースを搭載したミニ4駆は約1分フル走行。

 でもやっぱり物足りませんね・・・。

 充電器が完成したので、この充電器を使った時のパワーソースの充電特性を遊びながらいろいろ試してみました。

 その中で、もう一つ別の方式の急速充電器を作ってみようという思いと、パワーソースの複数接続に対する充電方式の思い付きがありました。

 特に2つ目については、現状のバッテリーでは実現できない充電方式となるので、具体的な構成を急いでまとめるつもり。

 原理は簡単なので、すぐ試せると思います。

 アイデアグッズは複数が並行して走っていて、それぞれフェーズもバラバラ。

 企業提案に奔走しているアイデアもあれば、化学実験中のアイデアも。

 そう、今回は化学なんてものに取り組んじゃってます(笑。

 面白い現象を利用できそうなんだけど、制御が難しくって。

 モノになるかはまだ判りません。

 他に、低価格で利益率を高められるような製造方法を狙ったグッズなど、意識的に検討しています。

 ネットビジネスに関しては、まだネタ出しレベル。

 これまでコンテンツ提供を意識して多くのサイトを作ってきましたが、今回は場の提供に特化してサイト作りしようと思っています。

 とは言ってもなかなか・・・ね。

 電動レーシングカートの試作費用を捻出するのもラクじゃない。

 まだまだ、全然足りないもんね。

 まあ、電動レーシングカートのコンセプト創案そのもので頭抱えているところでもあるから、ちょうど良いタイミングだとは思ってますが。

 さあ、寝ます。

 睡眠は充分とりましょう、ね。




posted by papacchi at 21:47| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(10)アイデアグッズ提案 ZIP付き気密袋の開封簡易化

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 実のところ、ここまでに要した時間は、本文を書きながらの時間も含めてほぼ1日。

 10回に分けてブログにアップさせて貰ったけどね。

 実際のZIPつき食品袋のニーズがこういう機能を求めているのか?

 そこの部分の冷静な見直しが必要だが、ニーズに対する答がこれでマッチするなら、より詳細に使い勝手の見直しも進めて行く。

 もちろん量産可能性、コスト予測と投資効果予測も感覚的に整理しておくべきだろう。

 進め方に関して、正しい方法など知らない。

 だが、私はいつもこんな感じでアイデアをまとめている気がする。

 こう書き連ねてみると、明らかに技術的側面ばかりを追い求めているのが判る。

 もっとマーケット視点で価値の有無を評価したり、売り込み先を違う方面から見出したり、考えて行く必要があるようにも感じる。

 ちなみに私はこの業界には全く予備知識が無い。

 だから全くもって大間違いをしている可能性をはらんでいる。

 でも、これまでのアイデア同様に、こうやって考え、試作してみると、なんとなく一つのアイデアとしてまとめることは出来る。

 自分の思考パターンを整理するという意味で時系列に書き連ねてみたが、しょせんこの程度の思考である。

 皆さんの参考にはならないと思うが、逆に「この程度なら自分でもすぐやれるじゃない♪」というきっかけになれば幸いかもしれない。

 ちなみにこのアイデアは、このままでは弱いポイントが幾つかある。

 商品化に向けてはあと数点ほど補強するアイデアを加えて特許化、売込みをすべきだろう。

 興味のある方は是非チャレンジしてみて欲しいと思う。

 残る補強アイデアについて興味がある方は気楽にメールして欲しい。

 もちろん商品化協力のお話があればもっと嬉しいが、そんなに甘くないのも存じ上げております。

 


posted by papacchi at 18:50| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(9)ZIP付き食品袋のアイデアグッズ試作

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 で、出来上がったのがこれだ。

P1020627.JPG

 ポテチの袋を使って、小さなZIPつき袋を幾つも試作してみた。

 そして切り口から切ると、

P1020631.JPG

 こんな感じに切れる。売っているZIP付き袋と同じだ。

 違うのはその中。

 口を拡大した写真がこれ。

P1020632.JPG

 方向を変えて見るとこれ。

P1020633.JPG

 小さなタブが切り口から飛び出しているのが見えるだろうか?

 さて、このタブの使い勝手はどうだろう?

P1020636.JPG

 ほほう♪

 簡単に開く。

 つかみしろを確保する手間が全く無くなった(笑。

 0次試作としては意外とすんなり結果が出たかもしれない。
 
 構造はきわめて簡単で、ZIPは誰でも鋏があれば切り出して作れる。

 それがこれ。

 P1020640.JPG

 今回の試作で使ったアイロンとの記念写真がこれ。

 P1020643.JPG

 奥様が昔から使っているそうで、年季入ってる。

 でも、こんな準備で簡単に試作できる。

 と、0次試作完了までの一例をまとめてみた。

(つづく)




posted by papacchi at 19:13| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(8)ZIP付き封止袋の改良

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ところで、顧客が切り口から開封した袋の開口は、概ね袋の内側に反り返ってしまう。

 どうも封着時の熱変形がこのような形状を生み出してしまうらしい。

 袋の切り口を揃えるように、顧客が綺麗に袋を開封してしまうと開口の間に指を挿入することがますます困難になる。

 本件の不満を引き起こす原因の一つは、こういうところにもあるようだ。

 ここまでのプランでイメージ図を描くと次図のようになる。

concept.jpg

 コスト面でどれだけ不利になるのかは判らない。

 が、操作性は高まるようにも感じる。

 これを試作して試してみたいと思うのだが・・・。

 可能なら、これ以外に1〜2プランは捻出しておきたい。

 何せこのプランは包装メーカーに直接提案する企画になりそうだからだ。

 せめてバリエーションくらいはあると良い。

 とはいえ、まずは機能するかを自分自身で確かめておかなければ話にならないだろう。

 さっそく次の課題となる。

 個人的な試作となると、なかなか容易に環境を整えることが困難だ。

 これは一度経験した人なら痛感しているプロセスだと思う。

 技術的なハードルよりもコスト、いや、少量試作(極端な離し、たった一つの試作)という手間が、工場やメーカーさんを敬遠させてしまう。

 これもいたずらで判ったことだが、既存の包装袋はアイロンで融着できるようだ。

 それなら、食べ終わったポテチの包装袋を使って試せないだろうか?

 ただ、ZIPをどうするか・・・。

 考えてみると、ZIPを両面テープで袋に貼り付けても良さそうだ。

 原理確認だからPPにこだわる必要も無い。

 さっそく試作品を作ってみよう・・・。

(つづく)




posted by papacchi at 18:55| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(7)機密性を維持しつつ開閉しやすさを高めた、ジップ機能付き食品袋

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ・タブ(テープ)にとっては同一軸上を引き合う力が加えられると一番役に立つ働きをする。

 ・ZIPはほんの僅かでも一箇所が剥離すると簡単に開口する。

 この2つの組み合わせをどう装備させるかという問題に帰結しそうだ。

 しかし、ZIP上部は開封されると5mm前後の掴みしろしか残らない。

 ここで何かをするというのは・・・。

 かといって、ZIP下は全く様相が異なる。

 大気圧の強さがこんなところで障壁になるとは・・・。

 ZIPをいたずらしてみると、もう一つ面白いことに気づいた。

 必ずしも掴みしろが同一軸線上に無くても良いという事だ。

 これは上述の軸線とは異なり、袋の正面から見てタブが左右に大きくズレていても良いという事だ。

 感覚的に対向していた方が良いと思っていたのだが、この点は意外。

 もしかしたら2〜3mmの小さなタブ突起でも、効果が高まるかもしれない。

 タブの先端に引っ掛かりが有れば尚良いかもしれない。

 ついでに判ったことだが、開口内面、開口外面のどちらにシールを貼ってもZIPを開くことは出来たが、開口外面に貼ったシールは剥がれようとする挙動を見せた。

 シールを設けるなら開口内面に貼り付けるのが望ましいということだ。

 ここまで検討してまとまったイメージの一つが、最初の方で一度思いついた、ZIPとタブを一体化した構造だ。

 ZIPと袋を一体形成する製品では使用できないが、これは本発案の範疇外。

 品物があらかじめ封じ込められたZIP付き包装用途では、ZIPは別部品として用意されていて、包装内側に貼り付けられている。

 このケースで実施可能になってくる。

 顧客が切り口から開封した時、掴みしろが不足するほどZIP寄りに切り込んでしまってもタブは残る。

 タブ先端を左右方向にずらして備えておけば、片方の掴みしろを先に摘むことも容易になる。

 そしてタブ先端に0.5mm前後の僅かな突起を設けておければ、しっかりと両手の指先でタブを摘んでZIPを開放できる。

 少しばかり実現可能性があるように感じる手法だ。

(つづく)




posted by papacchi at 19:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

モータースポーツ&電動レーシングカート アイデア発想の思考パターン(6)密閉機能つき食料品パッケージ袋

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


 ちなみにZIPでは摘みとなる袋口の長さが2面で5mmほど違えてある。

 3)この段差がどちらを向いているか判別するのも意外と難しい。

 指を当てて、指が入らなければ、袋を表裏反転する動作も加わってくる。

 これも解消したいと思う。

 3)については、透明タイプの袋の時に特に遭遇しやすい。

 逆に言えば、透明でなければ、あるいは内面、外面の色を変えることで判別しやすくする方法が考えられるだろう。

 ただ、どうしても透明な袋としておきたい場合には、この方法は使えない。

 逆に言えば、透明な袋でも表裏判別が出来るなら、同一の動作で表裏判別できるようになり、どんな袋でも同じ操作を活用できるために、ユーザーインターフェースを向上させられる可能性があるとも言える。

 話は飛ぶが、タブの取り付け向きについて簡単な実験を行ってみた。

 袋の開口方向へタブを延長追加して取り付けた実験だ。

 袋の摘みを掴むのと同じだから、もちろん問題なくZIPを開くことは出来た。

 注目したのは、力の釣り合いから自動的に、ZIPを中心に対向する方向へタブを開く動作となることだ。

 この時、ZIPも回転方向に捻られる。

 この2つの動作が重なった時にZIPが開く。

 どのような方式を選ぼうと、最後にはこの力学関係が発生しなければならないと考えられる。

 ZIPよりも袋側にタブを設けた時はどうだろうか?

 袋ごとタブに引き上げて、ZIPを捻る必要がある。

 が、袋の方は品物が入っていて重量が大きかったり、袋内部に負圧が発生してタブしか持ち上がらない。

 結局、ZIP中心に捻りを与えることが出来ず、タブも袋から引き剥がされるだけになってしまう。

 ZIPを境に、袋の上下で全く異なる動きをすることが判った。

 袋の上の方であればタブを貼り付けたシールにとっても最も強度が出せるシア・モードとなるので、格段に有利だ。

 これはある意味で「ZIP上方で何とかせい!」と言われているようなもので、掴みしろが狭く、収納容積もほとんど無い、品物入りのZIP付き袋にとっては最悪の実験結果ともなった。

 この実験結果を頭の片隅に叩き込んで置きつつ、再び検討に戻ろう。

(つづく)




posted by papacchi at 21:20| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。